中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

たばこ1箱1000円はいつから?海外事情と比較してみた

たばこ1箱1000円はいつからなるでしょうか?
10月25日に自民党の受動喫煙防止議員連盟会長の山東昭子元参院副議長が、菅義偉官房長官に、
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、たばこ税の増税によって、たばこ1箱の価格を1000円以上に引き上げることを申し入れました。

たばこを吸わない身ではありますが、あれもこれも税金があがっていってすごいな…と感じてしまいますね。
今回の大幅増税に関してのネットの反応や詳細についてみていきましょう。また海外事情についても触れます。



スポンサーリンク




たばこ1箱1000円はいつから?

たばこ1箱1000円はいつからになるでしょうか?
1箱1000円は今のところあくまで値上げの案なので確定ではありません。
以前、お流れになった時がありましたが、今回は確実にしてくる雰囲気を感じますね。
税金の値上げにすっかり我々も慣れてしまった感があります..。
前ほど抵抗感がないような。この感覚は恐ろしいことですね。

値上げはもちろんオリンピック前には定着させたいでしょうから、恐らく平成29年度税制改正に織り込まれ早くて2017年から実施されるかもしれませんね。
遅くとも2018年には実現する気がします。

筆者でいえばたばこは吸いませんが、お酒は飲みますのでお酒が3倍になったと考えると…恐ろしいですね。
缶だけで月に1万円なので、それが3万円に。
飲み屋さんで1.5万円が4.5万円になったりしますかね?

これは酒の増税への布石だという話もあります。

海外事情は?

今回の1箱1000円への値上げ案で、「海外はもっと高い~」という声がちらほら見かけられました。
そこで実際数字を見てみました。

一番進んでいるのは「欧州先進国」。進んでいるというのは喫煙者の締め出しですね。
喫煙場所に関してはもちろんそうなのですが、料金も高く設定しています。

1箱が高い国

オーストラリア 1箱1000円以上
ノルウェーやアイルランド 1箱1000円以上
イギリスやフランス 1箱700~800円

1箱が安い国

ロシア 1箱100~300円
東南アジア 1箱250円前後 多少幅はある

アメリカは州によって全然違うようです。
500~1000円以上と幅があります。マンハッタンなんかは高いようです。

中国もピンキリで
数10円~1000円以上まで幅があります。

以下のサイトでは平均金額がランキングしてありますね。
一部引用しますと

1位:オーストラリア1981円
2位:ニュージーランド1804円
3位:ノルウェー1781年円
4位:イギリス1506円
出典:http://suzie-news.jp/archives/9936

基本的にオセアニアと欧州先進国が高い、という感じです。

東南アジア、西アジアはあまり規制されていない印象です。



スポンサーリンク




ネットの反応をまとめてみた

今回のたばこ1箱1000円への値上げについて国民はどのように思っているのでしょうか。

「議員の給与削減が先だ」

「国民負担より議員の定数削減や給与削減が先だろう」

「増税ばかりだな」

「高かろうが吸う人は吸うよね」

「辞める人が多くなって税収がかえって減るのでは」

「議員は政務活動費で買うから懐は痛まないの」

「それよりパチンコ税を課した方が効率いい」

「禁止物にしないと辞めないよ。中途半端な税収対策でしょ」

「辞める人が多くなっていい」

出典:https://goo.gl/JgAqNp

と、腑に落ちるような意見が多い。

今回のタテマエは「受動喫煙対策法」だ。
中には本気でやるなら禁止にしないと無理だという声もあるが確かにそうではあります。

しかし、本音が「増税」だとしたらなんとも中途半端ではあります。
年々喫煙率は下がっているので、さらに下がり、そこまで税収も期待できないのではないでしょうか?

とりあえず増税の流れは止まらないことだけは確かです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. SMAP解散反対の署名運動に対する海外の反応「世界の財産」「5=1 5-1=0」

  2. トランプ娘のイヴァンカが大統領選の最終兵器に!海外の反応「切り札要素」「子供にも仕事させるの!」

  3. 消費税10%いつまで延期?国民の反応「条件に世界経済の大幅な収縮を加えた」「天変地変がない限り増税しなければ嘘の積み重ねになる」

  4. サムスンに集団訴訟!業績は大丈夫?海外の反応「勝って2.7万円など意味がない」「ノート5にも問題が発生している」「迅速に改善してノート8と交換してくれ」

  5. スマスマで解散騒動謝罪に対する海外の反応!強すぎる違和感の正体が分かった「謝罪するのはメリーだ!」「メンバーが謝罪するのはどう考えてもおかしい」

  6. パナマ文書流出!日本人は?海外の反応「このリーク自体が仕組まれてる」「プロパガンダだ」

  7. インドネシア高速鉄道はその後どうなってる?中国の反応(報道)等をまとめてみた「インドネシアは環境が悪いがやる」「加速して推進する」

  8. コロンビアのサントス大統領にノーベル平和賞の理由 海外の反応「西部の利益」「操り人形」

  9. タカハシブルーナ選手が写真から人気急上昇!海外の反応「ブラジルNo.1!」「誇りに思ってる」

  10. 金崎夢生選手キレることで処分の理由は妥当か?反応まとめ