中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

黄安がツウィを謝罪会見に追い込んだ!?中国の反応は応援や同情ばかりではない!!

TWICEの台湾人アイドル、ツウィを、台湾国旗を振った台湾独立派だとして、
謝罪会見に追い込んだ黄安(台湾出身の中国歌手)が、
一旦消えた後一昨日9時に戻って来ました。
しかし、黄安に対する中国ネットユーザーの反響は応援・同情ばかりではなく
どんどん悪い状況に追い込まれています

中国共産党系メディアが「中国のネットユーザーによるツウィ批判は
集団的狂乱のレベルで、ツウィの気持ちを考えることなく、
事件の背後にある複雑な政治ゲームや歴史的対立についても考えなかった」
指摘したと報じられました。

有力ブロガーからは黄安も過去にテレビ出演した際、
青天白日満地紅旗を振ったことがあると指摘するなど
中国での黄安の立場は急激に悪化し、ついにはブログの黄安のコメント欄が消滅し、
さらにこれまでの書き込みがすべて削除され、
黄安はブログから去って行くことになってしまいました。

ところが、22日9時に、新しいメッセージ“あの黄河にも水が澄む日はある。
無実の罪がそそがれるのはいつか?”という一文とともに、
戻ってきたとの記事が観察網に載りました。この一文は、すぐメディアの注意を引き、
1時間未満で、2000以上の賛成の嵐が送られてきた。
しかし驚くべきことにコメントは極めて少なく、ホームページはまだ、
0を示しているということです。

観察網の記者がコメントを送ろうと試みたが、
“コメントは少ない”の5字が出て、すぐ、“申し訳ありませんが、
この内容は微博の管理規定または関連法規政策により、
操作ができません”と出て、伝言を変えてみたが、
同様だったというものです。

この記事に対して、中国ネットユーザーから種々のコメントが寄せられています。



スポンサーリンク




黄安がツウィを謝罪会見に追い込んだ事実に海外の反応は(中国)?

黄安に対する中国ネットユーザーの反響は?応援・同情ばかりではない!!の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■黄安に対する中国ネットユーザーの反応は?

黄翔宁2011:新浪は恥知らず、黄安は威風堂々
本日 04:42http://www.weibo.com/2652403061

童浩的梦想世界:黄安、頑張れ!
本日 05:13http://www.weibo.com/5397485418

迷思home:反台独(反台湾独立)は恥ずかしいことではない、
台湾独立芸能人に対し、私人として差し止めを行い、業界に模範を示した。
大陸の銭を稼ぎながら、一方で台湾独立を支持する芸能人はほんとに恥ずべきことだ。
本日 00:01 http://www.weibo.com/whtonline

a笑傲红尘:目覚めよ、大陸の台湾に利益を与える政策は完全に失敗した。
台湾独立分子はどんどん多くなっている、戦う準備幻想は失われた。
馬鹿が国民党では勝てないと思い、国民党大敗を黄安に反台湾独立のせいにした。
2016年の最も馬鹿げて、悪辣な濡れ衣だ。黄安は暗然と去る。
反台湾独立と売国の輩が乾杯して祝っている。愛国は既にリスクに満ち満ちている。
無数の人の既にがっかりして悲しくなり去って行く。多くが絶望する。
黄安兄よ、体を大事にして欲しい。
本日 13:48http://www.weibo.com/3162877362

飞上云端了:黄安が微博でコメントを禁止されたのは、
政府がはっきりと意思を示していることを物語っている。
今回黄安は完全に失敗した。または彼のあらゆる行為は実は上の方から
まれていなかったのか!
14:42http://www.weibo.com/1699972153

香克斯yu:黄安が削除した声明は、九二コンセンサス、一中各表を擁護すると言いっていた。
大陸には一中各表の見解はない。台湾の一中各表は中華民国で、
黄安も中華民国を支持する、
ツウィ(周子瑜)の報道は笑い話ではないか?

この人の人品は腐っており、機に乗じる器量が小さい人だ。
彼の愛国は彼の最善の仮面にすぎない。
本日13:06http://www.weibo.com/2613038035
(注:一中各表とは九二コンセンサスの解釈として、
双方とも『一つの中国』は堅持しつつ、その意味の解釈は各自で異なることを認めるとの意で、
台湾が主張するが、大陸は認めていない)

Ella_leo:一芸人が政治に関与した(悪い)報いだ。
1月22日 17:20http://www.weibo.com/1272428573

 



スポンサーリンク





■ 黄安に対する日本の反応

黄安も実は、台湾の旗を振っていたという報道後の、日本の反応は?

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

これまで、何人もの大陸で活躍する台湾芸能人を台独派と非難して葬ってきた、
黄安もこんどばかりは読み違えたようだ。

台湾総統選への悪影響、世界からの16歳アイドルへの同情が集まったことで、
中国政府も態度を変えたようだ。
もちろん同情、応援はあるが、愛国主義者からも、
仮面の愛国主義者ではないかと疑われるなど、さんざんである

日本や台湾からの非難は当然のこととしても、
中国国内でこれだけ状況が変化すると、
果たして再び立ち直ることができるのだろうか?
そして、黄安のみならず、愛国者たちも政府の方針に振り回されています
「愛国無罪」はなんだったのだ!と。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. オバマ大統領の広島訪問に対する韓国の反応「日本はまた歴史を歪曲して被害者に」「任期最後に善良なふり」

  2. 韓国総選挙で与党惨敗による大統領選と日本への影響は?海外の反応「与党が負けてまた反日始まるか」「すべての過ちは必ず正しい道理に帰する」

  3. アントニオ猪木vsモハメドアリは茶番だったのか?海外の反応「最も退屈」「人類史上最も感心した試合」

  4. 続・慰安婦問題!親日台湾の要求に海外の反応は?意外と…

  5. 高梨沙羅の2016年に入っての海外の反応「勘弁してくれ!」

  6. ダラス警官銃撃事件で使用のロボットの動画!海外の反応「人をあやめるのは人の仕事だ」「いくらするんだ!他の方法があったろう」

  7. メリー喜多川氏のパワハラ指摘がBPOに殺到!海外の反応「SMAP自身は解散すると一言も言ってない」「メリーを黙らせてくれ」

  8. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  9. 熊本大地震の海外の反応「釜山 でも揺れたがまさか」「あんなに揺れているのに倒壊しない!奇跡の映像」

  10. イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは