身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

マイルチャンピオンシップG1予想!外国人騎手がまたも制覇なるか?

11月20日に競馬のGIレース第33回マイルチャンピオンシップ(1着賞金1億300万円)が京都競馬場で行われます。

今年のG1レースで一番難しいのでは?との声も上がるほど抜けた存在が無く大混戦模様です。

過去には二桁人気の馬が突っ込んでくるなど波乱要素もあり万馬券への期待もあります。

マイルチャンピオンシップG1の予想と、外国人騎手の動向を見ていきます。



スポンサーリンク




マイルチャンピオンシップG1予想

人気を集めそうなのはスワンSを快勝したサトノアラジン、同じ冠名のサトノルパン、現在3連勝中のヤングマンパワー

このレース2年連続2着のフィエロ、スプリントGⅠ連続2着のミッキーアイル。

皐月賞馬イスラボニータ、秋の天皇賞を快勝したモーリスを負かしたネオリアリズム、

末脚に賭けるガリバルディ、ロードクエストなど挙げればきりがありません。



スポンサーリンク




外国人騎手の注目ジョッキー

外国人ジョッキーにも注目すると、今年の平地GⅠレース先週のエリザベス女王杯までの16レースでは、フェブラリーステークスに始まり、直近の3レースでは外国人ジョッキーが3連勝中と7レース(割合43%)も占めており、とても勝負強い印象があります。

M・デムーロ(サトノルパン)
C・ルメール(イスラボニ―タ)
R・ムーア(ネオリアリズム)
M・バルザローナ(ヤングマンパワー)
A・シュタルケ(マジックタイム)
A・アッゼニ(ウインプリメーラ)

今回のマイルチャンピオンシップG1では、6名の騎手が参戦している。有力馬への騎乗もあるので外国人ジョッキーBOXもありかもしれません。

国内の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  2. 日本は人口減少へ!問題山積の中海外の反応は?「滅亡へのプロセス」「100年経てば彼らはいない」

  3. insecamで銭湯ページまで見ることが出来て閉鎖は間近か!?海外の反応は?

  4. 高梨沙羅の2016年に入っての海外の反応「勘弁してくれ!」

  5. ウインブルドン2016の賞金!比較して分かるすごさと去年決勝の海外の反応

  6. コロンビアのサントス大統領にノーベル平和賞の理由 海外の反応「西部の利益」「操り人形」

  7. 台湾総統選挙結果に対する海外の反応!中国ネットユーザーの声と報道規制があった話

  8. ダラス警官銃撃事件で使用のロボットの動画!海外の反応「人をあやめるのは人の仕事だ」「いくらするんだ!他の方法があったろう」

  9. リオオリンピック日本のメダル数と治安・大会運営についての3つの予想の結果は?反応まとめ「メダルラッシュ凄かった」「運営も含めて大成功」

  10. メキシコオープン2016のBS朝日テレビ放送時間は?錦織圭を見れるか?海外の反応「どんな相手も倒すことが出来る」