身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

リオ五輪辞退者が世界で続出!その理由は本当にジカ熱流行だけなのか?

8月5日の開幕式まで、あと1月となったリオ五輪辞退者が続出している。その本当の理由はなにか?
松山英樹がジカ熱を含むブラジル国内の衛生環境についての不安を理由に、日本代表及び候補では、初めてリオ五輪・日本代表入りを辞退した。

世界では、男子ゴルフのみならず、テニス、バスケットボールなどでも、リオ五輪辞退者が続出している。



スポンサーリンク




リオ五輪辞退者が世界で続出!その理由はジカ熱流行だけなのか?

現時点で報道されている各競技のリオ五輪辞退者をまとめてみた。

s_20160704%e3%83%aa%e3%82%aa%e4%ba%94%e8%bc%aa%e8%be%9e%e9%80%80

ジカ熱の流行の不安をその理由として挙げる選手が多いが、どうであろうか?

南米にあるリオは、現在冬で、8月の気温は25℃前後であり、蚊が非常に多くて、刺されやすい時期ではない。
世界保健機関も『リスクは極めて低い』という声明を出している。
さらに、ジカ熱に感染したとしてその症状は軽いと言われており、
最も恐れるべきは妊娠中の女性がかかり、小頭症の新生児が生まれることである。

男子ゴルフ選手が続々とジカ熱への不安を主たる理由として、辞退を表明しながら、
現時点では女子選手が一人もいないというのも不思議な事態である。

ゴルフ競技の特徴は、会場が森などの屋外であり、
蚊に刺される可能性があり危険性が他の競技よりも高いことは分かりますが、
本当の理由は他にあるのではという話もあります。

すなわち、プロゴルファー男子の場合、女子より、リオ五輪前の過密日程であり、
ニューヨークからでも10時間以上かかり長旅の疲労が懸念され、
さらに治安の問題や旅行関係の支出費用が多いうえに、
名誉のみで、賞金も出ないと、なぜ無理して出場する必要がと考えているのであろう。

もちろん、松山は、最近もあった虫さされに対するアレルギー反応を持っているようなので、
これとは別ではあろうと思うが。

また、テニスでも辞退者が多く出ているが、
これは、五輪で優勝やメダルを獲得したとしても、
獲得ポイントがまったくなく、世界ランクに関係しない
ということが大きな原因ではと言われている。

さて、リオ五輪のこれらの競技が、
低レベルで味気のないものにならなければよいと思います。

ジカ熱、会場の整備などよりもっとも筆者が心配しているのが、治安問題である。
ブラジル政治は混乱のさなかにあり、ルセフ大統領は職務執行停止され、
治安担当の最高責任者などオリンピック運営の中心となるべき閣僚や責任者の辞職が相次いでいる。

ソフトターゲットを襲う最近のISおよびその賛同者にとっては、
恰好のターゲットになる可能性が高い。
治安対策が、ブラジルに比して、数段上だと思われるパリ、厳重な警戒態勢をひいていたトルコなど、
ソフトターゲットが次々に襲われ、多数の犠牲者が続出している。

日本では、五輪ムードが高まって、次々壮行会が行われ、選手の力強い決意がなされ、
とても治安に不安があるから辞退したいなどと言い出せる雰囲気ではないが、
本当にこれで良いので、あろうか?

過去には、1972年9月5日のミュンヘンオリンピック事件がある。
黒い九月のメンバー8名がイスラエル選手団宿舎を襲い、
イスラエル選手団宿舎質9名全員と警察官1名が死亡し、
事件は最悪の結果で終結した。

この際はイスラエルに対する人質解放が彼らの目的あり、
まだ交渉の余地や、警戒すべき場所、人をある程度限定できたが、
昨今のような、ISのソフトターゲットを襲うやり方に、
本当に混乱するブラジル政府が対応できるのであろうか?



スポンサーリンク




■ リオ五輪辞退者が世界で続出!に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

松山英樹の辞退に対しては、皆さん理解を示されています。また、治安の悪さを心配するコメントもあります。

先のバングラディッシュで起こった日本人多数を含む犠牲を、
リオの平和の祭典で再現することがないよう切に望みたい。

また、治安等の不安から個人の意思で辞退する場合は、それを尊重するようにすべきではと思う。

■関連記事

リオオリンピックテニスの出場選手一覧!フェデラーをはじめ出れない理由をまとめてみた

ドーピング検査隠蔽でロシアのリオオリンピック出場は絶望的か?ソチ冬季五輪での疑惑がWADA報告書で、白日の下へ!

ブラジルオリンピック危機!?ルセフ大統領デモで歴史的300万人デモはなぜ?海外の反応「ジカの次はルセフ」「インフレ耐えられない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

    • ボーイセプテンバー
    • 2016年 7月 09日

    ジカなど大した問題ではない。まあ、ゴルフの松山は蚊に弱いのは分かってるから——-

    最大の問題はやはり治安ですね。テレビで見ていてもあれじゃ怖くて行く気、全くしない。スラムが千箇所以上もあるとは思わなかったし、向こうは子供も怖いね。

    銃撃戦はしょっちゅうらしいし警官が「地獄へようこそ!」デモをするんだから——–そりゃそんな危険な仕事で給料くれなかったら辞めるわ!

    ジカだけでなく海の汚さにビックリ!スラムからのウンコ垂れ流しで大腸菌ウヨウヨ、湾を埋め尽くす魚の死骸——あんなトコでトライアスロンやヨットって気違い沙汰じゃん!

    コルコヴァードのキリストさんも手を広げて言ってるでしょ「リオに来るな!危険!」って(笑)

    • ボーイセプテンバー
    • 2016年 7月 18日

    〉追加です

    デング熱に豚インフルも流行ってるんだって——–ぞわ〜!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA