中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

ロシアのプーチン大統領来日の日程は?北方領土問題解決なるか?

ロシアのプーチン大統領が安倍晋三首相と12月15日に安倍首相の故郷、

山口県長門市の大谷山荘で会談するため来日します。

安倍首相は北方領土問題の解決に向けて、長年にわたりプーチン大統領との個人的な信頼関係を築き上げてきました。

今回の首脳会談はその総決算となります。

気になるのその日程を調べてみました。



スポンサーリンク




プーチン大統領来日の日程

初日、2日目の外務省発表日程

[12月15日]

山口県長門市 大谷山荘 日露首脳会談

[12月16日]

東京都 日露首脳会談
    
    共同記者会見
     
    経済団体の会合

    講道館 全日本柔道連盟の山下泰裕副会長との懇談

プーチン大統領は15日午後に大統領専用機で山口県に到着し、

長門市の温泉旅館大谷山荘で安倍首相と会談する予定です。

翌16日に東京に移動し、首脳会談と共同記者会見を開いた後、

経済団体の会合に出席し、講道館により16日中に日本をたつ予定です。

体力のあるプーチン大統領らしい慌ただしい日程ですね。



スポンサーリンク




世間の反応


(引用出典 twitter.com)



スポンサーリンク




まとめ

プーチン大統領との首脳会談は第1次安倍政権時代を含めると今回で実に14回目となります。

安倍首相は、ロシアで絶大な権力を握るプーチン氏が大統領を務める間に、

直接対話によって何とか領土交渉を前進させたいと考えています。

地元山口を舞台に北方領土問題の歴史を動かすことができるのでしょうか?

自分の代で決着をつけると意気込む安倍首相は、

「70年以上にわたり平和条約が締結されていない異常な状況を打開するためには、

首脳同士の信頼関係のもとに解決策を見いだしていくしか道はない」とも語っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA