中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

ダルビッシュ有2016最新海外の反応!「アジア最高の男!」「復帰後なのに98マイル」

gorilla-834251_640

ダルビッシュ有の2016年最新海外の反応をまとめました。
2014年までメジャー入後も毎年2桁勝利を獲得するも肘の故障により
2015年は活躍を見ることが出来ませんでした。
しかし、2016年肘手術後登板し、6月4日、5回2/3を3失点で抑え2勝目をあげています。
手術後も変わらず期待されているのか?不安を囁かれているのか?
海外の反応を見てみましょう。

スポンサードリンク

ダルビッシュ有2016最新海外の反応!

2016年は5月28日登板と6月4日登板で勝利をしている。
その時に海外で寄せられたコメントを掲載します。

「ダルビッシュ=獣(beast)」
「まさにその通り!」

「Yuuuuuu!おかえり!」

「頑張れ!ダルビッシュ!」

「ダルビッシュは過去最高のプレーをしてくれている!敵を黙らせろ!ゴーレンジャー!」

「復帰後は勝負球にツーシーム使うね」(以下4コメントは韓国)

「復帰後なのに98マイル出るのね」

「復帰後最初から球威もいい感じ。やはりアジア最高の男」

「帰ってきたね!」

「いい品質を維持してるな」

「彼のピッチング見るとアームが短くなってる感じが?肘が痛い!……肩の怪我が再生する可能性があり…」(中国)

出典:https://youtu.be/M8DTkJ18RwQ
出典:https://youtu.be/wJgeXdtX0Zs
出典:https://youtu.be/WdmzuiMD_Is

海外も歓迎ムード一色で安心しました。
ダルビッシュは変わらず愛されていますね!

スポンサードリンク

ダルビッシュは肘は大丈夫か?

ダルビッシュ投手はやはり右ヒジ靭帯の手術が非常に心配されていた。
トミー・ジョーンズ手術はそれなりに認められている手術ではあるが
松坂大輔が2011年に手術を受けてから、その後全く成績を残せていないトラウマが
我々ファンにはあったので、やはりダルビッシュが心配であった。
藤川球児選手も手術後、かつての輝きがなくなりました。

しかし、今季の2勝はその不安を吹き飛ばす良い仕上がりと言えます。

日本の反応も見てみましょう。

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

見事な復活にファンが安心したのがよくわかります。

田中投手、前田投手、上原投手など、MLBで活躍する日本人投手が
本当に多くなってきて頼もしい限りです。

■関連記事

MLBの敬遠ルール改正に炎上!海外の反応「ばかげたルール変更だ!」「暴投、盗塁、ボークの可能性があるのに!」

前田健太が日米100勝達成し防御率0.36へ! 海外の反応「ドジャースのあらゆる予想を超え続けている」「MLBでの歴史的なスタートを続けている」

大谷翔平のMLB入りはいつ?2016年以降の海外の反応「若いベーブ・ルースだ!」「たったの21歳」

イチロー最新海外の反応!3000本安打達成を世界が期待し始めている!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA