中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応「次世代物流革命!」「ついでに全人口収容できるシェルターとして」

これぞ近未来。スイスCSTは地下物流網構築計画を動画にて発表。
その驚くべき計画は4000億円を試算しており、様々な投資家から募っている。

もともとスイスだけでなく、我が国日本においても物流が今後、需要が供給を超える
(既に超えてる?)のは必至で、アマゾンでは一般人が運べるシステムを作ろうとしているし
ドローンでの配送なんかも計画している。

かく言う筆者も毎日のようになんらか荷物が宅急便で家に届いているのだが
毎回同じ顔の宅配者のお兄さんやおじさんで、何度も来てもらって申し訳ないくらいだ。
チップをあげたくなる衝動に最近駆られている。

それはともかく、どの国よりも一番早く着手したスイスCSTの発表して地下物流網構築計画に対する
海外の反応と日本の反応を見てみよう。



スポンサーリンク




驚愕のスイスの地下物流網構築計画と海外の反応

スイスCSTは地下物流網構築計画を既に一般告知用のビデオを公開している。
何よりもそれを見るのが早いだろう。

まるで映画を見ているかのようだが、現実的に着手している計画である。

まとめると以下のようなことになる。
・2030年までにベルン・ゾロトゥルンから、チューリヒまでを結ぶ67kmの物流網を完成させる
・いくつかのポイントにハブを設け、そこまで運べば、自動的に地下郵送される
・地下では、ドローンでも車でもなく、自律的に稼働する貨物機が運ぶ
・総工事費4000億円
・2030年までに貨物が45%増えるとされている

これは国がやっているのではなく、民間会社がビジネスとしてやっていて
国の支援まで取り付けてやっているのだ。

海外の反応を見てみよう。

■海外の反応

「地下ときたか!」

「おお!」

「これは次世代物流革命だ」

「地下なら騒音やCO2排出をなくせるからエコだ」

「革命的なアイデアだ」

「全人口のを収容できるシェルターとしても…」

出典:ツイッター

リツイートはされていましたが、
意外とそこまでコメントはなかったですね。



スポンサーリンク




スイスの地下物流網構築計画と日本の反応

日本では盛り上がっています。

と、なかなか深い意見もありました。
皮肉で誰にでもおもいつくアイデアとありましたが、
確かに言われみればそうかもしれません。

詳細のシステムによると思いますが、着手したからには
明らかに車・飛行機・貨物列車よりも有利だと判断しているのでしょう。

人の手間が半分抜けるわけなので、そういう意味ではお金をかけてやるだけの価値があると
試算したはずです。

地震の多い日本ではやはり現実的ではないのでしょうかね。
しかし、日本もどうにか、物流革命をしなくてはいけないでしょう。

高齢化とネットの発達により既に、需要が供給を上回っているのでは。

うちに来る宅配業者のお兄さん、朝から晩まで働いているし…。
筆者も、再配達で夜に指定することが多いので
2度手間をとらせて本当に申し訳ない。

それよりも全ての家に宅配ボックスが必要な時代ですね。
何度も来る宅配業者さんにいつも申し訳ないですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. ボブディランはノーベル文学賞辞退か?その理由と反応「5人目の辞退者に」「ノーベルより彼の方が偉大だからだ」

  2. マイナス金利導入で長期金利が史上初の-0.035%!影響は続くの?海外の反応

  3. 慰安婦少女像撤去に猛反発の韓国に撤去しなければ10億なしという日本!海外の反応も炎上!

  4. イチローがトレーニングマシン効果を実証!まさか40代でメジャー5位の走力!海外の反応「左にゴロでアウトは不可能」「41歳で!?」

  5. 希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた!ネットの反応「不良議員のスクリーニングしないと」「勢いが止まらない」

  6. 阿蘇山が噴火する可能性に海外の反応は?「思ったよりヤバイ」「悪化しないことを祈る」

  7. 台湾総統選挙結果に対する海外の反応!中国ネットユーザーの声と報道規制があった話

  8. ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応「世界の大統領に」「彼を見習うならネットをオフに」

  9. 2016年アベノミクスの終焉か?海外の反応「人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ」「円高は始まったばかり」

  10. BIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨て動画と海外の反応「嫉妬し熱狂する哀れで狂ったファンによる悲しい事件」「彼は謝罪するまで成熟した」