身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

中国国慶節ゴールデンウイーク、混雑避けて海外へ!ただし、日本旅行は高すぎる!!

中国観光研究院の予測によると、今年の国慶節連休には国民の半分近くが旅行に行く予定で、
連休期間中一人あたり800元(約12000円)を支出することになると相変わらずの旅行熱を伝えている。
では、国内の混雑避けて行く人も多いという海外旅行に、
旅費が高騰している日本を選択するひとはどのくらいいるのであろうか?



スポンサーリンク




中国国慶節ゴールデンウイーク、混雑避けて海外へ!ただし、日本旅行は高すぎる!!

中国メディアの報道内容

(華龍網-重慶商報より)
10月1日から7日間の国慶節の長期連休を前に、
中国メディアは今年の国慶節休みでの海外旅行の動向を予測した。
1番の特徴は、旅行費用が昨年に比べ10%から50%と大幅に下落していることで、
国民にとっては、良報だとしている。

価格の下落は多くの国、欧州、米国、香港、マカオ、台湾、南アジアを含み、
昨年に比べて、10%から20%下落して、多くが売り切れている。
特に長期の欧米旅行が顕著である。

例えば、この時期の平均的なフランス旅行が16000元から12000元(約18万円)に、
五つ星のホテルが20000元以上から14000から15000元(約23万円)になっている。
ベトナムニャチャンは、国内から昨年の1800~1900元が,
今年900元(約13,600円)となった。

この原因は、過剰供給によるとしている。
新たな航空路線が増えて、席が増えたことによる、高い空席率を避けるのと、
海外旅行のプロモーションが激しくなったためだ。
これにより、価格を落さざるを得なくなっている。

(東南網(福州市:中国南部福建の省都)より)
福州の国慶節の長期連休での海外旅行者価格は、通常に比べ、
10%~20%増えるが、日本と南洋諸島は最も価格が高くなる。

例えば、廈門市(福建省)から日本への6泊7日の温泉旅行が6000元から9300元(約14万円)に、
福州から東京、北海道5泊6日が、12000元(18万円)と50%値上がりしている。
モルジブ4泊6日は8000元から10000元にとなっている。

一方、イギリスのEU離脱のインパクトもあって、イギリス旅行が落ち込み、
欧米旅行の価格が、10%から20%と下がっている。

以上をまとめると、国慶節での海外旅行の価格は、昨年に比べると、
欧州、米国、香港、マカオ、台湾、南アジアで、10%から20%下落しており、
長期旅行などでは、50%くらい下落して、売り切れているものも多い。

一方、日本への旅行費用は、この期間50%近く値上がりしているものもあり、
南洋諸島を除くと、他の国と大きな違いが出ている。

日本への旅費高騰の原因

では、日本の旅費が高くなった原因を考えてみましょう。

1.為替の変動
昨年と今年の為替の変化は以下のとおりである。

s_20160925%e5%9b%bd%e6%85%b6%e7%af%80%e3%81%ae%e6%b5%b7%e5%a4%96%e6%97%85%e8%a1%8c

ドルに対する円高、元安の結果1年間で、28%も元に対し、
円が高くなっており、旅行代金の値上がりの大きな原因と思われる。

2.近隣諸国と中国の関係
つぎに考えられるのが、近隣諸国と中国の関係である。韓国はTHAAD問題で、
台湾では新たに誕生した独立志向の強い民進党蔡英文政権との関係で、
観光客を中国政府が意図的に抑えていると言われている。

尖閣諸島問題を抱えながら、日本への中国観光客に対する規制は聞かない。
この状況下で、近隣で魅力あると言うと、
日本が選ばれ、需要が増えることになるのかもしれない。

この期間の旅行について、今年は日本旅行の予約が特に多いとの報道もある。

3.安全の問題
北海道旅行とフランス旅行が同価格の18万円だとどちらを選ぶだろうか?
もしそれでも日本を選ぶというのなら、最近の欧州や米国など、テロの危険性を考えた場合であろう。
富裕層なら、価格より日本を選択することもありうると思われる。
これにより、日本旅行のなかでもレ高価格帯の需要が増えたとも考えられる。



スポンサーリンク




中国国慶節長期休みは海外へに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

例え、旅行費用が高くても、安全で、おもてなしの国日本へということが定着すると、
観光立国日本としては、大きな強みとなります。

もっとも、旅行代金の高騰や、買いたいものが高価なものから日用品へ変化していることで、
日本国内での買い物消費は今まで以上に減る可能性はあります。

■関連記事
中国人観光客が韓国から日本に流れた理由!海外の反応「2度ぼったくられた」「二度といきたくない」

THAAD配備で中国が韓国に数々の報復!なぜそれほどに?海外の反応は?

韓国のTHAAD配備地決定に中国と地元住民の反応は?「我々が愚かだった」「ずっとふらふらしている!」

台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. TPPに中国網友は猛反発!海外の反応「中国なしで困らない?」「中国に恐れを持っている」

  2. オバマ大統領広島訪問検討への海外の反応「個人的レガシー作りのため」「行かなかったらノーベル平和賞でなく偽善賞」

  3. 大谷翔平が165km/h!海外の反応「フォークで151km/h!?」「打つことよりスゴイ」

  4. 消費税10%いつまで延期?国民の反応「条件に世界経済の大幅な収縮を加えた」「天変地変がない限り増税しなければ嘘の積み重ねになる」

  5. イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは

  6. 外国人に映る中国のイメージは米国についで2番目って本当なのか??調査結果の意図的解釈が酷すぎる!!

  7. メキシコオープン2016のBS朝日テレビ放送時間は?錦織圭を見れるか?海外の反応「どんな相手も倒すことが出来る」

  8. 前田健太が日米100勝達成し防御率0.36へ! 海外の反応「ドジャースのあらゆる予想を超え続けている」「MLBでの歴史的なスタートを続けている」

  9. キョンシー肉ピクピク肉の動画に衝撃!日本は大丈夫?海外の反応「絶対中国へいかない」「WHO調査すべき」

  10. 松山英樹がフェニックス優勝!海外の反応「ため息」「絶望」