中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

カネロvsカーンの海外の反応「完璧なノックアウト」「期待通りのことをした」

man-794514_640

なかなかおもしろいマッチングが久しぶりにあったように思う。
世界ミドル級タイトルマッチで、王者サウル・カネロ・アルバレスvsアミル・カーンとの対戦だ。

カネロがゴロフキンとの試合への弾みとなるか、はたまたカーンのスピードがそれを阻止するか、
注目される試合であったし、海外の反応もすごいコメントが集まっていた。

スポンサードリンク

カネロ対カーンの海外の反応

それでは早速、カネロ・アルバレスとアミル・カーン(アルミ缶ではない失礼な)
は、6ラウンドにてカネロのKO勝ち。

序盤はカーンのスピードがラウンドを支配していたが、
だんだんとスピードも止まってきて6ラウンドあたりからカネロのパンチが当たり始めたな…と思ったら
一発のフックでカーンが倒れ頭もぶつけたこともあり失神。

海外の反応を見てみよう。

■海外の反応

「今年1の完璧なノックアウト。深い眠りに沈めたストレート。わ~お」

「カネロには誰もが期待していたことを彼はした」

「もしかしてゴロフキンにカネロが勝ったりして…」

「この後、カーンvsブルックを見るかって?絶対見ないでしょ」

「ゴロフキンという偉大な戦闘機が彼をノックアウトしますよ」

「カーンは常に不安定な足で、ガラスの顎だ。」

「誰もがカーンはノックアウトするって知ってたさ。彼は低い重量階級で、自分より弱く小さい男にノックアウトされたし
ボクシング界では最も弱い顎を持っている。この重量まで挙げて、どのようにカネロのようなハードチャンパーから12ラウンド距離をとっていられると思った?カーンのキャリアには愚かな選択だった」

「カネロなんて偽チャンピオンだ」

「カーンは最初の2ラウンドだけ持った感」

「カーンの勝利を待っていたんだが..」

「ちゃんと階級を尊重すべきだと思う。カーンはそれで怪我したこともあったし」

「コット対ゴロフキンが見たかった」

「9月にゴロフキンとだな!」

出典:https://youtu.be/qJZ3Hs1Gq_M
出典:https://youtu.be/snKRUW9q1S4

スポンサードリンク

カネロvsカーンのプロフィール

サウル・カネロ・アルバレスとアミル・カーン
2人のプロフィールを振り返っておこう。

■サウル・カネロ・アルバレス

国籍:メキシコ
年齢:25歳
身長:175cm
リーチ:179cm
戦績:46勝(32KO)1敗1分
タイトル:WBC世界スーパーウェルター級(2011年)
:WBC世界ミドル級(2015年)

唯一の負けはメイウェザー

■アミル・カーン

国籍:イギリス
年齢:29歳
身長:174cm
リーチ:180cm
戦績:31勝(19KO)3敗
タイトル:WBCスーパーライト級(2009年)
:IBF世界スーパーライト級(2011年)

3敗はブレイディス・プレスコット/ダニー・ガルシア/ラモン・ピーターソンでした。

ところで井上尚弥は当たり目に勝ちました。
3-0の判定でした。

■関連記事

井上尚弥の次戦カルモナの戦績と最新2016海外の反応「IQも高くスピードもある」「ロマゴンは彼にKOされる」

村田諒太の次戦は7月?海外の反応は意外!

内山高志はコラレスになぜ負けた?海外の反応「日本のひとつのガラスが粉々に」「何が起こるか分からないという証拠」

山中慎介がソリスに苦戦もV10!海外の反応「日本に失望」「現チャンピオンが判定に有利」

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA