身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

ウィサム・アルマナの資産とwikiに驚愕!海外の反応「ゴージャスだ」「彼は家庭的な男だ」

ジャネット・ジャクソンさんが50歳でご懐妊されたというニュースがありまして夫のウィサム・アルマナ氏という方がすごい方だということですので
資産やwikiを調べてみたのですが驚愕しましたのでシェアしていきたいと思います。
海外の反応も同時に見ていきましょう。



スポンサーリンク




ウィサム・アルマナの資産とwikiに驚愕!

すべてのニュースがすごいと思うのですが、50歳でご懐妊というのも驚嘆しますし
夫のキャリアが映画のようでいまだに信じられません。

ウィサム・アルマナ氏については日本語検索するとパっとした情報が出てこなかったので
英語の検索エンジンで検索したところwikiもあり、かなりいろいろと情報がありました。

まず資産についてですが、日本語で検索したときには200億という数字がありましたが
wikipediaに書いてある総資産は「2016年で1billion」です。つまり10億$です。
さらに円換算しますと1000億円となります。(1$=100円で)
どこから200億円という数字が来たのかわかりませんが、200億だけでもすごいですがまさかの5倍の1000億円です。

たしかに孫正義氏が187億$つまり、1兆8700億円、楽天・三木谷氏が77億$つまり7700億円ということですので
成功した社長ということでしたら会社の規模によってはあり得るのですね。

出典:https://goo.gl/qa7onn

ウィサム・アルマナのwiki

生誕:1975年1月1日
年齢:41歳
出生:カタール
過ごした地:ロンドンに2歳の時に移住(10代をここで過ごす。ここでファッションに目覚める)
経歴:ロンドンで中等教育を卒業したらアメリカにわたり、経営学の修士を取得。
会社は名前のままのアルマナグループのようだ。カタールのビジネス界の大物。
恐らく、カタールの孫正義的な存在ではないだろうか。(しかし顔はイケメン)

どんな会社か?
グループ活動は、自動車流通・サービス、不動産、投資、小売、食品&飲料、エンジニアリング、技術、メディア、エンターテイメントが含まれる。
300以上の小売店を経営し、アルマナは高級品、美容、ファッション、ホームインテリア、時計や宝石などの小売店が
ほとんどの地域をカバーするブランドとなっている。
恐らくイメージ的にはイオンとかイトーヨーカドーとかそういう類のものと思われる。

ただし、彼の父によって設立されたと記載がある。つまり立ち位置的には家業を継いでいることとなる。お金持ちの伝統的な家系というわけだ。

その中でもアルマナは、インフィニティ、日産、ルノーとカタールの自動車部門におけるナショナルカーレンタルの部門を担当しているようだ。

アルマナの会社の公式サイトは以下のリンクだ。
http://almana.com/

アルマナ個人そのものの公式サイトは以下
ライフスタイルなど書いてある。
http://www.wissamalmana.com/

ただし、君主制の国であり国との関係も深そうな記述もあるので、単純にお金持ちでいいな、という話ではない気がします。



スポンサーリンク




海外の反応

まずはジャネットジャクソンのご懐妊に対する海外の反応から

「彼女は美しく見えます」

「私は35でやっと授かったけど、50なんて想像できないわ!」

「歳ではありますが、お金持ちですし、旦那も富豪ですから幼児を追いかけて骨が折れることもないでしょう」

「なぜ50で赤ちゃんを!?地獄ですよ!子育てが終わるころは68歳!晩年出産はリスクも高いし赤ちゃんに異常をきたすこともある。彼女はきっと後で後悔をする」

「おめでとー!ゴージャスだね」

「50でご懐妊は想像できないけど、シッターや料理人を雇うだけのお金があるから全然大丈夫ね」

「子供を持つのに何歳じゃなきゃいけないなんてないわ。祝福するわ」

「すべてがうまくいくことを願っているわ」
出典:https://goo.gl/gG2tt4

そしてネットにある夫に対する海外の反応です。

「アラブの億万長者」

「彼は子供を望んでいた」

「彼は旅が好きなんだよ」

「彼はジャクソンを「ドリームウーマン」と言っている」

「彼は究極に家庭的な男です」

出典;twitter

たくさん出てきて書ききれないほどです。

とにかくゴージャスなカップルで我々庶民とは違う世界に住んでいる方たちです。
夫は見た目もかっこよく日本でも話題です。

無事出産できることを願っております…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA