身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

イギリスのEU離脱の可能性と影響は?海外の反応「離脱すれば戦争になる十分な理由になる」「投票はどうせ操作されている」

先日ついにイギリス・キャメロン首相が2016年6月23日にEU離脱を問う国民投票をすることを
発表した。
かねてから2017年までに国民投票を実施すると発表していた首相だが
去年に今年の6月を示唆していて本当にそれを実施するとした。

これは、複雑な問題だ。イギリスはもともとポンドといった独立通貨をもっているし
ある程度EUと距離を置いた存在なのだ。
可能性はどれくらいあるのだろうか?また、その影響はどうなのだろうか。
現状の解説と、海外の反応を見てみよう。



スポンサーリンク




イギリスEU離脱の可能性について

実はEUを提唱したのがイギリスのチャーチルであり、それが発端だ。
いろいろと大義名分があるが、
元々は、世界大戦を再び起こすことがないように
ドイツを封じ込めたいという意図もあった。

その上で、イギリスはポンドが独立してあるように
あらゆる点でEUとは距離を置いている。

・ポンドがユーロから独立した存在
・国境は自由に行き来できない
・そもそも島国として離れている

その他割愛するが、様々な部分で主権を保持したままであり
見た目独立しているという人もいるくらいだ。

そんな中で、ドイツはEUの構造の恩恵を受けて経済大国にのし上がった。
ギリシャ問題の時に一部指摘されていたが、
通貨が統合されているために、ギリシャ高が結果的に輸出業中心のドイツを
好循環させ利益を吸っているような形になっている。

ドイツはもはやフランスとともに、EUの美味しさを手放せない状態であろう。

そして、現在「移民問題」にてEUは揺れている。
移民に対して前向きだったドイツに対する反発。
テロリストに対する恐れ。
世の中が移民受け入れから遠のいていることはご存知であろう。
その点で、イギリスの今までの報告性の正しさが証明され
フランスもそちらによりつつある。

ドイツはフランスと肩を組んでいたいが
フランスはイギリスよりになる可能性がある。

というのもイギリスは経済が好調であり、
基本的に政策として、移民に関しても、EUと距離を置いたことの
正しさがたくさん証明されてしまっているのだ。

なのでもし、イギリスが離脱となれば連鎖し、混乱する恐れはある。

事実上、ギリシャ離脱よりはイギリス離脱は、
通貨がもともと独立しているので、制度上の問題は他よりは少ない。
しかし、一番は「ユーロ」という構想そのものが崩れるきっかけとなることだ。
蟻の穴の亀裂が堤防を壊す(でしたっけ?)というようなことわざがあるように
イギリスが離脱すれば、ユーロの構想、ユーロの方向性の間違いという思想が
進むでしょう。
ユーロ終わりの始まりといえるのではないでしょうか?



スポンサーリンク




イギリスEU離脱の可能性について海外の反応

それではイギリスEU離脱について海外の反応を見てみましょう。

イギリス版のthe weekより。

■海外の反応

「我々イギリスはEUと交渉はするべきですが、コントロールされるべきではない!」

「実際に、EUは新興国の国々に割安な関税と欧州市場への特別な交通を提供しています。
イギリスはEUを通じても民主主義のための基準、法と人権のルールを満たす国のより良い提供をしています。
新興国でのEUの関税の目的は、損傷欧州産業界からアメリカ車と中国の医薬品を停止しています。
EU-USの交渉会議を見たので、私は難しいながらも、英国が独自により良い条件を得ることができる方法を考えるべきだと思います。」

「(離脱すれば)戦争を起こす十分な理由になる」

「今回不正な投票になるのならば、結局EUに残ることになるだろう。」

「BBCとUKIP以外のすべての政党が壊れて混沌とEUに滞在するだろう」

「スコットランド投票の時、ブックメーカーを見ればそれが操作されたものであったことがわかる」

「スコットランドの投票も操作されたのかもしれない。イギリスの投票も既に操作されるのでは」

「国民投票の時期は周到に選ばれている。既にキャメロンとユーロのエリートたちとの間で取引がされている。
国民投票もその後の茶番も全てしくまれているのよ。」

出典:http://goo.gl/NHLHBm

このように、現実的な利害のコメントよりは陰謀論への言及が多かったように感じました。

それはスコットランドの住民投票の時からまかれている種なのでしょう。

完全に、自分たちが、何者かの好きなようにコントロールされているという意識が多いように思えました。

というのも日本でもよく議論に上がるのですが

「なぜ議会制なのに、国民に判断を丸投げするのか?」

という最もな意見が出ます。

「国民は情勢をしっかり理解しているわけではなく、メディアや勢いに流されての投票になるから
正しい判断を出来るわけではない」

という識者の意見はあります。

これはキルケゴールが言っている「民衆は巨大な悪魔となりうる」ということからの流れでもあるように

だからこそ間接民主制が主流になっている。

そこでこんなに大事な判断を国民に丸投げするキャメロン首相の意図は?

と、そのへんの陰謀論が発展してしまう傾向にあります。

現在のところ、国民はEU離脱を望み、議員は離脱を望まない人のほうが多いという状況です。

どうなるでしょうか…。

■関連記事
首相選から逃げたボリスジョンソンがまさかの外相に!海外の反応「恐怖か素晴らしいかどっちだ」「素晴らしい(皮肉)」

EU離脱はリーマンショック級の経済危機となるか!?為替の値動きで比較してみた

イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは

イギリスEU離脱問題の投票日日本時間詳細!出口調査や速報についても!

eu離脱で英国はこれだけ落ち込む!なのに、なぜ??反応まとめ「euにはうんざりだ!」「離脱決定で世界金融市場は大騒動」

イギリスEU離脱を問う国民投票の日本時間日程を時系列で解説!速報を知るための3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 慰安婦少女像撤去に猛反発の韓国に撤去しなければ10億なしという日本!海外の反応も炎上!

  2. 伊調馨の4連覇は騒がれない?海外の反応「オリンピックに捧げた人生だ」「アメージングなスピリッツ」

  3. EUとは?簡単に小学生でも分かるように説明しみた!1番しっくりくる例えは結婚?

  4. ガリガリ君値上げ謝罪CMへの声は?海外の反応「値上げは当然だ」「中国の氷菓子は倍!社長はひざまずいて詫びなければ!」

  5. 2月19日ドル崩壊説に対する海外の反応まとめ「その日狙って金儲けするつもり」「金本位制に戻る必要がある」

  6. 東日本大震災から5年・最新海外の反応「復興に感動」「学ぶべきものがある」「放置されるところもあり悲しい」

  7. 2016年アベノミクスの終焉か?海外の反応「人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ」「円高は始まったばかり」

  8. 中国頓挫のタイ高速鉄道計画に日本の新幹線方式導入!都市鉄道で日本製車両採用の「パープルライン」が開業!海外の反応は?

  9. ジカ熱を予防するには?中国にとてもわかり易い記事が載っていた! 

  10. 大谷翔平のMLB入りはいつ?2016年以降の海外の反応「若いベーブ・ルースだ!」「たったの21歳」