身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

アーティスティックスイミングへ!シンクロの名称変更理由はなぜ?

シンクロナイズドスイミングの名称

アーティスティックスイミング

変更されることがわかりました。

 

元々読みにくいのに更に読みにくくなった

との声も聞こえてきそうですが、

なぜ名称を変更することになったのでしょうか?

理由や井村雅代ヘッドコーチの意見についても調べてみました。



スポンサーリンク




シンクロナイズドスイミングの由来は?

シンクロナイズドスイミングの歴史は古く、

1地番最初に行われたイベントとして

記録に残っているのは1892年で、

当時は男子の競技で「スタンドスイミング」

と呼ばれていました。

 

今では女子のイメージの強い競技ですが、

元々は男子の競技であったことには驚きですね。

 

元々はイギリスの「スタントスイミング」

ドイツの「アーティスティックスイミング」

発祥ではないかと言われており、

1900年初頭からあったとされています。

 

その後北米に伝わり、

「ウォーターバレー」と呼ばれるようになり、

1934年に行われたシカゴ万博で、

シンクロナイズドスイミングと名づけられました。

 

シンクロとは、

英語で「同期する」「タイミングを合わせる」

といった意味で、

複数の人が動きを合わせる競技として始まり、

美しさや同調性などを競うスポーツとして

今に知られるようになりました。

 

1946年に競技化され、

1984年のロサンゼルス大会より、

オリンピックの正式種目として採用されました。

 

シンクロがアーティスティックスイミングへ名称変更!

国際水泳連盟がブタペストで総会を開き、

シンクロナイズドスイミングの名称を変更し、

 

アーティスティックスイミング

 

とすることを決定しました。

 

変更の時期については現時点では未定ですが、

早ければ2018年から変更となり、

2020年の東京オリンピックでは

アーティスティックスイミングの名称

実施される予定です。



スポンサーリンク




アーティスティックスイミングへの名称変更理由はなぜ?

なぜ今まで慣れ親しんだ

シンクロナイズドスイミングから

アーティスティックスイミング

名称を変更することになったのでしょうか?

変更理由について調べてみました。

 

変更理由としては、

シンクロナイズド(同調した)という表現が、

ソロや混合種目でそぐわない

ということが挙げられています。

 

また、同調性だけではなく、

芸術性も競う競技だからという理由も挙げられます。

 

確かに一人で泳いでいるのに、

シンクロナイズドスイミングと言われても

シンクロしてないとなってしまいますよね。

 

シンクロの歴史での記述したように、

シンクロの発祥の頃は、

アーティスティックスイミングと呼ばれていたこともあり、

変更というより昔の名称に戻すというような

意味合いなのでしょうか?

 

オリンピック専門サイト「インサイド・ザ・ゲームズ」は、

名称変更理由について、

「より芸術的な競技として人々やメディアに理解してもらえるようにするため」

「ブランドを再生し競技の人気を高めてくれるだろう」

との見解を示しています。

 

しかし、一部では反対の意見もあるようです。

80年もの間呼ばれてきた名称で、

シンクロ関係者の間では反対とする方が多いそうですが、

IOCの強い要望があり今回変更することが

決定されたみたいですね。

 

「シンクロ」と略して親しまれてきましたが、

今後は「アーティスティック」と

呼ばれるようになるのでしょうか。

少し長くて呼びにくいかもしれませんね。

 

世間や井村雅代ヘッドコーチの反応は?

アーティスティックスイミングへの名称変更について、

世間はどのように思っているのでしょうか?

また、日本代表の井村雅代ヘッドコーチ

どのように思っているのかが気になりますね。

 

井村コーチは以下のように語られています。

 

「やめてほしいなあ。でも五輪から外されたら困るから、

みんな従うでしょうけど。

うちの井村シンクロクラブもアーティスティッククラブになるのか」

引用:https://www.nikkansports.com/

 

やはり困惑しているようですが、

IOCには逆らえないということのようです。

 

 

■元シンクロ選手青木愛さんのコメント

 

■一般の方の意見は?

■関連記事

コーチ4年で井村雅代は中国の評価をどのように変えたか?現地メディアから探ってみた!

日本に8年ぶり復帰のシンクロ井村ヘッドコーチはチームでもメダルを獲得できるか?海外の反応は?

 

まとめ

2020年の東京オリンピックでは、

アーティスティックスイミングとして

開催されることが決定されました。

 

名称変更後日本は金メダル第1号となれるのか?

頑張ってほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシア高速鉄道の頓挫は虚報?海外の反応「日本の謀略だ」「欧州メディアが日本に買収された」

  2. 小池百合子の東京都知事当選に対する海外の反応の意外すぎる炎上

  3. サムスンに集団訴訟!業績は大丈夫?海外の反応「勝って2.7万円など意味がない」「ノート5にも問題が発生している」「迅速に改善してノート8と交換してくれ」

  4. 北朝鮮への制裁内容として金正恩の妹が含まれる!?中国の反応「妹はなんでそんなに痩せているのだ」

  5. 中国の汚職は半端じゃない!札束1トンでやっとビッグニュースに海外の反応も呆れ気味

  6. イチローがトレーニングマシン効果を実証!まさか40代でメジャー5位の走力!海外の反応「左にゴロでアウトは不可能」「41歳で!?」

  7. ジョコビッチがマレーとの対戦成績を22勝9敗にして全豪優勝!海外の反応「今年はグランドスラムとオリンピック全て優勝だ!」

  8. PM2.5悪化の中国で赤色警報!海外の反応「インドの方が危険」「最高の呼吸器疾患薬を開発してくれるだろう」

  9. ガリガリ君値上げ謝罪CMへの声は?海外の反応「値上げは当然だ」「中国の氷菓子は倍!社長はひざまずいて詫びなければ!」

  10. 中国は金メダルの数より大事なものをリオで得た とのスレッドが立った!海外の反応は?