中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

グッチ裕三がステマ?浅草メンチのオーナーだった!周囲から苦情も?

グッチ裕三さんがテレビなどで紹介していた

メンチカツ屋「浅草メンチ」を実は

自身がオーナーにもかかわらず

宣伝していたと話題になっています。

 

オーナーであることを隠しての宣伝

ステマではないかと物議を呼んでいるようです。

 

お店の周りでは苦情も出ているそうなんですが、

どんな苦情なのでしょうか?



スポンサーリンク




グッチ裕三のプロフィール

芸名:グッチ裕三

本名:高田裕三

生年月日:1952年2月27日生

出生地:東京都

血液型:A型

グッチ裕三さんは、

高校を卒業後米軍キャンプやクラブなどで

音楽活動をされていたことが、

芸能活動の原点です。

 

その後1978年にモト冬樹さんとウガンダさん等と

ビージーフォーを結成されました。

 

ビージーフォーを一躍有名にしたのは、

ものまね王座決定戦に出演したことで、

海外アーティストのモノマネなどは

高い評価を受けていました。

 

最近では料理の腕前から

料理番組などに出演することも多く、

ミュージシャンということは若い世代だと

知らない人も多いかもしれませんね。

 

グルメとしても知られており、

 

食べ歩き番組にも多く出演されています。

ご自身は絶対味覚があると言われており、

幼少期に食べたラーメンの味も覚えているそうです。

 

私生活では、

二度の離婚をし現在は3度目の結婚をされています。

 

浅草メンチのオーナーでステマをしていた!

グッチ裕三さんがテレビ等で度々紹介していた

メンチカツ屋の「浅草メンチ」

なんとご自身がオーナーをしているお店で、

それを隠したままステマをしていた

との報道がありました。

 

このお店は、

元々閑古鳥が鳴くほど流行っていないお店

だったそうですが、

グッチさんがテレビで紹介

したことから人気店となり、

今では行列のできるお店になっているそうです。

 

メンチカツは1個200円とリーズナブルな価格で

食べログでも3.5の評価を受けていますね。

 

浅草メンチのサイトの表記では、

運営会社は株式会社旨いぞお、

責任者は高田祐子さん

となっています。

 

グッチさんの本名は「高田」なので、

おそらく奥様が代表者なのでしょう。

ご自身も役員として会社に入っているそうです。

 

週刊誌の問い合わせに対し、

役員と名乗る方が以下のように回答されたそうです。

 

「テレビ局の取材が多いのは、

グッチ裕三がやらせで取材をさせているかに

中傷する方がいるとのことですが、

そのような事実はもちろんございません。

 

もともと、グッチ裕三の名前を一切出さないで、

店舗経営に当たってきたものであり、

お店にもグッチ裕三と関わりをうかがわせるような

ポスターなども一切貼付等しておりません」

引用元:週刊新潮

 

自分がオーナーを務めるお店を

紹介すること自体は問題ないのですが、

それを隠したままテレビ

紹介してしまったことが問題視されています。

 

ご自身のお店なのでもちろん美味しいと思って

紹介したのだとは思いますが、

ステマと疑われても仕方がないのかもしれませんね。



スポンサーリンク




周囲から苦情も出ている?

グッチ裕三さんがオーナーを務める

浅草メンチには周囲から苦情もきているみたいですね。

 

どんな苦情がきているのでしょうか?

報道によると、

行列が長いため他の店の入り口を塞いでしまったり、

油の臭いで服飾店の客足が減ったり、

メンチカツをテイクアウトし食べ歩きするため、

通りが油汚れで変色してしまっているなどの

苦情が寄せられているそうです。

 

少しとばっちりのような苦情もあるようですが、

近隣とのお付き合いも大事なので、

改善していかなければいけない事項も

あるかもしれませんね。

 

■関連記事

荒牧慶彦が記者会見を途中退席?体調不良で病院へ行った原因は?

小柳ルミ子がサッカー解説者に!ハマったきっかけやサッカーノートとは?

 

まとめ

グッチ裕三さんの浅草メンチはステマ問題から、

近隣の苦情問題にも発展しています。

今後どのように対応するのかに注目が集まりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  2. 台湾地震ビル崩壊の救助の実態!日本と海外の反応「あれさえなければ!」「恩を返すぞ!」

  3. テニスの世界最速サーブ2016最新トップ6選手!体感動画がATPからアップされていた

  4. 中国の汚職は半端じゃない!札束1トンでやっとビッグニュースに海外の反応も呆れ気味

  5. 中国のPM2.5問題でマスク並みに将来売れるかもしれないあるもの!海外の反応「詐欺だろ」「愚か者が買う」

  6. パナマ文書流出!日本人は?海外の反応「このリーク自体が仕組まれてる」「プロパガンダだ」

  7. 北朝鮮への制裁内容として金正恩の妹が含まれる!?中国の反応「妹はなんでそんなに痩せているのだ」

  8. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  9. ドジャース前田健太メジャー強烈デビュー!海外の反応「もうMVPを与えよう」「マントラ忘れないように」

  10. 山口螢怪我のその後の状況は?選手としての海外の反応「ドイツ人よりドイツ語がいいぞ」「メンタリティーが良い」