中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

カブス108年ぶりの世界一!メジャーリーグ・ワールドシリーズ制覇!映画バック・トゥ・ザ・フューチャーで予言された「有り得ない未来」を実現!

メジャーリーグベースボールのワールドシリーズ、第7戦は歴史に残る死闘の末シカゴ・カブスが勝利しました!

シカゴ・カブスファンにとっては108年ぶり、およそ1世紀3世代にわたっての待望の世界一のニュースに、ワールドシリーズの行方を見守っていたメジャーリーグファンの歓喜と称賛の声が寄せられています。



スポンサーリンク




1908年以来108年ぶりの世界一

なんと1908年以来108年ぶりの世界一。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の劇中で、2015年の未来にタイムスリップした主人公が「あのシカゴ・カブスがワールドシリーズ制覇?」と驚く、という「現代では絶対に有り得ない出来事」のアメリカンジョークとして語られたワールドシリーズ制覇を、現実の未来で見事に実現させてみせました。

シカゴ・カブスが第6戦目を勝利し逆王手をかけて迎えた第7戦

クリーブランド・インディアンスの本拠地プログレッシブフィールドで行われ、6-6で延長戦に突入した10回表の攻撃前に降雨で中断、

17分間の中断を経て再開となった10回表にベン・ゾブリストのタイムリーヒットなどで2点勝ち越し、その裏インディアンスの攻撃を1点でしのぎ8-7で勝利を収めました。



スポンサーリンク




1945年のビリー・ゴートの呪い(ヤギの呪い)

カブスは1945年のワールドシリーズ2勝1敗で迎えた第4戦でファンとペットのヤギが入場を拒否され、

激怒した飼い主でカブスファンのビリー・サイアニスが「カブスは2度とワールドシリーズには勝てないだろう」と言い放ち球場を後にし、その後3連敗でワールドチャンピオンを逃すと、それ以降、今年までワールドシリーズ優勝はおろか、ワールドシリーズの出場すらできていませんでした。

今回に勝利で、60年間にわたって言い伝えられてきたビリー・ゴートの呪い(ヤギの呪い)を見事に振り払い1908年以来3度目のワールドシリーズ優勝を手にしています。

海外の反応まとめ

「マジかよ!第1戦から第6戦までの間に何が起こったんだ!?」

「想像してみてよ!シカゴの勝利で今日どれほど最高のパーティが開かれるか!!」

「ああー今すぐシカゴに行きたい!!」

「勝った!カブスの勝ちだ!」

「お前たちの勝ちだ!ウォーーーゥ!!」

「おお、神よ・・・!」

「喜びの涙がこぼれた・・・偉大な奇跡の誕生だよ!」

「世界一??本当に???ウケる!」

「ンンー!これですべての悪態をつくヤツらの口が閉じるね!」

「ザッハは本物の男だ」

「この10回のイニングはすべてカブスの108年のためにあった」

「2015年ワールドシリーズでメッツが負けた時は、それはもう発狂したもんだ。ブー!」

「最後のイニングはこのワールドシリーズの最も良いシーンだ」



スポンサーリンク




オススメの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA