身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

ルマン24 2016でトヨタはなぜ負けたのか?国内と海外の反応「呪われている」「ドーハの悲劇を超えた」

ルマン24 2016でトヨタはなぜ負けたのか?
誰もがトヨタの優勝を確信していたゴール目前6分
急失速し優勝は夢と消えた。
急失速した原因とこれに対する海外の反応を見てみよう。



スポンサーリンク




ルマン24 2016でトヨタはなぜ負けたのか?

第84回ル・マン24時間耐久レースはラスト1周までは
アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴の5号車トヨタ「TS050ハイブリッド」
が先頭を走っていた。
17時間あたりから先頭に立ちポルシェと30秒の差をつけてラスト1周を迎えていた。

順調で誰もがトヨタの優勝を確信した時
「ノーパワー!」「ノーパワー!」中嶋一貴が無線で叫んだ。

なんらかの原因で急失速し
ロマン・デュマ/ニールジャニ/マルク・リーブ組の2号車ポルシェ「919ハイブリッド」
が逆転勝ちをおさめた。

日本時間20日8時、今のところ失速の原因が発表されていない。
普通にガス欠だろうと言う人が多いが、そうであればチームの単純なミスと言える。
そのへんはきっちりしていると思うので、なんらかメカ的なものだと思われる。
まだ解明できていないという話もある。

<追記>

6月23日になってようやく発表された。実に4日後です。

「ターボチャージとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合によるもの」
「これによりターボチャージの制御が失われた」
「不具合発生時に原因がわからない状態で、低下していたエンジンの出力を回復するための制御系の設定変更をした」
「結果として走る状態にはなったが、対応に時間がかかりあのような状態になった」

つまりは「エンジントラブルではない」ということです。

もっと深く、「それではなぜこの不具合が起きたのか?」については
さらなる調査を進めていて詳細は発表されていません。



スポンサーリンク




トヨタ逆転負けの海外の反応

■海外の反応

「信頼性がダメなのか、それかクソ運が悪い。神の5分だ…」

「最終週、なんとも残酷なことが…」

「クレイジーな結末だった」

「泣いて終了。フォードGTは予選で速すぎであることのためにレース前に「減点」されました。」

「ポルシェ、おめでとう!ファンタスティックレース!」

「私にはこのレースのためにどれだけの苦労があるかは知らないけど
24時間走り切ることが出来なければ、勝つことは出来ないからね…」

「トヨタはまずルマンにて優勝経験が必要だよね。
1998年の初心に戻ってやり直すしかない」

出典:https://youtu.be/cNuymly-6JQ
出典:https://youtu.be/XB-N9N-8jvY

■日本の反応

「なぜルマンの神様はここまでトヨタを嫌うのか…」

「トヨタは来年からWRC(世界ラリー選手権)に参加するからルマンにでるかどうかわからないけど
ルマンで勝って世界一の自動車メーカーであることを証明してほしい」

「原因は何なのか?ガス欠ならチームの問題。それ以外なら神が与えた試練」

「来年はがっちりとトヨタはマークされる」

「今年勝てなかったらもう勝てない気がした」

「ルマンで呪われてるトヨタ」

「マツダが優勝して25年。日本勢が勝てない」

「ドーハの悲劇を超えた」

「手が震えるほど興奮したのは久しぶり」

出典:http://goo.gl/yrBvyz

残念ではありましたが非常に見応えのあるレースでした。

■関連記事

ルマン24 2016をネット配信で見る方法と海外の反応!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

    • HK
    • 2016年 7月 21日

    残念ながらトヨタの今回のリタイアには同情しない・・・
    そして、世界の最高峰で今後も頂点に登ることはない。

    まず2009年のF1での撤退に関してもコンコルド協定を結んだにも関わらず、
    ひと言で去ってしまった。
    それ以前にもドライバーがコロコロ代わったりして一貫性の無さを感じた。
    その一貫性の無さから、金が無駄と感じ撤退したのかもしれないが。
    90年代のWRCでも栄華を極めた後に規定違反のため1年間出場停止になったり、
    モータースポーツの最高峰で戦う上で姿勢に欠けすぎている。

    現、豊田アキオ社長も自身でレースに出るほど、モータースポーツを愛してると豪語しているが、
    ハコ車メインでフォーミュラーが嫌い(これがF1の撤退の要因かも?)
    今年のルマンに関しては「敗者で終わらない」をテーマにして、ネット上でしつこいくらいPR
    してたが、机上で語る前に現場を知るべき。

    毎度、トヨタのモータースポーツの取り組みに疑問が残るが、ましては世界のトップで頂点に
    立とう等、まず無理と理解すべき。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA