中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

ドチザメは危険?歯や画像・地震との関連を調査!飼育や販売もしてる?

茨城県日立市の海水浴場で、

30匹程度のドチザメ

泳いでいるのが確認されました。

 

サメが大量発生するのは地震の前兆ともいわれており、

少し心配なニュースですね。

 

ドチザメとはどんなサメなのでしょうか?

一般家庭での飼育や販売もされているみたいなのですが、

危険ではないのでしょうか?

ドチザメの画像や歯について調べてみました。



スポンサーリンク




ドチザメとは?危険なの?

ドチザメとは、

日本近海や東シナ海に生息しているサメで、

体長は約1m~1.5mほど。

大きいものだと大人の女性と同じくらいの体長ですね。

 

おとなしい性格で人を襲うことはないそうです。

水族館でもよく飼育されている

日本ではごく一般的なサメみたいですね。

 

危険ではないとのことで一安心ですが、

やっぱりサメがいっぱいいると言われると

なんとなく泳ぎにくいですよね。

 

しかし、サメというと

恐ろしいイメージしかないんですが、

おとなしいサメもいるんですね。

 

釣りをしていてもよく釣れるそうで、

ドチザメならぬドジザメなんて揶揄される

こともあるみたいです。

 

食用としては価値がなく、

市場では出回っていませんが、

食べることもでき、

くせがなく味わいは淡泊だそうです。

 

ドチザメの食べ方やレシピなども

紹介しているサイトもあるみたいですね。

 

小魚や甲殻類を好んで食べ、

単独で行動し群れは作らないそうですが、

山形県近海では初夏にかけて、

多くのドチザメが集まってくることがあるそうです。

 

魚津水族館で飼育されていた

3匹のメスのドチザメの1匹が赤ちゃんを産んだ

と話題になったことがあります。

メスだけの水槽からどうやって生まれたのか

という検証の結果、

単為生殖の可能性があるのではないか?

といわれています。

 

シュモクザメが単為生殖で赤ちゃんを産んだ

という例も少数ですがあるみたいですね。

生き物の不思議ですね。

 

画像や歯を調査!

ドチザメの画像や歯について調べてみました。

 

ドチザメの画像はこちら

見た目はやっぱりサメなんですが、

目がクリっとしていて結構かわいいんですね。

 

歯の画像はこちら

人を襲うようなサメではないので、

もそこまで鋭利ではないですね。



スポンサーリンク




地震の前兆?

サメの大量発生は地震の前兆なのでは?

という説があるみたいですね。

 

関連性については未だ解明されていませんが、

東日本大震災の際にも、

幻のサメ「メガマウス」が捕獲されるなど、

地震の前兆としてサメが深海から

上がってくるのではと言われているみたいです。

 

ただ、全くもって根拠はないので、

迷信程度に考えても良さそうです。

 

一般家庭で飼育用に販売もされている?

ドチザメは水族館などでは

よく飼育されていることは前述しましたが、

一般家庭でも飼育できるみたいで、

販売もされているそうです。

 

おとなしい性格でサイズも1m程度とお手頃なので、

比較的簡単に飼育ができるそうです。

 

そしてなんとネットでも販売されています。

 

定番のドチザメちゃん 65センチ立派なサイズ
by カエレバ

 

 

サメがネットで購入できてしまうんですね。

釣りでもよく釣れるみたいなので、

欲しい人は聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

■関連記事

ヒアリに刺されるとどうなる?症状や対処法・特徴と見分け方を調査!

 

まとめ

サメが大量発生したとなると、

危ないのかなとか、

何かが起こる前兆か?

など少し身構えてしまいますね。

 

ドチザメは日本でもよくみけ蹴るサメなので、

そこまで警戒する必要はないかもしれませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. キリオスの無気力プレーの原因は審判と観客だけじゃない!海外の反応「現代のジョン・マッケンローになろうとしてる」「大会の度に素行が話題になるのはまっぴら!」

  2. 井上尚弥の次戦カルモナの戦績と最新2016海外の反応「IQも高くスピードもある」「ロマゴンは彼にKOされる」

  3. 高梨沙羅の2016年に入っての海外の反応「勘弁してくれ!」

  4. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」

  5. ガリガリ君値上げ謝罪CMへの声は?海外の反応「値上げは当然だ」「中国の氷菓子は倍!社長はひざまずいて詫びなければ!」

  6. トランプ娘のイヴァンカが大統領選の最終兵器に!海外の反応「切り札要素」「子供にも仕事させるの!」

  7. トランプ氏大統領になったら東アジアはどうなる?海外の反応が意外!

  8. バヌアツの法則が2016年に異常発生!海外の反応「ブラック・スターの影響」「去年はハリケーン、これは警告だ」

  9. メキシコオープン2016のBS朝日テレビ放送時間は?錦織圭を見れるか?海外の反応「どんな相手も倒すことが出来る」

  10. PM2.5悪化の中国で赤色警報!海外の反応「インドの方が危険」「最高の呼吸器疾患薬を開発してくれるだろう」