中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

パッキャオとブラッドリー引退マッチのファイトマネー(賞金)はいくら!?海外の反応「負けたら選挙どうなる?」「パックマンおめでたい」

2016年4月9日にフィリピンの英雄パッキャオとブラッドリーの
3度目となるボクシング再戦が決定している。パッキャオにとっては引退試合となる。
気になる賞金であるファイトマネーについて調べてみた。

相手が過去2回対戦し、1勝1敗ながらもパッキャオの方が上だとどちらも認識される試合だっただけに
ファンの間からは落胆が隠せなかったが
何かしら意味や裏事情があるのでしょう…。



スポンサーリンク




パッキャオとブラッドリーの引退マッチのファイトマネー(賞金)はいくら!?

パッキャオとブラッドリー再戦のファイトマネー(賞金)ですが
一部報道では、パッキャオが「2000万ドル程度の報酬が約束されている」とされています。

日本円で23億5000万円となります。

ボブ・アラムによると

「チャンピオンのブラッドリーは600万ドル、挑戦者のパッキャオは2000万ドルを少なくとも受けることになるだろう。さらに、PPVの売り上げが加算され、2人は大金を手にすることができるはずだ。世界が注目するスーパースター同士のビッグマッチにふさわしい報酬だよ」

とのことです。
実はパッキャオは税金を滞納しているなど、お金に困っているという噂もありますので
しっかりと稼ぐ理由があります。

また、本当に引退するのか?という話もあり
今回、最もファンの中で面白い組み合わせだと言われていた
若手クロスフォードとならなかったのは
パッキャオが差別発言で下がった人気回復のため今後の政権活動を考慮したことや、税金の支払いから
ここで勝っておかなければならなかったから
確実に勝てるであろうブラッドリーにしたのでは?と噂されている。

どれが真実かはわかりませんが裏事情はいろいろとあるようですね。

ちなみに過去最高額は皆よく知るメイウェザー戦
メイウェザーが1億2000万ドル(約144億円)でパッキャオが8000万ドル(約96億円)



スポンサーリンク




パッキャオとブラッドリー引退マッチの海外の反応

それではこの組み合わせの海外の反応を見てみましょう。

「パッキャオが負けた場合は?彼にフィリピンの人は投票するかな?」

「私はパッキャオが、自分が何をしているのか分かっていることを望む…」(同性愛差別発言について)

「パックマン(パッキャオのこと)は、頑固一徹で現代社会に居場所を持たない人だ。
非常におめでたい。同じ見解を持つフィリピン人と一緒に洞窟の中に住んでればいい」

「調べたけど、今回の試合が選挙においての利益相反に関係するものは何もないよ。」

「パックマンはPoeと同じだ。選挙前に投票されるための新しいイベントを用意したにすぎない」

「Poeをパッキャオと同じにするな」

「パッキャオを映画スターなんかと比較して考える必要はないよ。
パッキャオはフィリピンの外で戦っているんだよ」

「私はパッキャオが少年のころから男らしく生きていることを知っている。
彼は一日生き延びるための食べ物を探しながら育ったんだ。
その中で大学院までいった。
対してロハス(選挙の相手)はそんなことを経験しなかった。」

「(選挙の議論をしている人に)君らはおめでたい理想主義者だなあ。
残念ながらパッキャオはもう子供ではなく、かれは一日5000キロカロリーを食べて
大豪邸に住み、スポーツカーを乗り回している。
私は、彼が最も貧しいところから大成功したからといって、貧しい人の心を理解するという
都合のいい考えはしません。彼がたとえ公共サービスの充実に情熱を向けたとしても
私は支持しない。
政治というのは、虚栄心を満たすプロジェクトのひとつでしかないのさ」

出典:http://goo.gl/WGUpNX
出典:http://goo.gl/G0526F
出典:http://goo.gl/uFdZJm

選挙の話が中心となってしまいましたが
日本も含め、ブラッドリーでがっかりという反応も多数ありました。

実は引退しない説も説得力がありますね。

パッキャオももう37歳で最近はインパクトのある試合ができなくなっていますので
ボクシングからの引退時期だと思いますが
最後に選挙の思惑があるという話で終るのは嫌な感じですね。

筆者としても実は引退しない、という形で、
最後は若手王者とやって壮絶マッチをしてほしいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. アントニオ猪木vsモハメドアリは茶番だったのか?海外の反応「最も退屈」「人類史上最も感心した試合」

  2. 内山高志の次戦コラレスの戦績とファイトマネー!海外の反応「米国は彼の才能を確認する必要がある」「最高のボディーチャンパー」

  3. ガリガリ君値上げ謝罪CMへの声は?海外の反応「値上げは当然だ」「中国の氷菓子は倍!社長はひざまずいて詫びなければ!」

  4. コロンビアのサントス大統領にノーベル平和賞の理由 海外の反応「西部の利益」「操り人形」

  5. 中国の汚職は半端じゃない!札束1トンでやっとビッグニュースに海外の反応も呆れ気味

  6. フィリピン大統領選挙候補者TV討論会での過激発言!海外の反応「毒入りバナナを食べ過ぎたのだろう」「中国がどれほど大きいかを見に来たら!」

  7. SMAP解散反対の署名運動に対する海外の反応「世界の財産」「5=1 5-1=0」

  8. タカハシブルーナ選手が写真から人気急上昇!海外の反応「ブラジルNo.1!」「誇りに思ってる」

  9. 大谷翔平が165km/h!海外の反応「フォークで151km/h!?」「打つことよりスゴイ」

  10. 大坂なおみはサーブスピードが錦織圭と肉薄で全豪オープンでは3位!海外の反応は?