中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

リオオリンピック卓球男子は水谷隼選手を先導に初メダル獲得なるか?そのためのポイントはなに?

table-tennis-1208382_640 (1)

リオオリンピック卓球男子団体は水谷隼選手を先導として、初メダルを目指している。
そのためのチームとしてのポイントはなにあるか?
決定された団体戦組み合わせをもとに検討してみた。

スポンサードリンク

リオオリンピック卓球男子団体は水谷隼選手を先導として、初メダルを目指している!そのためのポイントはなに?

米誌Sports Illustrated誌に7/29に掲載された卓球男子のメダル獲得予想は、団体で日本が銅メダルとなっている。

s_20160808%e5%8d%93%e7%90%83%e7%94%b7%e5%ad%90%e3%83%aa%e3%82%aa1

出場は団体に以下の水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴が、シングルには水谷隼、丹羽孝希の予定となっています。
各国選手の世界ランキングは次の通りです。

s_20160808%e5%8d%93%e7%90%83%e7%94%b7%e5%ad%90%e3%83%aa%e3%82%aa2

日本は経験豊富で、世界ランキング6位とずば抜けた水谷隼と、
21,22位の丹羽、吉村選手の組み合わせです。

参加チームは全16の国と地域で、16チームがトーナメント戦を行い、
一度負ければそこで敗退決定という事となります。

団体試合はシングルス4試合、ダブルス1試合の5試合で行われ、
先に3勝したチームの勝ちとなるルールですので、
どのように、組み合わせて戦うかの作戦が大変重要になってきます。

ランクから言うと、女子同様中国勢が圧倒的に上位を占めており、
今回出場する中国選手も、水谷隼より上位の1,3,4位の選手で、
優勝はよっぽどのことがなければ、動かないのではと思われます。

2位と目される韓国は、比較的まとまっており、12,14,16位の選手の組み合わせです。
ただし、組み合わせ抽選の結果韓国は中国ブロックに入りましたので、順調ならば、
中国が韓国に勝利し、日本との対戦がないというケースもあり得ます
(もちろん日本の結果次第では銅メダル争いとなる可能性もあります)。

最新の男子卓球チームの世界ランキングは1位中国、2位ドイツ、
3位韓国、4位日本、5位香港となっています。

組み合わせで、日本は、中国のブロックに入ることなく、
香港やドイツのブロックに入ることが決まり、このブロックで勝ち進んでゆけば、
おそらく決勝で、中国と対戦することになります。

中国以外の予想される対戦相手チームの、ポーランド(11位)、香港(5位)、
ドイツ(2位)を打ち破れば、銀メダルの可能性も出てくるという組み合わせです。

最初の関門は、香港です。4年前のロンドンオリンピック男子団体の準々決勝で
対戦して敗れ、日本はメダルを逃しています。
ここで、どう雪辱を果たすかが問題ですが、「4年前のロンドンで団体で負けたリベンジをするために練習してきた」という
水谷隼と丹羽孝希に期待したいと思います。
さらに、今回が初めてのオリンピック出場で、若さあふれる吉村選手の爆発力に大いに期待したいと思います。

2位ドイツチームは強豪ですが、選手間のばらつきが日本以上に大きく、
つけ入るスキは十分あると思われます。
ここを突破すれば、銀メダル以上の可能性が見えてきます。

リオオリンピック卓球男子の日本の反応をすでに始まっているシングルスの様子とともに見てみましょう。

スポンサードリンク

リオオリンピック卓球男子に関する日本の反応

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA