中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

中国人が爆買いする理由!日本をスーパーマーケットにするのはなぜ?海外の反応 「ほほ、日本を救えるのは中国だけのようだ」「物は安く品質は良く店員嘘つかない」

2016年の中国の春節休暇(2月7日(日)~2月13日(土))の七連休が終わりました。
中国人の爆買いの勢いは衰えませんが、買い方が変わり、日本をスーパーマーケットにしているようです!その理由は何なのでしょう?

多くの中国のメディアが、中国人の今年も衰えを知らなかった海外旅行、爆買いについて、伝えています。

新民週刊
[600万人の国民が春節に海外に出かけて爆買い]今年の春節は多くの人々が
海外でお祝いすることを選んだ。春節7連休中の海外旅行者数は600万人に達した
東京では銀座街で、ソウルのロッテデパートで、我が国民が大小のバックを下げている姿があった。
推定では、国民が海外で飲食、小売店で売り上げは去年の春節期間の678人民元以上を
打ちたてただろうということだ。
2月14日16:30



スポンサーリンク




中国人が爆買いで日本をスーパーマーケットにしている!その理由はいったい?

一方、東方早報は日本のメディアの報道として、今年の春節の中国旅行者は日本を爆買いし、
週末のスーパーマーケットのようになった。購買意欲は高く、消費傾向は電気炊飯器、
トイレットなど高級耐久品からシェーバー、保温瓶、化粧品などの民用品に移った。
ガイドの話では、これまで中国旅行者は買い物リストを見て宿題をするように買い物をしていたが、
今は日本をスーパーマーケットとして、ショッピングカートに、物をどんどん投げ込んでいると伝えている。
2月15日12:38

この報道に、微博網友(ネットユーザー)はどうコメントしているだろう。
中国人が爆買いで日本をスーパーマーケットにしている!報道についての日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■中国人が爆買いで日本をスーパーマーケットにしている!に関する海外の反応(中国)

mua空白格:このニュースは中国人が日本を買って、買って、買って
イオンに変えてしまうという意味[考え中]。
2月15日 11:55

属熊猫的米粉兔:市場経済が一切を決定する!国民はひとに着実に製造することを学ばせ、
政府は人に中国製造を援助することを学ばせる必要がある。
極悪非道に税収ばかり考えずに、それでやっと中国は希望を持てる!
2月15日 12:47

骏骏黄:香港は困っている(注:香港ドル高もあり、最近中国人観光客がほとんど行かなくなった)。
2月15日 13:34

adan512:ほほほ、見たところ日本を救えるのは中国だけのようだ・・・。
2月15日 13:13

黄玉萌:毎年何度か海外に出かけている。長い買い物リストには日用必需品。
衣服、靴、バッグは海外で買うわ。品質が良くて、価格が安く、商品設計、包装、サービスすべて気に入っている。
国内ではなるべく着物や装身具を買わない。国内の市場の服、靴には、本当に値打ちがないと思う。
同様に、中国製造の輸出品は国内の品質とたいして変わらない。
どうすれば、私を国産品愛好者にできる?私のお金はただで手に入ったわけではないのだから。
本日 05:09

济逊:中国商人の恥だ。
2月15日 12:03

婴de守护:物は安くて、品質は良い、スタッフは嘘つかない
2月15日 11:42

苏蕾伊:日用品は中国の小売の三分の一よ。金がたくさん節約できるわ。
2月15日 11:45

薛定谔的摩的:漢奸よ、これらは日本が造った弾丸だ、将来お前たちを殺すぞ、売国奴達め!
2月15日 12:30

哈密瓜1919:これはまさに市場経済だ、品質のパワー、管理のパワー 道徳のパワーだ。
我々にまさに欠けているのは・・・。
2月15日 11:47

 



スポンサーリンク





■ 中国人が爆買いで日本をスーパーマーケットにしている!に対する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

なぜ、わざわざ日本まで来て、物を買うかって?
品質が良くて、価格が安く、商品設計、包装、サービスが良い。
物は安くて、品質は良い、スタッフは嘘つかない。
品質のパワー、管理のパワー 道徳のパワーだ。
政府や、愛国主義者がなんと言おうと、
「私のお金はただで手に入ったわけではないのだから」。女性はとても正直です。

高級品でなくても、まだまだ爆買いは収まりそうにありません。
日本の多くの良質な部分を知った中国人観光客は、多少の円高には怯まないと思えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA