中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

アップルペイの評判は?国内・海外の反応まとめ

アップルペイが10月25日より対応機種(iPhone7)にて解禁となった。
ネットではかなり話題になっていますね。個人的には今までの仕様に慣れてしまっていましたが
確かに、クレジットカードがスマホに組み込まれることと同じなので便利になることには違いありません。
アップルペイの評判にすてい国内・海外の反応をまとめてみました。



スポンサーリンク




アップルペイの評判は?

ちなみにアップルペイの海外についてですが、先日21日のニュースで、アップルがドイツでのアップルペイ使用可能店舗のマップが

漏れてしまったようで話題になっていました。つまり、アップルは今後アップルペイを世界で展開していく予定のようで

すでにドイツで話題となっていますのでその反応をシェアします。

ちなみに、この記事ではアップルペイの仕様については詳細に書きませんが

まだまだ様子見の企業も多く、使えない店舗、未対応カードなどはそれなりにあります。しかし、識者はすぐにでも多くが対応に動くと見ています。

 

さらに海外では使えない可能性の方が高いです。NFCの周波数が海外と違いこれはしょうがないことのようです。

海外を行き来する人にとっては残念かもしれません。

さて、まずは日本でのアップルペイの評判を見てみましょう。

なるべく実際に使った人のコメントにしてみました。

「アップルペイ早速使ってみた。クイックペイだけどタッチするとカードの写真出てtouch指示出るね。
suicaはこれどうやって登録するんだ?」

「いちいち指紋認証するのも面倒だな」

「いっきにキャッシュレス進むな」

「自動販売機にiPhoneかざしている人がいたがあれがそうか」

「JR東日本 モバイルSuicaのシステムに障害はアップルペイのせい??」
「元のモバイルスイカのチャージができない案件が発生。混乱している」
「JR東日本の規定で有効なカードは1人1枚のみなので、iPhoneへ移行すると元のカードは不使用になるようだ」

「アップルペイが始まった日に SUICAがシステム障害」

「suicaにアクセスが集中してSuicaを使い始めるための登録作業などができない状態なようだ」

「アップルペイのせいで普通のスイカに影響が出るのは勘弁」

出典:twitter

ちょうどJRでスイカに障害があったので、恐らくアップルペイがらみが原因だろうということで人々のストレスになっています。

指紋認証という手間があるのでスイカカードをそのままタッチの方が便利ですが、慣れですかね。セキュリティも大切ですし。



スポンサーリンク




海外の反応

元々スイカのような非接触系の支払いシステムは、日本で技術開発され、香港で最初に実用化され海外でも似たようなものはある。

しかし、海外では先進国でも日本のように運用会社の域を超えて、どこでも使える、というところはほぼない。

どこかの市内だけとか、電車もどこどこの会社だけとか、かなり限定されている。

 

しかし、観光客はsuicaがどこでも使えるのを見て本当にビックリするようだ。

恐らくアップルペイはそれを目指しているのではないでしょうか?海外においても。

前述したようにすでにドイツで地図が漏れていましたので、ヨーロッパでも近く普及し始めるでしょう。

その海外の反応を見てみましょう。

「ゆっくり確実にアップルが競争を抜け出しているな」

「いえることは、このマップが本当であることを願う!」

「これは….素晴らしいことなのでは?」

「すごく良いことだよ」

「遅かれ早かれこれは実現するだろう」

「銀行にもあるようだ」

「Yesssssss!これが実現するのが待ちきれない!」

「これは驚くべきでしょう。すでにAppleはドイツのスターバックスで支払いに使用されているけど、スタバの人も方法を知らなかったりする。デメリットっはもしアップルペイで私のカードが対応してない場合、私は私の銀行orカードを切り替えることになります。」

出典:https://goo.gl/AV8Cwl

ドイツでは絶賛が多いですね。
こう見ると日本のスイカがいかに優れているかがわかります。
私もスイカとパスモが統合された時すごくうれしかったのを思い出しました。

もう慣れすぎてしまって忘れていましたが、海外ではないことで、どこでもピっとひとつで決済できるのは
本当に便利で、セキュリティ対策が万全ならば非常に良いことです。
すべてがスマホひとつで済む時代へどんどん進んでいきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA