身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

ジョコビッチ強すぎる!錦織圭との対戦前にある2つの秘密に驚く!

マイアミオープン決勝はジョコビッチvs錦織圭に決定。4月4日2時のプレイとなります。
(起きてるのキツイ…)

しかし、正直誰もが思っているでしょう…「圭が負けても仕方ないかな..」

なぜならジョコビッチが強すぎるから。2011年以降絶対王者として君臨し続けているジョコを

錦織は倒せるのか?ジョコビッチが強すぎる秘密と戦績を見てみよう。



スポンサーリンク




ジョコビッチが強すぎる2つの秘密!錦織は勝てるか?

筆者は4年前からジョコビッチを知っていたが、ひとつだけ重大なことを知らなかった…。

実はつい最近知ったのだが、それは…これ

なんと本を出版していたのだ!

これは誰かがジョコについて書いたのではない。ジョコ自身が書いた著なのだ。

それにびっくり。思わず注文。

 

これには彼の強さの秘密が書かれている。確かにこの食事改善と彼が絶対王者になった時期は一致するので

この本の説得力は、どこかの知らない栄養管理士が書いた本よりも絶対的に説得力はある。

やはり体現した人が言うことは、確実に証明出来ていることなので否定しようがないのだ。

彼のコメントを抜粋すると

グルテン(小麦などに含まれるタンパク質)を14日間だけやめてみて、どういう気分になるか試してみてほしい。
そして、15日目に、パンを少しだけ食べて様子をみてほしい。体が発する声に耳を傾けてほしい。
出典:本書

という提案だ。細かいことは書ききれないので割愛するが、

他の栄養士が書いた内容と劇的に違うかと言われればそういうわけではなく
グルテンフリーを説いている人はそれなりにいるし、昔から日本でも一部で人気があったことだ。
グルテンフリーの理屈は同じだが、勝利のためのマインドや生活など
強すぎることの秘密がなんとなく分かるような気にはさせるものになっている。



スポンサーリンク




ジョコビッチが強すぎる秘密その2

もうひとつの秘密というか、最近のインタビューで筆者は衝撃を受けたのだが
AFPが良記事をあげていた。

出典:http://www.afpbb.com/articles/-/3081137?act=all

この記事によると彼は以下の回答をしている。
・ゾーンを味わっている
・プライベートではルーティンをこなすこと、コートでは直感を働かせること
・パターン認識を行っている(相手の行動に対する反応と記憶を、研ぎ澄ませ十分活用すること)

「無意識と意識は直結している。両方を理解し、把握することができれば、その瞬間に入り込むことができるんだ。ほとんどのプロスポーツ選手は、それをゾーンに入る瞬間と考えているはず」
「意識できるのは、実際に自分で操作が可能な物質的、そして肉体的な部分だ。ビデオ研究、データ、数字、そして経験があれば精神的に準備ができる」
「意識できないのは、自分自身に関係することや、どれくらい動いて、試合や対戦相手に集中するかということだ」
「数字に頼る者もいれば、直観や本能に頼り、状況を把握して、ここぞという時に行動に移せる者もいる。その力をバランス良く発揮できれば最高だね」

と非常に興味深い発言をしている。
字面でなんとなく理解出来る気がするのだが、恐らく凡人の筆者は本当にはわかっていないのだろう。

「無意識と意識、両方を理解し、その瞬間に入り込むこと」
この独特に表現された感覚をトップアスリート達は持っているというのだ。

ジョコビッチと錦織の戦績

ということで、強すぎるジョコビッチと錦織の戦績を見てみよう。

05/28/2010 K. Nishikori – N. Djokovic 0 : 3 (1 : 6) (4 : 6) (4 : 6) ●
11/05/2011 N. Djokovic – K. Nishikori 1 : 2 (6 : 2) (6 : 7) (0 : 6) ◯
09/06/2014 N. Djokovic – K. Nishikori 1 : 3 (4 : 6) (6 : 1) (6 : 7) (3 : 6)◯
11/01/2014 N. Djokovic – K. Nishikori 2 : 0 (6 : 2) (6 : 3) ●
11/15/2014 N. Djokovic – K. Nishikori 2 : 1 (6 : 1) (3 : 6) (6 : 0) ●
05/15/2015 N. Djokovic – K. Nishikori 2 : 1 (6 : 3) (3 : 6) (6 : 1) ●
11/15/2015 N. Djokovic – K. Nishikori 2 : 0 (6 : 1) (6 : 1) ●
01/26/2016 N. Djokovic – K. Nishikori 3 : 0 (6 : 3) (6 : 2) (6 : 4) ●
出典:http://goo.gl/ReGlPc

錦織選手は2011年と2014年のあの全米OPで勝ってから、1度も勝てず5連敗と来ている。

最近のジョコビッチの試合を見てみよう。

今年は唯一1敗だけしていた。
それにしても他の選手と比べると怖いくらいパーフェクトだ。

02/25/2016, N. Djokovic – F. Lopez 0 : 1 (3 : 6) ●

記憶になかったので調べてみた。
ニュースがあり、ジョコビッチのインタビューがあった。

「目に炎症を起こしてしまい、その後激しいアレルギーとなってしまった。この2日で悪化した。まずは右目から始まり、悪くなっていくうちに左目にも炎症を起こしてしまった。今日はとても過敏になっていて、ライトが光ってしまいボールを追えなくなっていた。」
出典:http://goo.gl/LJ8BjK

目の炎症での棄権だったようだ。アレルギーも持っているんですね。

 

さて、そんなジョコに錦織の勝てる可能性としては、暑さに強いということではないでしょうか。

2014年全米OPでジョコを破った時も、連日酷暑でした。

今回もマイアミは酷暑でトップ陣がやられたという話を聞いています。

試合はどうなるか分からないものです。4日の2時楽しみにしていましょう。

海外の反応も書こうと思っていたのですが
かなり長くなったので別の機会にします。

■関連記事

全仏オープン2016ドロー表はいつ?去年までの錦織成績を振り返り見えてくるもの

全仏オープン2016の賞金を比較!ジョコ戦海外の反応まとめ

イタリア国際2016のドロー表と賞金!ジョコ戦の海外の反応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

  2. 中国鉄道輸出でトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

  3. 中国のPM2.5問題でマスク並みに将来売れるかもしれないあるもの!海外の反応「詐欺だろ」「愚か者が買う」

  4. 藤田菜七子がCMそしてホリプロへ!海外の反応は?

  5. ピートローズとイチローの評価に共通する、日本人野手がメジャーで結果を出せない理由とは?

  6. キョンシー肉ピクピク肉の動画に衝撃!日本は大丈夫?海外の反応「絶対中国へいかない」「WHO調査すべき」

  7. 本田望結の妹ハーフ顔の紗来がノービスB優勝!この兄弟の海外の反応「才能豊かで学びが早い」「彼女の映画やテレビも見たい!」

  8. ボブディランがノーベル賞に違和感?海外の反応「理にかなっている」「いや彼の作品は企画ものだ」

  9. オバマ大統領広島訪問検討への海外の反応「個人的レガシー作りのため」「行かなかったらノーベル平和賞でなく偽善賞」

  10. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」