身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

イランとの断交がなぜこれほど相次ぐのか!?正しく理解した上で海外の反応を見てみよう

イランとの断交が相次いでいる。1月3日にサウジアラビアが断交してから
立て続けにバ-レーン、スーダンと断交する宣言がなされた。
日本では単純に「日本は韓国とも…」なんていうコメントが多いが
国交を断交するということはそんなに簡単なことではない。

経済がすべてストップするわけであり、輸出入すべてがストップすれば
自国においても経済打撃は大きいはずだ。
イランは2014年の時点で石油輸出額が世界15位と、低くはない数字である。

なぜサウジ・バーレーン・スーダンは経済的なものを失ってでも断交したのか?



スポンサーリンク




なぜイランとの断交が相次ぐのか?

なぜイラクとの断交が相次ぐのか?
日本人には理解しがたいものがあるのではないか?
専門家ではない筆者が調べてみたところ
一番の理由と言われるのが「宗教の対立」

この記事では、深く掘り下げすぎず、素人が大枠を理解するというスタンスで
見ていきたいと思う。

■スンニ派とシーア派

スンニ派とシーア派の対立こそ中東の争いの元凶と言われる。
理解すべきは以下。

・イスラム共同体は、日本とは違い政教一致。つまり、政治的主導者と宗教的主導者が同じ。カリフと呼ばれる
・ムハンマドの死後4代目から争いが起きる
・スンニ派=カリフは話し合いで皆から選ばれたものだ
・シーア派=カリフはムハンマドの子孫であるべきだ
・スンニ派とシーア派の対立が始まる

・しかしムハンマドの子孫は12代目で途絶える!(シーア派)
・シーア派は、さらに誰を再君臨された代理のカリフにするかで3派に分かれる

・イラン革命でシーア派が政権を取ってから、シーア派を脅威に感じる
・イラン以外はすべてスンニ派が政権を握っているから
・というのも人工的にはどこもシーア派の方が多い国ばかり
イラン、イラク、バハレーン、アゼルバイジャン、それ以外にもシリア、レバノン、湾岸諸国、イエメン、アフガニスタン

・シーア派は数が多いが、政治と関わりが薄く、富の分配にあずかれず、貧困するケースが多い
・周辺国は「不満が溜まっているのではないか?」などイラン革命が自分の国でも起こる可能性を危惧

➥つまり、スンニ派政権が、唯一のシーア派政権であるイランの影響を危惧している状況

このようなことが本当のことのようです。
筆者は何も分かっていませんでしたね。単純にスンニ派とシーア派の考え方の違いで対立しているとか
想像してしまいがちですが、そうではないのでした。

さらに見ていきましょう。

■バーレーンの事情

・バーレーンも上記のようにスンニ派政権
・小規模ながらシーア派の反王室デモはあった
・バーレーンは、このデモの裏にイランが関係しているのではと見ていた

■スーダンの事情

・イエメンとの内戦に関与している
・イエメン内戦=サウジ vs イラン の代理戦争と言える
・サウジを支持してきたスーダン政権
・サウジと同調する形となる

■イランの脅威

・イランは中東でも、発言権が増している
・イランと欧米の核協議で成果を得ていて、世界の信頼感が増している
・シーア派が勢力を伸ばすのではないかと周辺国は恐れている

➥つまり、周辺国はイランの勢いを恐れ、弱めたいと考えている

これらの経緯があった上で、先日のシーア派聖職者二ムル氏処刑事件をきっかけとした断交の連鎖となっている。



スポンサーリンク




イランとの断交に対する日本と海外の反応

筆者においてもこの事がよく分かっていなかったわけですが、
これらのことを理解した上で、日本や海外の反応を見るとまた
違った見え方が出来るものです。見ていきましょう。

■日本の反応

■海外の反応

「イランはすぐにロシアのような大国になるだろう」
「女性たちはヒジャブ(宗教上顔を隠す黒いかぶりもの)を脱いで、映画になるような高い教育を受けるだろう」
「中東は基本的に超クレイジーな地域!」
「サウジはアラブの春の犠牲より大きな問題が起こるのだろうか?」
出典:http://www.wsj.com/articles/domestic-issues-fuel-saudi-iranian-spat-1451940039

日韓の関係もそうだが
国民の感情レベルの問題と、政局・外交の駆け引きは別個のものとして
とらえるべきものだと思うが、
ニュースはごっちゃになって入ってくる。
そのへん分離して理解していくのが必要であるのであろう。

■関連記事

イランとサウジアラビアが断交したのはなぜ?海外の反応は?石油が気になるようだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 韓国総選挙で与党惨敗による大統領選と日本への影響は?海外の反応「与党が負けてまた反日始まるか」「すべての過ちは必ず正しい道理に帰する」

  2. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  3. 北朝鮮のミサイルがフィリピン沖に!海外の反応「中国の新年を祝うための花火か?」日本「ワンピース中断された怒!」

  4. マイナス金利導入で長期金利が史上初の-0.035%!影響は続くの?海外の反応

  5. ピレウス港を中国が買収!?一帯一路政策への取っ掛かりか?海外の反応を見てみよう

  6. 中国鉄道輸出でトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

  7. 中国人が爆買いする理由!日本をスーパーマーケットにするのはなぜ?海外の反応 「ほほ、日本を救えるのは中国だけのようだ」「物は安く品質は良く店員嘘つかない」

  8. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  9. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」

  10. 大谷翔平が163kmの日本最速!米国最速171km投手はどう評価されている?