中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

ペットボトルリサイクルの問題点が一挙解決か!?海外の反応「分解細菌が進化したの」「PET分解にふつう700年かかる」

plastic-bottles-621361_640

ペットボトルリサイクルの問題点が一挙解決か?一部の環境保護団体からも問題視されていたペットボトル処理
しかし、ここにきて日本の研究者がペットボトル分解細菌を発見したとの論文を発表!
PET(ポリエチレンテレフタレート)をバイオリサイクルする社会の実現に一歩踏みだしました。
これは、2016年3月10日(米国東部時間)発行の米国科学雑誌「Science」(小保方さん騒動で一般にも有名になった権威ある科学誌)に掲載されました。
comment#_rnd1455955571172

スポンサードリンク

ペットボトルリサイクルの問題点がいっきに解決?海外の反応

ペットボトルリサイクルの問題点を振り返っておこう。

PET(ポリエチレンテレフタレート)は石油を原料に製造される非常に一般的なプラスティックで、ペットボトルとして使われ、
2013年だけで、世界で、約5600トンのPETが容器包装用(1540万トン)、フィルム(320万トン)、繊維(3800万トン、テトロン)等に使用されているが、
リサイクルされているのは、ペットボトルのみで、それはペットボトル生産量(613万トン)の37%、PET樹脂総生産量の4.1%に過ぎません。
使用済みPET製品の多くは廃棄されています。

人類にとっては便利な品物だが、生物分解性が難しく、その堆積は世界のエコシステム、
特に海の植物生息地を汚し、野生の生活を傷つけている。これまで、PETを分解する細菌は見つかっていなかった。

我々が毎日のように使う裏側には、このように問題点が多く存在するものだ。

慶應義塾大学理工学部の吉田昭介助教(現所属:京都大学工学研究科)は京都工芸繊維大の研究室らと共同し、
PETボトルリサイクル工場の敷地の土や泥から250のサンプルを採取し。サンプル中の多くの異なった細菌を培養した。
この中から、薄いPETを30℃6週間でほとんど完全に分解する細菌を見つけた。

大阪府堺市で採取した環境サンプル由来であることから、
これをIdeonella sakaiensis 201-F6「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と命名した。

細菌のゲノムの解読を行った結果、得た2種の酵素をPETase 、MHETaseと命名した。
PETaseはPETを加水分解し、MHET(テレフタル酸1分子とエチレングリコール1分子が脱水縮合した化合物)とし、
MHETase はさらにMHETをテレフタル酸とエチレングリコール(PETの原料に相当)に分解する。

これにより、環境中より分離した細菌201-F6株が、2種の酵素PETaseとMHETaseにより、
PETを効率よく、PETの原料であるテレフタル酸とエチレングリコールに分解することが明らかとなった。
この後は多くの菌を含めた働きにより、最終的に炭酸ガスと水になる。

これまでPETは自然界で、分解されず蓄積するのみと考えられてきましたが、
PETをエコシステムに組み込む生物的なルートが存在することが明らかとなった

このシステムはエネルギーの消費が小さく、環境にやさしい手法です。
今回見出された微生物由来酵素の活性や安定性の強化が達成できれば、
理想的なPETリサイクルの実現が近づくと考えられる

この細菌を調べて、不思議なことがわかった。吉田氏はPETを分解する細菌の存在に驚いた。
PETは60年前に商品化され、このような短い時間に201-F6はPETを代謝する系(分解する)をつくりあげたと語った。

また、大量のPETを分解するのをコマーシャルベースに乗せるにはさらに研究が必要であり、残された課題は多い。
ここで見出したPETaseは高いPET分解活性を持つが、産業化にはまだまだ不足している。
PETaseが他の類似のPET分解酵素に比べてなぜ、高い活性を持つのかとの疑問に答える必要があるし、
それが、これを今後実用化して行くのに役立つことになるだろうということだ。

ペットボトル分解細菌を発見! PETのリサイクル実現に一歩踏みだす!!の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■ペットボトル分解細菌発見に関する海外の反応

権威あるScienceに掲載されたと言うこともありますが、海外のツイッターには、
コメントが多数寄せられていて、期待の大きさがうかがわれます

新種の細菌がPETを分解し、食べる。

細菌がPETプラスティックを食べことを見つけたのは、リサイクルを手助けする。

人新世(Anthropocene、人間が地球の生態系や気候に大きな影響を及ぼすようになった、18世紀後半の産業革命以降の時期)の間に、細菌がPETプラスティックを食べるように進化したのだろう。

PETボトルが分解するには700年以上かかるのだ。缶よりパッケージのコストがかからない。

スポンサードリンク

■ ペットボトルリサイクルの問題点解決への日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

筆者も最初は、PETは、毎週回収に出していることだし、これを分解する細菌の発見がそれほどビッグなニュースだとは思っていなかった。
しかし、調べて行くうちに、生産されているPETに対し、ボトルの割合は、3分の1に過ぎず、
回収されているのは、全体のわずか4.1%に過ぎないと知って、驚いた。
分解されないと、海などどんどん溜まってゆくのみだ。

さらに、日本のユーザーの反応は、すごいというより、PETでできたテトロンの服を溶かせるのか、
というおふざけが大分あったように思うが、
海外の反応はかなり、まじめで、リサイクル社会への成果がでる期待を込めているコメントが多かった。

吉田氏の話や海外のコメントにあるように、
PETが商品化されて以降の60年の間にこれを分解して食べるよう進化した細菌がいたというのは、
まったく驚かされることである。

発泡スチロールや塩ビなど他のプラスティックを食べる細菌が発見されればさらに良いのだが。

■関連記事

PM2.5悪化の中国で赤色警報!海外の反応「インドの方が危険」「最高の呼吸器疾患薬を開発してくれるだろう」

東芝リストラ策発表で対象者はどうなる?海外の反応「東芝を懐かしく思う」「代替不可能だと分かっているか?」

ジカウイルスが続々と中国国内へ!その感染経路と症状、海外の反応は?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA