身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

【速報・動画】大谷翔平が7回1安打12奪三振の快投!海外の反応を速報!

先日3試合連続のホームランを放つなどバッティングで大活躍を見せている大谷翔平ですが、今回は4/8のオークランドアスレティック戦に投手として先発をしており、7回まで1安打12奪三振の大変素晴らしいピッチングを見せました!

海外でも驚きの声がたくさん上がっているので、早速お届けしたいと思います!

大谷ピッチングに関する速報ニュース

6回までの快投の様子
 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が8日(日本時間9日)、本拠地のアスレチックス戦で6回までを完璧に抑え、11三振を奪った。

 1回と5回には3者連続三振に斬って取るなど、圧巻の投球を見せている。エンゼルス打線は6回に6点目を挙げ、大谷のデビュー2連勝へ援護を続けている。

引用:スポーツ報知

その後、7回1死からヒットを許しました。

 エンゼルスの大谷翔平は8日(日本時間9日)、本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に先発登板。7回1死まで無安打に抑える圧巻の本拠地初登板となった。

 今季2試合目のマウンドは前回と同じアスレチックスが相手。初回、先頭のジョイスをスプリットで空振り三振に仕留めると、2番セミエンは直球で、3番ローリーはスプリットでそれぞれ空振り三振。いきなり3者連続三振のはなばなしい立ち上がりとなった。2回は1つ、3回は2つ、4回も1つ三振を奪い、4回までに走者を一人も許さず毎回の7奪三振を記録した。

 5点のリードをもらった大谷は5回も4番デービス、5番オルソン、6番チャプマンを連続三振に仕留め、2桁奪三振。6回も三振を奪い計11個。7回は先頭のジョイスを遊飛に打ち取ったが、続く2番セミエンに左前打を許した。

 エンゼルスは初回、プホルスの左翼線適時二塁打とカルフーンの中前適時打で2点を入れ、3回にもトラウトがソロ本塁打を放ち、大谷を援護。4回にも2点を追加した。
引用:スポニチ


スポンサーリンク




動画はこちら

大谷翔平が素晴らしい投球を見せましたので、動画のリンクを提供します!

空振りが非常に多いですね!縦に落ちるスプリットがキレキレだとわかりますよね!

大谷の好投に対して海外の反応は?

連日の打者での活躍後の投手大谷の快投について海外の反応が上がっています!

・彼はひどい春のバッシングを受けていたけど、シーズンが始まり彼は誇大広告よりも優れている
・大谷翔平は野獣だ!
・信じられない!
・このOhtaniの男は信じられない!ホームランをうち、完璧な投球をしてしまう!
・OhtaniはG.O.D.だ!
・大谷は宣伝で見て期待した通りだ!

いかがでしょうか!

本当にMLBでも投手として10勝、野手として20ホーマーという、かつてのベーブルース並みの活躍を見せてしまうかもしれません!とにかく怪我だけが心配です!

頑張れ!大谷!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA