身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

キャメロン辞意表明への海外の反応「愚かな男がさらに愚かなものに指導者を…」「最後のまともな指導者」

イギリス国民投票においてまさかのEU離脱派が残留派に勝利するという
世界に衝撃の結果を与えました。

そして日本時間16時台後半にすぐさま次なる衝撃が世界へ駆け巡りました。
「キャメロン首相辞意表明」

キャメロン首相の声明と、海外の反応を見てみましょう。



スポンサーリンク




キャメロン辞意表明への海外の反応

EU離脱派がまさかの勝利が伝えられた2,3時間後になるでしょうか
イギリス残留のため国民を説得し続けていたキャメロン首相がなんと辞意を表明しました。

彼は次のように述べています。
「イギリスには新しいリーダーが必要だ」
ただし、いつかは明確にしていません。
「イギリスの人々はEU離脱に投票した。その意志を尊重しなければならない」
「イギリス人の意志は私が辞意することです」
「私はこの国を愛しています、この国の将来が成功するためにこれからもあらゆる支援をし続けるつもりです」
「3か月間は続投する」

次に海外の一般人の反応を見てみましょう。

■キャメロン辞意に対する海外の反応

「キャメロンは今まで、どんな結果になろうが首相で居ると言っていた。
彼が信頼出来ない証拠だ」
 「でも彼がまだ首相だったらあなたはこう叫ぶでしょ?”コメディだ!”」

「早い!」

「勝った!我々はイギリスを取り戻す!」

「全ての流れの転換だ」

「キャメロンは行き先を見守るために必要だった」

「さようなら。あなたは国民党最後にまともな指導者だった。そしてこのような問題を国民に提供したことを
私は心からリスペクトします。」
「君は正気でそんなことを言っているのか。彼の妻は、いくつかの遠くの島にオフショア銀行に資金を送って
彼の地元のパブで優雅なことをしているんだぞ」

「さようなら笑」

「おお神よ!ありがとう。2016年はすごいことになる」

「地平線上のボリス&トランプ。彼らは、自分らが何をやったか知らない、彼らにFSMを許可する。」 

「愚かな男だ。そして今、さらに多くの愚かな首相のために…:ボリス・ジョンソン。」

「噂では、彼の後続はテレサ・メイか」

「ついに!!」

「ジョンレノンは歌ったよね”ハッピークリスマス!戦争は終わった」  ?

出典:https://youtu.be/yxExbIAXrbk
出典:https://youtu.be/fXNV3Ad0qQ0
出典:http://goo.gl/9ZTMAB



スポンサーリンク




日本の反応

日本でも衝撃を受けている人は少なくない。

今後、イギリスは、世界は、日本はどうなっていくでしょうか。
ますます不透明な世界となっていきます。

■関連記事

EU離脱はリーマンショック級の経済危機となるか!?為替の値動きで比較してみた

イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは

イギリス国民投票の結果に対する海外の反応「反EUの感染が広がるだろう」「特別扱いなどない。離脱は離脱だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 大谷翔平が163kmの日本最速!米国最速171km投手はどう評価されている?

  2. フィリピン大統領の発言、そのうち「落とし前」をつけるとの変心に中国網友が怒り心頭!反応まとめ

  3. 消費税10%いつまで延期?国民の反応「条件に世界経済の大幅な収縮を加えた」「天変地変がない限り増税しなければ嘘の積み重ねになる」

  4. フィリピン大統領選挙候補者TV討論会での過激発言!海外の反応「毒入りバナナを食べ過ぎたのだろう」「中国がどれほど大きいかを見に来たら!」

  5. 韓国のフィギュア界でキム・ヨナ以外でついに天才が誕生!11歳ユ・ヨンへの海外の反応

  6. 熊本大地震の海外の反応「釜山 でも揺れたがまさか」「あんなに揺れているのに倒壊しない!奇跡の映像」

  7. 大谷翔平のMLB入りはいつ?2016年以降の海外の反応「若いベーブ・ルースだ!」「たったの21歳」

  8. 井上尚弥の次戦カルモナの戦績と最新2016海外の反応「IQも高くスピードもある」「ロマゴンは彼にKOされる」

  9. オバマ大統領広島訪問検討への海外の反応「個人的レガシー作りのため」「行かなかったらノーベル平和賞でなく偽善賞」

  10. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」