中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

マイルチャンピオンシップG1予想!外国人騎手がまたも制覇なるか?

11月20日に競馬のGIレース第33回マイルチャンピオンシップ(1着賞金1億300万円)が京都競馬場で行われます。

今年のG1レースで一番難しいのでは?との声も上がるほど抜けた存在が無く大混戦模様です。

過去には二桁人気の馬が突っ込んでくるなど波乱要素もあり万馬券への期待もあります。

マイルチャンピオンシップG1の予想と、外国人騎手の動向を見ていきます。



スポンサーリンク




マイルチャンピオンシップG1予想

人気を集めそうなのはスワンSを快勝したサトノアラジン、同じ冠名のサトノルパン、現在3連勝中のヤングマンパワー

このレース2年連続2着のフィエロ、スプリントGⅠ連続2着のミッキーアイル。

皐月賞馬イスラボニータ、秋の天皇賞を快勝したモーリスを負かしたネオリアリズム、

末脚に賭けるガリバルディ、ロードクエストなど挙げればきりがありません。



スポンサーリンク




外国人騎手の注目ジョッキー

外国人ジョッキーにも注目すると、今年の平地GⅠレース先週のエリザベス女王杯までの16レースでは、フェブラリーステークスに始まり、直近の3レースでは外国人ジョッキーが3連勝中と7レース(割合43%)も占めており、とても勝負強い印象があります。

M・デムーロ(サトノルパン)
C・ルメール(イスラボニ―タ)
R・ムーア(ネオリアリズム)
M・バルザローナ(ヤングマンパワー)
A・シュタルケ(マジックタイム)
A・アッゼニ(ウインプリメーラ)

今回のマイルチャンピオンシップG1では、6名の騎手が参戦している。有力馬への騎乗もあるので外国人ジョッキーBOXもありかもしれません。

国内の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」

  2. 大谷翔平のMLB入りはいつ?2016年以降の海外の反応「若いベーブ・ルースだ!」「たったの21歳」

  3. オバマ大統領の広島訪問に対する韓国の反応「日本はまた歴史を歪曲して被害者に」「任期最後に善良なふり」

  4. 着工済みインドネシア高速鉄道に対しジャワ横断鉄道を日本に建設要請!反応まとめ「中国には頼まないの~?」「“安物買いの銭失い”を漸く理解!」

  5. 安倍マリオの海外の反応「東京五輪に行く気になった」「閉会式で最高の瞬間」

  6. 東日本大震災から5年・最新海外の反応「復興に感動」「学ぶべきものがある」「放置されるところもあり悲しい」

  7. 加湿器殺菌剤事件で韓国政府に責任は?日本と40年の差!

  8. メドベージェワが日本に対してセーラームーンの歌をサービス!日本と海外の反応「萌えた!」「キムヨナの世界記録破られた。得点が冗談のようだ」

  9. インドでM6.7の地震!海外の反応と地震国日本の反応が全然違う!

  10. 中国頓挫のタイ高速鉄道計画に日本の新幹線方式導入!都市鉄道で日本製車両採用の「パープルライン」が開業!海外の反応は?