身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

タイガーウッズ復帰宣言で引退説から完全復活か?:海外の反応

11月29日火曜日、男子ゴルフの元世界ランク1位で、一時は引退説も囁かれていたタイガーウッズが、ヒーロー・ワールドチャレンジの会見で、復活をアピールしました。

昨年8月のウィンダム選手権以来、およそ1年半ぶりのツアー復帰を自身がホストを務めるヒーロー・ワールドチャレンジ。

今大会が、引退説を一掃するような完全復活のきっかけとなるのでしょうか?

タイガー・ウッズ復帰!なぜ引退説が浮上していたのか?

タイガーウッズは2009年の交通事故による負傷、不倫スキャンダルによりツアー欠場、スポンサーからの契約解消など、私生活でのトラブルとスキャンダルがきっかけとなり、ゴルフでのプレーにおいても長らく勝利からも遠ざかっていました。

その後は一旦復帰し、2013年アーノルド・パーマー招待、プレーヤーズ選手権などで優勝。

PGAツアー通算79勝と優勝回数歴代単独2位そして生涯獲得賞金1億ドルを突破したものの、腰の怪我によって出場試合が激減、2度に渡る手術を行うなどかつての輝きは消え、今年の6月全米オープン、9月トルコ航空オープンと、相次いでエントリー後の欠場をするなど厳しい状況が続いていました。



スポンサーリンク




タイガーウッズ低迷で売上激減のナイキは、ゴルフクラブ専属契約を解消

2016年8月には、タイガーウッズにゴルフクラブを提供し、彼のキャリアを支えてきたスポーツメーカー・ナイキがタイガーウッズとの専属契約の解消を発表。

それまでタイガー・ウッズをゴルフブランドの中心に据えていたナイキでは、低迷と腰の怪我による売上激減から、ゴルフ事業を縮小し、長らく彼のスイングの礎となっていたゴルフクラブをはじめとしたゴルフ用品ビジネスからの全面撤退しています。

「それまで”粗悪品の糸巻きボール”でゴルフをしていた時代は、老若男女の誰もがプレーに専念できなかった。」

「ナイキのゴルフクラブ開発チームによる、偉大で、苦難を乗り越えたイノベーションにとても感謝している。」

「こうした彼らの功績が、僕たちプレイヤーが傷入りのゴルフボールでプレーすることを世の中から根絶させた。」

「僕がグランドスラムを決めることができたのも、彼らの助けがあったからだ。」

(引用・出典・訳:タイガーウッズ公式Twitterより – https://twitter.com/TigerWoods)

タイガーウッズは、ナイキの事業撤退を受けて、このようなコメントを残しており、彼のスイングとゴルフキャリアにとって、ナイキとの関係性がいかに大きなものだったかを物語っています。

ナイキの事業撤退によって、ウッズはこれまで自分の手になじんできたゴルフクラブを手放し、他社製のゴルフクラブやボールなどを使用せざるを得なくなってしまいます。

結果として、スイング改造といった身体への負担を余儀なくされることにもつながり、環境が大きく変化してしまったことにより引退説が囁かれ始めたのです。



スポンサーリンク




ヒーロー・ワールドチャレンジでは完全復活の姿が見られるのか?

今大会には、ウッズが招待した世界ランキング上位の17選手と、ウッズの計18人が参戦する予定。出場選手中、27日付の世界ランク最上位は、世界ランク3位ダスティン・ジョンソンで世界ランク6位の松山英樹も出場予定。

そのなかでランキング最下位は、世界ランク898位のタイガー・ウッズとなっており、どん底からのタイガーチャージが見られるか注目が集まっています。

海外の反応

「ヒーロー・ワールドチャレンジは、まるでクリスマスプレゼントを買うことを嫌がったジョージ・コスタンザ(※アメリカの国民的コメディドラマの登場人物)が思いついた慈善活動のように思えるよ。」

「一体どこのトッププレイヤーが今のタイガーウッズのスイングにアドバイスをしようと言うのか?」

「タイガーウッズが今週のヒーロー・ワールドチャレンジでの復活に意欲を見せている。」

「ウーム、タイガーがヒーロー・ワールドチャレンジに出るって?」

「待ってた!よくぞ戻ってきたタイガーウッズ!」

「タイガーウッズの後ろで彼のスイングを見られるのを楽しみしてるかって?僕はそれが見られることを疑ってるよ。」

「彼は戻ってきた…ヒーローのチャレンジなんだぜ。」

「このシーズン、タイガーウッズには驚かされもしなかったし、彼はプレーすることすらしなかった。」

「次に彼を見かけるのはどこだ?セーフウェイオープン?ヒーロー・ワールドチャレンジ?それとも、サンディエゴの農夫としてか?」

「タイガー!あなたはいつだって私のヒーローよ、私たちは貴方のいち早い復帰を望んでいるわ。」

(引用・出典・訳:Twitter – https://twitter.com)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

  2. 日韓通貨協定復活を示唆!海外の反応に日本は大炎上

  3. TPPに中国網友は猛反発!海外の反応「中国なしで困らない?」「中国に恐れを持っている」

  4. 中国のPM2.5問題でマスク並みに将来売れるかもしれないあるもの!海外の反応「詐欺だろ」「愚か者が買う」

  5. 阿蘇山が噴火する可能性に海外の反応は?「思ったよりヤバイ」「悪化しないことを祈る」

  6. フィリピン大統領の発言、そのうち「落とし前」をつけるとの変心に中国網友が怒り心頭!反応まとめ

  7. 井上尚弥怪我のその後経過と次戦は?海外の反応「甘いマスクをしたモンスターだ!」「次世代パッキャオ!」

  8. リオオリンピック日本のメダル数と治安・大会運営についての3つの予想の結果は?反応まとめ「メダルラッシュ凄かった」「運営も含めて大成功」

  9. 中国頓挫のタイ高速鉄道計画に日本の新幹線方式導入!都市鉄道で日本製車両採用の「パープルライン」が開業!海外の反応は?

  10. insecamで銭湯ページまで見ることが出来て閉鎖は間近か!?海外の反応は?