身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

世界遺産に登録された潜伏キリシタン関連遺産!隠れキリシタンとの違いは?

2018年6月30日「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が国連教育科学文化機関世界遺産委員会(ユネスコ)によって世界遺産に登録されました。

今回の決定は国内22件目となる世界遺産となり、この決定を受けて安倍首相や長崎県出身のアーティストである福山雅治さんらがお祝いの言葉を発表し、地元のみならず日本中が喜びに包まれています。

今回世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」ですが、一般的には「潜伏キリシタン関連遺産」と呼ばれています。

そこで気になるのが「潜伏キリシタン」という言葉です。多くの人は学校の授業で「隠れキリシタン」と習ったのではないでしょうか。

今回は世界遺産に登録されたことで注目を浴びるようになった「潜伏キリシタン」と「隠れキリシタン」の違いについてご紹介します。

お断り:本記事では正式な表記である「カクレキリシタン」ではなく、便宜上「隠れキリシタン」と表記致します。

潜伏キリシタンと隠れキリシタンの違いは信仰形態の違い

潜伏キリシタンと隠れキリシタンの違いを理解するには「それぞれが信仰したもの」と「背景」のふたつのポイントを押さえるとわかりやすいでしょう。

まず、「潜伏キリシタン」とは仏教徒であるように振る舞いながら、実際はキリシタンだった人たちのことです。潜伏キリシタンはあくまでもキリスト教を信仰しており、キリスト教の布教活動にも尽力しました。

対して、「隠れキリシタン」とは仏教徒であるように振る舞いながら、キリスト教を信仰し、長い年月をかけて独自の信仰形態に変化していった人たちのことです。隠れキリシタンもキリスト教を信仰していたものの、次第に信仰形態を独自のものに変化させていきました。

両者ともにキリスト教を信仰していたことは同じですが、隠れキリシタンはキリスト教の教義を変化させていき、仏教、神道、民族信仰など様々な信仰心を取り混ぜていったことが特徴です。

厳密に言うとこのような違いがありますが、現在では「キリスト教信者でありながら仏教徒として振る舞っていた人たち」のことを包括して「隠れキリシタン」と呼んでいます。

潜伏キリシタンと隠れキリシタンが生まれた背景は「禁教令」

1549年、かのフランシスコ・ザビエルが日本にキリスト教を伝えました。これにより少しずつ日本でもキリスト教が広まりましたが、1614年に江戸幕府はキリスト教を信仰することや布教活動を禁止する「キリスト教禁止令(禁教令)」を発令します。

それまでにも仏教以外の宗教に制限をかけるバテレン追放令などの禁教令は存在していましたが、キリスト教が禁止されたことによって後に「隠れキリシタン」や「潜伏キリシタン」が誕生するようになります。

1873年に禁教令は解かれますが、発令から撤廃までのおおよそ250年の間、仏教徒のふりをしながらキリスト教を信仰し、布教活動や文化の継承に尽力してきた人たちがこそが「潜伏キリシタン」であり、その人たちが守り続けた建造物などがこの度世界文化遺産に登録されたのです。

世界文化遺産に登録された潜伏キリシタンの名残

今回世界文化遺産に登録されたのは長崎県と熊本県に点在する12の遺産群です。

いずれも潜伏キリシタンに縁がある場所で、潜伏キリシタンが自分たちの信仰を告白した(信徒発見)場所である大浦天主堂や、多くの人が潜伏キリシタンとして生きていく覚悟を決めた機会になった「島原・天草一揆」の舞台である原城跡、潜伏キリシタンが無人島を開拓し生活した頭ヶ島の集落などがあります。

まとめ

長い年月迫害されながらもキリスト教を信仰し、守り続けた文化や独自に変化を遂げていった信仰形態は世界中から見ても普遍的な価値があるとされています。

新たに登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をより深く理解するためのひとつの知識として、「潜伏キリシタン」と「隠れキリシタン」の違いを知っておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 山口螢怪我のその後の状況は?選手としての海外の反応「ドイツ人よりドイツ語がいいぞ」「メンタリティーが良い」

  2. 中国の反テロ法の日本と海外の反応!チベットに関するコメントをしたのは…

  3. 中国のPM2.5問題でマスク並みに将来売れるかもしれないあるもの!海外の反応「詐欺だろ」「愚か者が買う」

  4. 慰安婦少女像撤去に猛反発の韓国に撤去しなければ10億なしという日本!海外の反応も炎上!

  5. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  6. ハリーポッター新作8巻が日本でも7月以降発売か!海外の反応「買うのは愚か者」「これ以上お金を必要としているわけがないじゃない」

  7. 小池百合子の東京都知事当選に対する海外の反応の意外すぎる炎上

  8. アップルペイの評判は?国内・海外の反応まとめ

  9. テレサテンが香港で天安門事件直前に祖国民主化を願った彼女の生誕63年の今の海外の反応「今はテレサが台湾独立を願ったことを知らない」

  10. キリオスの無気力プレーの原因は審判と観客だけじゃない!海外の反応「現代のジョン・マッケンローになろうとしてる」「大会の度に素行が話題になるのはまっぴら!」