身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

ドラフト会議2017の日程は?1位候補やテレビ放送時間など

今年のプロ野球もあと、クライマックスシリーズと日本シリーズを残すのみ!
ドラフト会議2017がいよいよ近づいてまいりました!

ドラフト会議とは

助っ人外国人の獲得やフリーエージェント権の行使、トレード移籍、トライアウトの獲得と
様々な補強方法があるなかでも、ものすごく重要な補強方法の一つです!

私の好きな横浜denaベイスターズも近年力をつけてきたのは、ドラフト会議で成功したから
といっても過言ではないと思います。

そのドラフト会議2017が迫ってきましたので、こちらでご紹介をしたいと思います!



スポンサーリンク




ドラフト会議2017の日程は?

2017年10月26日(木) 17:00開始予定

です!
場所は、様々な会議の会場として、また品川のシンボルといっても過言ではない
有名なホテル、新高輪プリンスホテルで行われます。

なんと、この会場では実際に観覧もできるようになっています!
もう、応募は9月中に締め切ってしまっているようで大変残念です。
当日の抽選で入れる方はうらやましー!かぎりです。

ドラフト会議2017テレビ放送時間は?

tbsテレビで16時53分~17時50分にドラフト会議の様子の中継が行われる予定です。
また、csテレビやラジオでも中継は行われる予定になっていますので、ぜひチェックしてください!

ドラフト会議2017の1位候補は?

さて、肝心のドラフト1位候補をご紹介したいと思います!

なんといっても、今年の注目はこの選手!

早稲田実業高校の清宮幸太郎(きよみや こうたろう)内野手!

高校通算111本という日本記録を更新した、大型の左バッターです。
守備面や甲子園での実績があまりないという部分で評価が分かれているところですが、
180cmを超え、100キロに迫るこの体格から繰り出されるパワフルで柔軟なバッティングでは
すごい高い評価は変わりありません。

すでに阪神タイガースが指名を明言するなど、最大10球団程度が競合するのではないかと
今から注目のまとになっています。

その他では、甲子園の夏大会のホームラン記録を塗り替えた、
広陵高校の中村奨成捕手や、履正社の安田尚憲内野手が注目を集めています。

中村選手は右打右投の強肩強打の捕手として、すでに広島東洋カープが1位指名を名乗り挙げるほど。

履正社の安田選手は、江川卓もプロで即活躍できるとスポーツ番組で豪語していたほどで、
外れ1位指名の有力候補になっています。

そのほか、社会人や大学生でも注目の選手がいますが、私denaベイスターズファンとして
注目しているのが、星槎国際湘南高校の本田仁海投手です!

地元神奈川の高校ということに加えて、何よりも150㎞のストレートに切れ味抜群のスライダーを
操る、非常に将来性の高いピッチャーです!



スポンサーリンク




タイプ的には、現在ドジャースで奮闘中の前田健太投手が完成形として
イメージが近いのではないでしょうか!

あまり有名ではない高校であるものの、強豪校相手にも素晴らしい投球をみせていたので、
おそらく1位指名もありうると思っています。

清宮選手などの動向も気になりますが、ぜひこの選手が横浜へ来てもらえることを信じて
祈りたいと思います笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた!ネットの反応「不良議員のスクリーニングしないと」「勢いが止まらない」

  2. メリー喜多川氏のパワハラ指摘がBPOに殺到!海外の反応「SMAP自身は解散すると一言も言ってない」「メリーを黙らせてくれ」

  3. タカハシブルーナ選手が写真から人気急上昇!海外の反応「ブラジルNo.1!」「誇りに思ってる」

  4. 台湾総統選挙日本への影響は?女性総統誕生に海外の反応は?

  5. 前田健太が日米100勝達成し防御率0.36へ! 海外の反応「ドジャースのあらゆる予想を超え続けている」「MLBでの歴史的なスタートを続けている」

  6. 日本のバブル的株価とその崩壊に対する中国人経済学者の痛烈な批判「日本の伝統的社会的価値を破壊」に対する海外の反応

  7. リオ閉会式引き継ぎ式の日本のパフォーマンスの評判は?海外の反応「創意が素晴らしい」「雨のリオの閉会式が1000%向上した」

  8. 中国鉄道輸出でトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

  9. コーチ4年で井村雅代は中国の評価をどのように変えたか?現地メディアから探ってみた!

  10. ジョコビッチがマレーとの対戦成績を22勝9敗にして全豪優勝!海外の反応「今年はグランドスラムとオリンピック全て優勝だ!」