身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

リコーカップ2017の会場や日程は?注目の優勝候補は誰?

今回はリコーカップ2017会場や日程、そして注目の優勝候補についてご紹介いたします。

リコーカップとは

リコーカップは、正式名称をLPGAツアーチャンピオンシップといい、毎年11月最終週に宮崎県で行われている、日本の女子プロゴルフメジャー大会の一つです。男子では、日本シリーズにあたるような大きな大会です。大会が始まったのは1979年で、JLPGAレディーボーデンカップと言う名前で始まりました。


スポンサーリンク




リコーカップ2017の日程と会場について

日程は2017年11月23日~11月26日で開催されます。
会場は宮崎県にある宮崎カントリークラブです。

リコーカップ以外の女子ゴルフのメジャー大会は?

リコーカップが日本の女子プロゴルフメジャー大会の一つと言いましたが、他のメジャー大会は何なのでしょうか。

1つ目は、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯です。この大会は1968年から始まり、毎年開催地を変えながら行っています。また、日本の女子ゴルフトーナメントとして最も賞金総額が高いことでも知られています。

2つ目は、日本女子オープンゴルフ選手権競技です。この大会は1968年にTBS女子オープンとして始まり、毎年秋季に行われます。開催地は毎年異なり、出場者のレベルが高いことでも有名です。

3つ目は、ワールドレディスチャンピオンシップです。この大会は1973年に、日本テレビの開局20周年を記念し、ワールドレディスゴルフトーナメントとして始まりました。2008年までは東京よみうりカントリークラブで行われていましたが、2009年以降は茨城ゴルフ倶楽部で開催されています。

そして4つ目が、今回取り上げているリコーカップです。本大会の参加資格は、その年の女子プロゴルフツアーの優勝者と賞金ランキング25位以内の選手のみという厳しいものとなっています。この大会は1年の締めくくり的な意味ももち、優勝者は女子プロゴルフ大会3年間のシード権を獲得するとともに、翌年の全英オープンの出場権も与えられます。

リコーカップ2017の優勝候補は?

ではみなさんも気になっていると思われる、優勝候補の選手を何人か紹介していきましょう。

1人目は、鈴木愛選手です。鈴木選手は国内の女子ランキングで現在1位の選手で、1994年生まれの23歳です。11歳からゴルフを始め、2013年にプロ転向をしました。日本国内で5勝しており、そのうちの2つはメジャー大会である「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」です。コニカミノルタ杯の2014年と2016年の大会で優勝しました。今シーズンはトップ10以内に14回も入っており、これは国内女子選手の中で最も多い回数です。

2人目は、キム・ハヌル選手です。キム選手は28歳の韓国人プレイヤーで、賞金ランキングでは鈴木選手に続いて2位につけています。韓国ツアーでは2011年と2012年に2年連続で賞金女王に輝いており、2015年に日本のツアー初優勝を果たしました。今シーズンは、優勝回数、トップ10以内の入賞回数ともに1位であり、好調を維持しています。また、去年のリコーカップを制したこともあり、今年のリコーカップでも優勝するのではないかという見方が強いです。

最後に紹介するのは、上田桃子選手です。上田選手は史上最年少の21歳で賞金女王に輝いたことで有名です。今年も好調を維持しており、賞金ランキングでは日本人2位で全体としては6位に位置しています。また、10月に行われた「マスターズGCレディース」では優勝しており、リコーカップでも優勝が期待されています。


スポンサーリンク




リコーカップ2017のまとめ

ここまで見てきたように、リコーカップは1年を締めくくる大会であり多くの注目が集まります。今年はどのような展開になるのか目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. ウィサム・アルマナの資産とwikiに驚愕!海外の反応「ゴージャスだ」「彼は家庭的な男だ」

  2. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」

  3. テレサテンが香港で天安門事件直前に祖国民主化を願った彼女の生誕63年の今の海外の反応「今はテレサが台湾独立を願ったことを知らない」

  4. 台湾総統選挙日本への影響は?女性総統誕生に海外の反応は?

  5. スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応「次世代物流革命!」「ついでに全人口収容できるシェルターとして」

  6. 中国鉄道輸出でトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

  7. ボブディランがノーベル賞に違和感?海外の反応「理にかなっている」「いや彼の作品は企画ものだ」

  8. BIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨て動画と海外の反応「嫉妬し熱狂する哀れで狂ったファンによる悲しい事件」「彼は謝罪するまで成熟した」

  9. 中国の高速鉄道計画は世界へ!次の目論みは海底トンネルで台湾へ!海外の反応「まずは統一だ」「小英は憤死するだろう」

  10. 日本野球界番付が発表!反応まとめ