中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応「世界の大統領に」「彼を見習うならネットをオフに」

ムヒカ大統領の心に強く残る名言に溢れたスピーチが今でも度々思い返される。
2015年3月1日退任されたので随分昔となるが、やはり今でも心に残り続ける。
今回は、その名言の抜粋と海外の反応を見ていこう。



スポンサーリンク




ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチ

ムヒカ大統領はウルグアイの大統領として、2009年11月から2010年3月1日まで従事した
一風変わった大統領で有名だ。
ムヒカ大統領の特徴は以下。

・世界で最も貧乏な大統領
・ウルグアイ人の平均的な水準での自由に使えるお金で暮らすことを徹底
・資産の80%以上を財団や政府のプログラム等に寄付する
・豪華な大統領官邸には住まないでモンテビデオ郊外の質素な住宅に暮らす
・唯一の資産は約18万円相当の1987年型フォルクスワーゲン・ビートルだけ
・護衛も警察官2名だけ
・大統領としての報酬の9割近くを社会福祉基金に寄付
・公の場でもネクタイは付けず
・家ではジャージ
・国民からはペペの愛称で愛されていた

彼の伝説のスピーチは、2014年12月4日UNASUR(南米諸国連合)のリオ会議でのスピーチがあまりにも有名です。

全文は以下に載っておりますがあまりに長いので名言を抜き出します。
出典:http://hana.bi/2015/05/mujica-unasur-new-speech/#ixzz3bJrj32iR

心に残る名言

「私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?」
「現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。」

「昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています
”貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ”」
「私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。」

「発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。」
出典:http://hana.bi/2015/05/mujica-unasur-new-speech/#ixzz3bJrj32iR



スポンサーリンク




ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応

ムヒカ大統領の幸福の本質をついたような、資本主義批判の名言に溢れたスピーチは
今でも世界に反響を呼んでいます。

このスピーチに対するコメントは今でも書かれています。

あまりにも多いので2016年のものに絞らせていただきますが海外の反応を見てみましょう。

■海外の反応

「世界の大統領になってほしいわ」

「誰もが彼の謙虚さを賞賛するが、今から外食にでかけるのでしょ。
あなたがそんなに賞賛するなら、彼の謙虚な人生に値するように、コンピュータをシャットダウンして、インターネットをオフにするのでないなら、ただの偽善さ」

「ブラジルからお礼をいいたい」

「世界を変えるためには誰かが賞賛される必要がありますが、なにより自分からアクションしなきゃだめだ」

「彼のようなことをするには多くのことを諦めないとダメよね」

「賢明な言葉に感謝したい」

出典:https://youtu.be/8U5rH4z3_uA

■日本の反応

「彼がいなかったらパラグアイ国民はどうなっていたか」

「世界で一番豊かな心を持った大統領」

「江戸時代がムヒカ大統領の言う文明国に近かったのでは」

「国の代表がこういう人が増えて欲しい」

「利権以外に彼の真実の言葉について考える政治家や人が増えたらのなら世界は変わる」

「ムヒカ大統領は普通のことを改めて述べているだけかもしれないけど、
それを世界中のどの代表も発信出来ない現実がある」

「日本のマスメディアでは取り上げられていないのが残念」

「価値がある日本語訳だ」

出典:http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

絶賛ばかりとはいいませんが、国の代表が資本主義に反したことは言えない現状の中
こういうことを言う大統領がいたということは素晴らしいことですね。

実際資本主義、グローバリズムは限界であることを示すような事件が日々起きています。
これらを参考に、世界のことを考えていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. ボブディランがノーベル賞に違和感?海外の反応「理にかなっている」「いや彼の作品は企画ものだ」

  2. 中国鉄道輸出でトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

  3. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

  4. イランとサウジアラビアが断交したのはなぜ?海外の反応は?石油が気になるようだ

  5. 日本は人口減少へ!問題山積の中海外の反応は?「滅亡へのプロセス」「100年経てば彼らはいない」

  6. 日本のバブル的株価とその崩壊に対する中国人経済学者の痛烈な批判「日本の伝統的社会的価値を破壊」に対する海外の反応

  7. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  8. PM2.5悪化の中国で赤色警報!海外の反応「インドの方が危険」「最高の呼吸器疾患薬を開発してくれるだろう」

  9. 日銀マイナス金利導入の意味と海外の反応「円安ならそれでいい」「本末転倒だ」

  10. 阿蘇山が噴火する可能性に海外の反応は?「思ったよりヤバイ」「悪化しないことを祈る」