身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

バター不足による品薄はホクレンのせい!?ネットで炎上の理由は?

11月22日に放送された「ガイアの夜明け」でホクレンの関係者が「バターがなくなるぞ」となれば消費者はとりあえず買うといった発言をし、バター不足しているのはホクレンのせいだとしてネットで炎上する事態が発生しています。
何故このような事態になってしまったのでしょうか?

何故ネットで炎上してしまったのか

11月22日のガイアの夜明けは、
ここ最近ニュースなどで取り上げられている「バター不足」についての特集を放送しましたが、
消費者だけでなく人気のベーカリーにもその影響がでており、
パン作りに欠かせないバターが不足しておりピンチとなっており、
そんな時にベーカリーが頼った企業が「MMJ」という酪農家から直接生乳を買い付けて乳業メーカーに販売している会社でした。
しかし、「MMJ」がこのベーカリーのためにバターの加工会社を訪ねるが、
どこからもよい返事がもらえません。
生乳の取引のすべてはホクレンが取り仕切っており、
どうすることもできず壁に当たってしまうといった内容でした。

その中のインタビューとして、
ホクレンの部長が、

消費者の心理としては物がたくさんあったら焦って買わない
ところがどんどん売れていって『なくなるぞ』となったら、
いるのかいらないのかよく分からないけど、
『とりあえず買っとけ』と買っちゃいますよね。
分かります?

との発言をしたことから、
バター不足はホクレンが仕組んだのではとネットで炎上する騒ぎとなってしまいました。



スポンサーリンク




ホクレンは反論している

ただ、ホクレン側としてはこの放送は意図した内容ではなく、
そもそも取材依頼の内容がバター不足についてではなかったと反論しています。

確かに、「バターは品薄がちょうどいいか?」との質問には、
「安定供給が大事だと思うので、そういうことではないと思う」
と回答しており、
番組の構成がバター不足を煽るように作られたのではとの指摘もありました。

ただ、やはり影響力のあるテレビへの取材インタビューに対し、
誤解を招く表現をしてしまったことで取り返しのつかない事態を招き、
いくら反論をしても受け入れられない状況になってしまっています。



スポンサーリンク




バター不足はホクレンのせいに対する反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA