中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

世界最大の電波望遠鏡 fastが中国で運用開始!その目的はエイリアン探査!!海外の反応

中国貴州省で「天眼」と呼ばれる世界最大の電波望遠鏡「FAST」(500m口径球状望遠鏡)の運用が25日から始まった。
宇宙から放射される電磁波やマイクロ波などを観測し、宇宙の成り立ちの解明やエイリアン(地球外生命体)の探査などを行うという。



スポンサーリンク




世界最大の電波望遠鏡 fastが中国で運用開始

貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州の山あいのくぼ地を利用し、約4450枚の反射板を組み合わせた固定型の球面アンテナで、
約30個のサッカー場が入る大きさで、建設費として約12億元(約182億円)を投じ、
アレシボ天文台(プエルトリコ 米軍建設) 直径 305メートルを抜いて世界1となるということだ。

1994年に計画が提案され、5年の歳月をかけて建設され、今年完成した。

中国科学院国家天文台(NAO)の副台長は、この望遠鏡が今後数十年の間に
宇宙探査の「世界のリーダー」になると確信している。

中国天文学会の武向平理事長は、この望遠鏡が
「銀河系外の知的生命体を探索する一助となるだろう」と述べた。

これまではカリブ海の米自治領プエルトリコにあるアレシボ電波望遠鏡(直径約305メートル)が世界最大だった。
FASTの感度はアレシボ波望遠鏡の10倍とされ、さらに天頂から40度の範囲を捉えられるとのこと。
FASTの稼働により、天の川銀河やその他の銀河から中性水素を観測したり、
重力波やパルサーの活動を観測したりするために用いられる計画となっています。

また、科学者らはFASTによって遠い銀河にある惑星などから生命の源となる
アミノ酸が検出出来るかもしれないとも期待を寄せています。

この建設についていくつかの疑問が投げかけられています。
1. エイリアン(地球外生命体)の探査に意味があるのか
地球では、50年以上前から、様々な機関や団体によって「地球外知的生命体探査( SETI / セチ)」と呼ばれる
「電波の受信による地球外知的生命体プロジェクト」が行われて続けているのですが、
その 50年間の成果は、「基本的にゼロ」ということです。

電波望遠鏡の性能を上げることで、どれだけその可能性が上がるのでしょうか?
最近、次々と、見つかっている「地球と非常によく似た環境の惑星」ものの最も近い惑星でも
「ケプラー22b 」地球から「 620光年」離れている、
すなわちたとえ電波を取らえたとしても、620年前のことで、どうなるものでもないと言う気がします。

2.住民約1万人の立ち退き
この電波望遠鏡の建設にあたっては、周囲の約5キロ圏内に住む約2千世帯、
9110人の住民が観測の障害となる他の電磁波の影響を排除するとの目的で、
立ち退きを迫られました。

立ち退いた人々には住居と一世帯あたりの年収に相当するという
約1万元(約15万円)が支給されたと言うことである。
三峡ダムの建設で120万人が立ち退きを強いられたなど、
大きなプロジェクトのたびに、国家による住民の強制的な立ち退きが行われてきた。

一方では、近くの山に観察用のデッキを建設し、観光客を呼び込もうとしている。
プエルトリコのアレシボ電波望遠鏡では毎年90000人の観光客と200人の科学者を呼びでいるそうだなので、
都市から離れた過疎地であるこの地を活性化したいとの意図があるものと思われる。

世界最大の電波望遠鏡 fastが運用開始の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

電波望遠鏡 fastの運用開始に関する海外(中国)の反応

ImOkWithThat:君は短絡的な見方をしている。建設的でない。目前の利益のみを考えている。
国全体のことと自分を同じように考えている。
このような科学的プロジェクトはこれまでも長期の投資であり、
このような国家大規模長期投資は西側のいわゆる「民主主義」に比べて、社会的優位である。
西側の多数は政策上の成績のため、投資利益のためであるが、
これらがどれだけ、科学的プロジェクトの発展を妨げてきたか。
昨日 18:48

吾乃无名之人:科学的に必要な資金をつぎ込む・・・見返りは期待できないね・・・
昨日 18:09

———————大门牙:7億・・・上海の60の3ベッドルームで、
上海の1棟の価格もこれにとどまらない。お買い得だ!
昨日 18:44

霍清华本尊:方法はない、米国の科学技術の強大さをちょっと見てごらん、
我々は彼らのそれほど後ろにいるわけではないと思う?
昨日 18:53

堯北上:現在我々は巨大な中国が海洋を失うかもとぶつぶつ言っているのに、
まさか、500年後の子孫が星を失ったといって我々を恨むと思っているのか?
昨日 18:27

 

統制が効いているのか、こういったプロジェクトは社会主義体制だからこそできるとの意見が主で、
思った以上に批判的な意見は少なかった。
網友(ネットユーザー)には、少数民族の意見は届かないと言うことかもしれない。


スポンサーリンク




電波望遠鏡 fastの運用開始に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

中国は、これまでも高価な科学技術に大金をつぎ込んで、
リーダーになろうとしてきたが、その割には、アウトプットがいまひとつで、
国としての遅れをとったままであるという意見もある。

月から見える地球上の人間が作った唯一の建造物と言われる
万里の長城を造った国の故であろうか?
大きさ世界一にこだわり過ぎているように思える。

■関連記事
外国人に映る中国のイメージは米国についで2番目って本当なのか??調査結果の意図的解釈が酷すぎる!!
ひとみ打ち上げた日本ロケットの成功率とその反応!苦難の歴史の上に今がある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 内山高志の次戦コラレスの戦績とファイトマネー!海外の反応「米国は彼の才能を確認する必要がある」「最高のボディーチャンパー」

  2. 欅坂46がナチス軍服酷似で炎上!海外の反応「日本はあの酷い行為を気にしないんじゃ」「友達もしているが誰も怒らないぞ」

  3. マイナス金利導入で長期金利が史上初の-0.035%!影響は続くの?海外の反応

  4. メドベージェワが日本に対してセーラームーンの歌をサービス!日本と海外の反応「萌えた!」「キムヨナの世界記録破られた。得点が冗談のようだ」

  5. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  6. 人民元安が酷い!影響と海外の反応「人民の不運がくる」「アベノミクスを認めよ」

  7. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」

  8. ウィサム・アルマナの資産とwikiに驚愕!海外の反応「ゴージャスだ」「彼は家庭的な男だ」

  9. SMAP解散の海外の反応のアジアと欧米の差が歴然!

  10. 着工済みインドネシア高速鉄道に対しジャワ横断鉄道を日本に建設要請!反応まとめ「中国には頼まないの~?」「“安物買いの銭失い”を漸く理解!」