身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

パリ協定とはわかりやすく簡単には何?内容や京都議定書との違いは?

アメリカ合衆国のトランプ大統領

パリ協定を離脱することを

発表したことが話題になってますね。

 

パリ協定を耳にする機会が増えてますが、

パリ協定とは

わかりやすく簡単に言うと何

なのでしょうか?

 

今回はパリ協定の内容

京都議定書との違いについて

まとめてみました。



スポンサーリンク




パリ協定とは?わかりやすく簡単に言うと何?


アメリカ合衆国のトランプ大統領

2017年6月1日、

日本時間では6月2日に、

アメリカ合衆国がパリ協定

離脱することを発表し、

日本でもニュースになりました。

 

しかし、

パリ協定とは何か知らないと、

余計な心配をしてしまいそうですよね。

パリ協定とはわかりやすく簡単に言うと何

なのでしょうか?

 

ニュースの説明では、

『地球温暖化対策の国際的枠組み』

と伝えられています。

 

つまり、

『世界各国で協力して、

地球温暖化を防止するために、

二酸化炭素を減らそう』

という約束事です。

 

パリ協定には、

196カ国が参加しており、

規模が大きく、

当然日本も参加しています。

 

パリ協定の内容

パリ協定は一言で言えば、

地球温暖化問題の約束事ですが、

詳しく内容を調べてみました。

 

パリ協定は、

第21回気候変動枠組条約締約国会議が

開催されたパリで、

2015年12月12日に採択されました。

 

2016年4月22日のアースデーに

ニューヨークで署名が始まりました。

 

同年9月3日に

温室効果ガス二大排出国である

中華人民共和国と

アメリカ合衆国が同時に批准し、

同年10月5日の欧州連合の法人としての

批准によって

11月4日に発行されました。

 

ちなみに批准とは、

既に国の代表によって署名がなされた

条約に拘束されることを

国家が最終的に決定する

手続きのことです。

 

パリ協定は、

産業革命前からの気温上昇を

2度より低く抑え、

1.5度未満を努力目標とすることが

掲げられています。

 

また、

発展途上国を含む全ての加盟国が、

温室効果ガスの具体的な削減目標を申告し、

削減量を増やすことで

5年ごとに見直さないといけません。

 

ちなみにパリ協定が締結されてから、

初めての評価は、

2023年に行われます。

 

今世紀後半には、

人為的な排出量と

森林などによる吸収量を

均衡させることを目指しています。

 

先進国には発展途上国への

温暖化対策の資金援助

義務付けられており、

先進国以外の国にも自主的援助が

推奨されています。

 

日本は先進国ですので、

資金援助が義務付けられている

国となっていますね。

 

また透明性を確保するために、

全ての加盟国は

排出量、技術供与、資金援助額などの

取り組み状況を

公開しなければいけません。

つまりちゃんとやっているのか

チェックされるということです。

 

ちなみに、

アメリカ合衆国のトランプ大統領

パリ協定を離脱することを決めた理由は、

『パリ協定がアメリカ経済の足かせ』

になっていると考えているからです。

 

パリ協定によってアメリカ合衆国は、

総額30億ドルの拠出をすること

になっていますし、

石炭産業が活動しにくくなっています。

 

パリ協定を離脱することによって、

拠出の必要がなくなりますので、

浮いたお金を他に回すことができます。

 

また、

石炭産業を復活させることによって、

雇用を促進することができるので、

アメリカ合衆国にとっては、

一石二鳥の決断だったのでしょうね。

 

パリ協定離脱は地球全体にとって

良いことか悪いことかは別として、

トランプ大統領が掲げる

アメリカファーストという公約を

果たすためのパフォーマンスと

捉えている専門家もいるようですし、

実際に離脱してしまうかどうかは

微妙なところですね。



スポンサーリンク




京都議定書との違いは?


パリ協定について調べてみると、

次に気になるのが同じような内容の

京都議定書との違いですよね。

 

京都議定書は、

1997年12月に京都で開かれた

第3回締約国会議で採択されました。

 

温室効果ガスの

先進国における削減率を

1990年を基準に各国別に定め、

共同で2008年から2012年の間に

目標を達成することを定めています。

 

日本では京都議定書をきっかけに、

二酸化炭素排出削減運動が展開され、

『ハイブリッド車』や

『クールビズ』などが

大きく注目され始めました。

 

つまり一言で言えば、

京都議定書も、

温室効果ガスの削減の約束事です。

 

では、

パリ協定と京都議定書の違い

なのでしょうか。

 

一つは、

パリ協定

加盟国の全ての国が

温室効果ガス排出削減に向けて

努力はするが義務ではなく、

自主目標であるのに対し、

京都議定書は、

先進国のみが数値目標付きの

温室効果ガス排出削減義務がある

ということです。

 

京都議定書では、

発展途上国には

温室効果ガス排出削減の義務は

なかったのです。

 

先進国にのみ、

義務や罰則があるのも違いの

一つですね。

 

パリ協定には、

義務や罰則もありません。

多くの国が加盟する協定ですので、

義務や罰則があると

受け入れない国も多くあると思うので、

仕方ないのかもしれませんね。

 

二つ目は、

パリ協定には、

先進国から発展途上国への

資金援助をする義務がありますが、

京都議定書にはありません。

 

温室効果ガスの削減に努めようとすると、

資金はやはり必要みたいですね。

 

パリ協定では、

加盟国の全ての国が、

温室効果ガス削減に努力しなければ

ならないので、

発展途上国への資金援助は

必要なのでしょうね。

 

実際、資金援助があるなら、

参加すると考えた国もあると

思いますしね。

 

簡単にまとめると、

パリ協定は、

多くの国が参加している

京都議定書より厳しくない

二酸化炭素の削減の努力目標

ということですね。

 

■関連記事

ペットボトルリサイクルの問題点が一挙解決か!?海外の反応

スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応

ドナルド・トランプの家族:美人娘イケメン息子とセレブ妻!新大統領の家庭と人柄

 

まとめ

アメリカ合衆国トランプ大統領が

パリ協定を離脱することによって

世界中から批判されていますね。

 

国際的に協調することは、

温室効果ガスを削減するために

欠かせないことだと思うので、

今後どのようにパリ協定が

進んでいくのか

注目したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 絶食で若返る?オートファジーがノーベル賞に!海外の反応を集めてみた

  2. 伊調馨の4連覇は騒がれない?海外の反応「オリンピックに捧げた人生だ」「アメージングなスピリッツ」

  3. 前田健太が日米100勝達成し防御率0.36へ! 海外の反応「ドジャースのあらゆる予想を超え続けている」「MLBでの歴史的なスタートを続けている」

  4. テニスの世界最速サーブ2016最新トップ6選手!体感動画がATPからアップされていた

  5. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  6. ハリケーンマシューの衛星画像が不吉!海外の反応「死神だ」「笑っているようだ」

  7. インドネシア高速鉄道の頓挫は虚報?海外の反応「日本の謀略だ」「欧州メディアが日本に買収された」

  8. オバマ大統領の広島訪問に対する韓国の反応「日本はまた歴史を歪曲して被害者に」「任期最後に善良なふり」

  9. PM2.5悪化の中国で赤色警報!海外の反応「インドの方が危険」「最高の呼吸器疾患薬を開発してくれるだろう」

  10. 韓国のフィギュア界でキム・ヨナ以外でついに天才が誕生!11歳ユ・ヨンへの海外の反応