中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

アトピー性皮膚炎のかゆみの原因を九州大が解明:治る可能性は!?日本の反応

アトピー性皮膚炎かゆみの原因となる物質をつくるたんぱく質を突き止めたと九州大が発表しました。
これにより今まで完治が難しかったアトピー性皮膚炎が根本的に治る可能性が出てきました。
どのような研究だったのか調べてみました。



スポンサーリンク




九州大のチームが解明した仕組みとは

アトピー性皮膚炎とは皮膚から体内に侵入した異物に対し、
元々もっている免疫システムが過剰に反応し、
かゆみなどが継続して発生するアレルギーで、
異物を認識した免疫細胞がかゆみの原因物質「IL31」を大量に放出させることにより、
かゆみが発生するというメカニズムがあります。

九州大の発表によると、
マウス実験により、
アトピー性皮膚炎のマウスには「EPAS1」というたんぱく質があることを発見したそうです。
また、遺伝子操作により免疫細胞内の「EPAS1」を増減させると、
「IL31」の放出量も同じように増減することが判明しました。

このたんぱく質を抑える治療薬を開発し、
かゆみを根本的になくすことができる可能性があります。



スポンサーリンク




アトピー性皮膚炎患者数と年齢分布

厚生労働省健康局がん・疾病対策課が発表しているデータによると、
アトピー性皮膚炎の患者数は平成8年には約30万人弱でしたが、
平成26年には45万6千人と約15万人増加しています。

また、年齢別患者割合は、
0~19歳:36%
20~44歳:44%
45~69歳:16%
70歳以上:4%
となっており、
若年層に多い傾向がみられます。

<参照 http://www.mhlw.go.jp/>

日本の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 中国のPM2.5問題でマスク並みに将来売れるかもしれないあるもの!海外の反応「詐欺だろ」「愚か者が買う」

  2. インドネシア高速鉄道はその後どうなってる?中国の反応(報道)等をまとめてみた「インドネシアは環境が悪いがやる」「加速して推進する」

  3. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」

  4. 井上尚弥怪我のその後経過と次戦は?海外の反応「甘いマスクをしたモンスターだ!」「次世代パッキャオ!」

  5. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  6. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  7. リオ閉会式引き継ぎ式の日本のパフォーマンスの評判は?海外の反応「創意が素晴らしい」「雨のリオの閉会式が1000%向上した」

  8. 北朝鮮ミサイル発射はいつか?威嚇する理由と海外の反応「ミサイルにお金使うなら飢餓対策をしろ」

  9. insecamで銭湯ページまで見ることが出来て閉鎖は間近か!?海外の反応は?

  10. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」