中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

リオ卓球男子団体決勝の中国メンバーとの対戦成績一覧!勝機はあるのか?海外の反応

リオ卓球男子団体は強豪ドイツに準決勝で勝利し、最強中国メンバーに決勝で挑戦することになった。
日本の勝機はどこにあるか?海外の反応とともに見てゆきましょう。



スポンサーリンク




リオ卓球男子団体は決勝で最強中国メンバーに挑戦!対戦成績と勝機は?

リオ卓球男子団体は、世界ランキング2位のドイツを破り、銀メダル以上を確定させ、
いよいよランキング1位の中国と決勝(日本時間18日午前7時30分)で対戦する。

中国は英国、韓国をいずれも3-0で退けており、これまで、無敵を誇っている。

両国の出場選手の8月時点での世界ランキング

s_20160816%e5%8d%93%e7%90%83%e7%94%b7%e5%ad%90%e3%83%aa%e3%82%aa-1

中国の3選手がすべて、日本のエース水谷隼より上位にあり、丹羽孝希、吉村真晴とは、十数ランクの差がある。
中国は、北京、ロンドン大会で、圧倒的な強さで連続して金メダルを獲得しており、
しかも、ロンドン大会には、今回出場している馬龍、張継科が含まれている。

また、今回のリオシングルスでも、水谷の銅メダルを上回る金、銀メダルをを馬龍、張継科がそれぞれ得ている。

両国3選手のそれぞれの対戦成績

これまでの3人それぞれの対戦成績はリオのシングルスでの結果も含め、以下の通りです。
水谷隼 0勝13敗 馬龍(リオシングルス準決勝で負け)
水谷隼 0勝6敗 張継科
水谷隼 0勝12敗 許昕
丹羽孝希 1勝6敗 馬龍
丹羽孝希 0勝2敗 張継科(リオシングルス準々決勝で負け)
丹羽孝希 1勝3敗 許昕
吉村真晴 0勝2敗 馬龍
吉村真晴 0勝1敗 張継科
吉村真晴 0勝4敗 許昕

ここまで、見てくると、中国の圧倒的な強さを改めて、認識します。
では、日本としてつけ入るスキはどこにあるのか?

水谷隼が中国3選手に対し、全敗なのが気になります。しかし、昨年の世界選手権では、
王者の馬龍に2セット取っており、今回のシングルス準決勝で負けたものの、
やはり2セットを取っており、馬龍に「初めて勝てる気がした」と水谷は言っている。
徐々に初勝利のときが近づいていることをうかがわせます。

日本の3選手の中では、過去唯一、丹羽孝希が馬龍と許昕に勝利したことがあります
この経験を今回是非生かしてもらいたい。

一方、吉村真晴は今大会調子を上げているようで、
過去対戦がほとんどない張継科に充てると面白いかもしれません。

ここで、リオ卓球日本男子団体は決勝への日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

男子団体は決勝で中国と対戦に関する海外(中国)の反応

中国が準決勝で、韓国に勝ち、決勝進出を決めたとの報道に対する微博(中国ブログ)での
網友(ネットユーザー)のコメントを挙げます。

誰會見过鄒kai林:我々は世界第一の鉄壁の防御であることを証明した。
どれほど世界一があっても彼らほど世界第一であることはないだろう。
34分前

塔塔有毒:日本が準決勝で勝ったので、中国が決勝で彼らと優勝を争うことになる・・・
52分前

降妖我就问你敢不敢:夏休みに初めてこんなに早起きした、この種目の試合があるので。
54分前

张博ordinary:直接日本に銀メダルをやって、帰ってもらえば。
男が泣くのを見たくないので[陰険]
54分前

大明明明明明ing:これは準決勝だよ、日本と決勝で金メダルを争うのだ!
55分前

HooYooooo:馬龍の卓球をもう一度見れるのが良いな
55分前

 

網友は中国チームに、絶対の自信を持っているようです。



スポンサーリンク




男子団体は決勝へに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

女子の分も頑張ってと、日本男子への応援はすごいものがあります。

銀メダルが確定し、これ以上失うものがない日本男子団体は、
思い切って王者中国にぶつかり、勝利をもぎ取って、4年後には、
かっての卓球王国日本を復活してほしいと思います。

■関連記事
リオオリンピック卓球男子は水谷隼選手を先導に初メダル獲得なるか?そのためのポイントはなに?

日本卓球女子団体、準決勝でドイツにまさかの敗北!海外の反応は?「ドイツチームのふたりの選手とコーチは中国人だ」「中国チームが仇を討ってやる」

世界卓球2016男子中国代表メンバーと日本代表の差!海外の反応「馬龍相手に何のチャンスもない」「もはや何が起こっているか見えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA