中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

ボブディランノーベル賞やっぱり受賞にがっかり!?海外の反応「理由は?」「今までのは何?」

ボブディランがノーベル賞に関してやっとコメントを出した。
その内容は多くの人をがっかりさせるもので「素晴らしいことだ」と普通に肯定した。
今までの沈黙・無視はなんだったのか?その推測も含めて
海外の反応を見てみよう。



スポンサーリンク




ボブディランノーベル賞やはり受賞にがっかり

ノーベル財団は28日にボブディランが今週連絡がとれて「ノーベル賞をもちろん受け取る」と言っていることを明らかにした。
また、イギリスの新聞テレグラフでもボブディランはノーベル賞に対して“Absolutely,” “If it’s at all possible.”と発言している。
テレグラフ元記事は以下。
https://goo.gl/BhDygJ

このように当サイトでも、ボブディランは意味があって沈黙を続けていると見ていたし、世間も多くが「ボブディランらしい」と思っていたが
予想外のボブディランの対応にネットも戸惑っている様子だ。

記事詳細

記事の詳細を読むと、世間が思っていたことと全くちがう。

ディランは受賞発表で非常にうれしかったようだ。
「amazing, incredible. Whoever dreams about something like that?」
驚いた!信じられない こんな夢のようなことがあるだろうか?

沈黙の意味を記者が聞いてもはぐらかしたように見える。
「You can carry a sketchbook anywhere」
「Well, I’m right here」

もう少し説明が必要だ、と記者も言っている。真意はなんでしょう…。



スポンサーリンク




ノーベル賞やっぱり受賞に海外の反応

「ノーベル賞はかつていろいろあったけれど、確かにディランの歌は伝統を超えたものです。私はうれしい」

「本当に?ポップスターは、ノーベル賞?これは誰か次の人を選出する布石か?マドンナ?ビートルズ?ローリングストーン?」

「今までのはなんだったの?」

「理由が知りたい」

「がっかりだ」

「おめでとう!私はうれしい」

「賞をとってますます彼のことが好きになった!」

出典:Twitter

日本の方がネガティブな意見が多い。
「がっかりだ」「今までなんだったんだ」「彼はしょせんそんな人」「それが彼だ」「金が必要だった!?」とヤフコメはがっかり一色でした。

それにしても本人がちゃんと説明してくれないと納得できないですね…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA