中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

デリバリープロバイダとは?追跡や再配達の問い合わせ方法を調査!

デリバリープロバイダをご存知でしょうか?

Amazonで商品を注文した時に聞き覚えのない

宅配業者が運んでくることがありますよね。

 

デリバリープロバイダとは、

その聞きなれない配送業者のことを指すのですが、

届かないなどのトラブルはないのでしょうか?

 

伝票番号での追跡や再配達の問い合わせ方法

についてまとめてみました。



スポンサーリンク




デリバリープロバイダとは?

デリバリープロバイダとは一体なんなのでしょうか。

Amazonで商品を購入した際、

聞いたことのない(大手ではない)宅配業者が

荷物を持ってきたという経験はありませんか?

 

私も何度か経験がありますが、

いわゆる大手の配送業者ではなく、

地域限定の配送業者などが、

連携し荷物を取り扱う集合体のことです。

 

Amazonによると、

 

 

TMG、SBS即配サポート、札幌通運、

ファイズ、丸和運輸機関

の5社をデリバリープロバイダ

呼んでいるみたいですね。

 

基本的にはこの5社がまとめているようなのですが、、

委託している個人の宅配業者などもおり、

実際にはもっとたくさんの業者が絡んでいるようです。

 

私もAmazonをよく利用しますが、

TMGという会社が運んできたことが何度かありました。

 

Amazonがデリバリープロバイダによる

配送を増やしている背景には、

ヤマト運輸の当日配送などからの撤退が

関係しているみたいですね。

 

単純に今までヤマトに配送を委託していた荷物を

他社に振り分けなければならないとの理由で、

デリバリープロバイダへの荷物が

増えたということのようです。

 

配達の遅延や荷物が届かないなどトラブルが発生?

デリバリープロバイダによる

配達が遅延したり荷物が届かないといった

トラブルが続出しているという声が

多く寄せられているみたいですね。

 

何故このようなことが起こってしまうのでしょうか?

大手配送業者の撤退により、

突然物流量が増えてしまいコールセンターや配送が

パンクしてしまったということが挙げられます。

 

大手配送業者の撤退理由は、

人手不足でしたが運送業界全体が人手不足のため、

デリバリープロバイダに変わったとしても、

結局足りていないというのが実情のようです。

 

アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は、

配達遅延等のトラブルはすべて解消したと

語っているようですが、

実際はまだまだ解消されてはいないのが現実です。



スポンサーリンク




伝票番号の追跡や再配達の問い合わせ方法は?

一部では再配達の依頼ができないという声も

寄せられているようですが本当なのでしょうか?

 

実際には再配達の依頼自体は可能なのですが、

コールセンターがパンクしているため、

物理的にできない状態に陥っているということのようですね。

しかしながら荷物が届かないと困りますので、

なんとか届けてもらわないといけません。

 

デリバリープロバイダ

伝票番号追跡と再配達依頼の問い合わせ先

について調べてみました。

 

・伝票番号追跡はこちら

 

・再配達依頼はこちら

 

上記リンク先でもできない場合は、

下記の電話番号で手続きができます。

 

TEL:0120-130-661(9:00-21:00)

自動電話受付:050-5525-7445(24時間)

 

■関連記事

スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応「次世代物流革命!」

香害110番の連絡先や受付時間は?日本消費者連盟が相談窓口設置へ!

ヒアリに刺されるとどうなる?症状や対処法・特徴と見分け方を調査!

 

まとめ

宅配業者の人で不足はいろいろなところに

しわ寄せがきていますね。

 

時代の流れで仕方がないことかもしれませんが、

アマゾンは早いという神話も崩れつつありますね。

届けばいいというスタンスで気長に待ちましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 伊調馨の4連覇は騒がれない?海外の反応「オリンピックに捧げた人生だ」「アメージングなスピリッツ」

  2. テニスの世界最速サーブ2016最新トップ6選手!体感動画がATPからアップされていた

  3. 中国頓挫のタイ高速鉄道計画に日本の新幹線方式導入!都市鉄道で日本製車両採用の「パープルライン」が開業!海外の反応は?

  4. 井上尚弥の次戦カルモナの戦績と最新2016海外の反応「IQも高くスピードもある」「ロマゴンは彼にKOされる」

  5. ボブディランがノーベル賞に違和感?海外の反応「理にかなっている」「いや彼の作品は企画ものだ」

  6. 希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた!ネットの反応「不良議員のスクリーニングしないと」「勢いが止まらない」

  7. トランプ氏大統領になったら東アジアはどうなる?海外の反応が意外!

  8. ハリーポッター新作8巻が日本でも7月以降発売か!海外の反応「買うのは愚か者」「これ以上お金を必要としているわけがないじゃない」

  9. イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは

  10. パナマ文書流出!日本人は?海外の反応「このリーク自体が仕組まれてる」「プロパガンダだ」