中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

三菱自動車が不正か?今度は燃費試験に世間の反応は「これが事実ならアウト」「致命傷となる」

三菱自動車が燃費試験を不正していたのではないかという情報がリークされている。
これについて20日夕方に社長が会見することとなっている。

三菱自動車は過去にもリコール隠しで大変な社会的信用を失うことがあったため
今回が事実であるならば、信用は地に落ちるといった厳しい声もある。

現段階では社長の会見待ちで事実は分からない。反応を見てみよう。



スポンサーリンク




三菱自動車また不正か?

最近海外ではフォルクスワーゲンで排ガスの値に不正があったことが報道され
世界的にも大変なことになったのが記憶に新しい。

日本ではそんなことはないという認識でいたが、ここにきて
三菱自動車において、燃費試験に不正があるというのだ。

三菱自動車で燃費がいい車と言えば

デリカ 25.4km/L(Jc08)
ミニカ 21.4km/L(Jc08)
ek ワゴン21.2km/L(Jc08)

などが有名だ。

そして、過去の最大の不正としては、2004年の最大のリコール隠しだ。
その後法人として有罪が確定したし、ドイツのクライスラーとの提携もこれによって解消された。

1977年からの約23年間にわたり、10車種以上約69万台にのぼるリコールにつながる不具合情報を
運輸省に報告せずにいた事件だ。

今回、再び社会的信用を落とすことが発覚すれば大変になることが予想される。



スポンサーリンク




三菱自動車の不正疑惑に関する反応

まだ社長会見待ちなので海外へは報道されていないようだ。

日本のネットの反応を見てみよう。

全て「事実ならば」という言葉を略しています。

「本当ならば全く体質が変わっていないな」

「致命傷だ」

「そんなイメージだ」

「販売員は罪がないから気の毒」

「アウトかも」

「撤退したほうが良い」

「歴史が終る」

「知らない社員がかわいそうだ」

「恥ずかしいことだ」

「イメージが悪すぎる」

出典:http://goo.gl/VcUvth

今日の社長会見は17時からと言われている。

さて、どうなるか…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

    • おれ
    • 2016年 4月 22日

    ムーヴ、キャストは三菱でなく、ダイハツ。
    リコール隠しで提携を解消したのはクライスターではなくてクライスラー。当時のダイムラー・クライスラーは、一応本社はドイツだが、三菱が提携していたのは米クライスラーの時代からで、わざわざドイツというのは違和感がある。

    なんかグダグダ

      • normalchina
      • 2016年 5月 03日

      ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

  2. スマスマで解散騒動謝罪に対する海外の反応!強すぎる違和感の正体が分かった「謝罪するのはメリーだ!」「メンバーが謝罪するのはどう考えてもおかしい」

  3. 韓国のフィギュア界でキム・ヨナ以外でついに天才が誕生!11歳ユ・ヨンへの海外の反応

  4. 小池百合子の東京都知事当選に対する海外の反応の意外すぎる炎上

  5. 井上尚弥怪我のその後経過と次戦は?海外の反応「甘いマスクをしたモンスターだ!」「次世代パッキャオ!」

  6. バヌアツの法則が2016年に異常発生!海外の反応「ブラック・スターの影響」「去年はハリケーン、これは警告だ」

  7. ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応「世界の大統領に」「彼を見習うならネットをオフに」

  8. イランとの断交がなぜこれほど相次ぐのか!?正しく理解した上で海外の反応を見てみよう

  9. スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応「次世代物流革命!」「ついでに全人口収容できるシェルターとして」

  10. 日本は人口減少へ!問題山積の中海外の反応は?「滅亡へのプロセス」「100年経てば彼らはいない」