身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

中国鉄道輸出でトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

シンガポール都市鉄道が中国から納入した車両に、トラブルが多発し、大規模な交換、修理が必要と判断し、
156両の大規模リコールを行った。一帯一路構想の要となる中国鉄道輸出に暗雲が立ちこめている。



スポンサーリンク




中国鉄道輸出にトラブルが!シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコール!!なぜ?

香港の独立系メディア「ファクトワイヤー」によれば、
シンガポール都市鉄道SMRTは中国製車両に大規模なリコール措置をとった。

SMRTが2011年以降、中国の電車メーカー、青島四方機車車輛(CSR四方)から納入を受け、
シンガポールMRTの南北線、東西線に投入されてきた鉄道車両「C151A型」で、
これまで故障が相次いでいた。
今回大規模な交換、修理が避けられないと判断され、リコール措置が取られた。

1月12日に、緑色の厚い包装材に包まれた列車が大型トレーラーに載せられ、
シンガポールでのビシャン車両基地からジュロン港に運ばれた。
さらに船で4000キロメートル近く離れた生産地中国・青島まで海路運ばれた。

CSR四方は2009年、SMRTが実施した公開入札で日本の川崎重工業と組み、
中国企業として初めて、シンガポールに鉄道車両を供給することになった
2回にわたり、6両編成の35編成を納入した。
金額は3億6800万シンガポールドル(約276億円)相当で、このうち26編成、156両が問題となった。

日本の川崎重工が重要部品の製造統括を行い、
CSR四方が車両などその他部品の製造、組み立て、検査などを行う役割分担となっていた。

C151Aは、川崎重工業が1980年代から製造したC151を改良したものだが、
トラブルなく運行された従来モデルとは異なり、多くの欠陥が見つかり、
運転中断が相次いだ。乗客の座席隣のガラスに施工不良による多数の亀裂が見つかったり、電源を供給するバッテリーが爆発したりした。

SMRT幹部は「構造的な欠陥が見つかり、メーカーに修理を委ねた。2023年ごろに完了する」と説明した。

専門筋によれば、CSR四方の車両価格は非常に安価で。充来なら、
1両につき、1000万シンガポールドルは違うだろうと言っている。

中国の鉄道車両メーカーによる海外でのリコールは今回が初めてであり、
中国まで持ち帰って修理を行うのは異例だ。
今回の大規模リコールは、中国政府が野心的に進める一帯一路構想に悪影響を与えそうだ。
また、シンガポール当局が1年前に事実を知りながら、
今回「ファクトワイヤー」に報道されて初めて、5日に事実を認めたことも問題視されている。

シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコールの日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコールに関する海外の反応

香港紙 明報新聞網(ニュースネット)に載った記事へのコメント

Jacky Law ·
香港
交通運輸局は一年前にシンガポールの地下鉄で。亀裂が出現していることを知っていた。やばい!!

Sunny Wu ·
河內市
大陸で多くの人が死んだ。実験はされていたのだ
(注:2011年に浙江省温州市で高速鉄道が事故を起こし、40人が死亡していることをさすと思われる)。

Sunny Wu ·
河內市 中国大陸と高速鉄道を合作したことに原因がある。

William Lam ·
HKJC Racing員工 人民の命を顧みず、権力と党への忠誠に骨を折っている。

 

微博(中国ブログ)へのコメント

死后后已:中国車両にこんなに多くの欠陥が?国内の地下鉄に問題はないのにと言いたい
4分前

墨尔_本无心:責任を問え、問え、問え。
5分前

k大妞妞k:欠点のない人はいないし、欠点のないことはない。
改善すればいいのよ!中国人は希望をもって・・・・
35分前

海德保34996:安値であることに存在意義があるかどうか議論してみよう?
本日 13:21

公益yzc:恥ずかしい。
本日 13:20

可爱的小赤司:この車両は川崎の部品であると言っても、
問題の出たのは紛れもなく完全に自主生産権の車体だ・・。
本日 13:19

 



スポンサーリンク




■ シンガポール都市鉄道が中国製車両156両の大規模リコールに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

現地では修理できず、生産地まで、海路車両そのものを運んで修理するというのは、驚きです。
小さな修理では対応できず、ほとんど改造に近いことをやる必要に駆られたのかもしれません。

中国の高速鉄道を初めてとする輸出は、値段の安いことや、
資金の融通などにより、世界か国で、日本をはじめとする各国と競合してきましたが、
ここにきて、鉄道建設のキャンセルだけでなく、車両そのものにも問題となる事例が出てきました。

国内で起こった問題を一つ一つ完全につぶして、
かつコストダウンすることなくては、安価で品質の良いものを建設、
売り込むことはできません。

海外での問題を含め、問題点を根本的に見直して、
その体質を変えられるかが、今後の競争での鍵を握るだろうと思われます。

なお、今回川崎重工の責任は問われていないようですが、特に中国企業と組む場合は、
分担、責任範囲を明確にしておく必要を感じさせられました。

■ 関連記事
中国によるアメリカ初の高速鉄道計画9カ月で白紙撤回!その原因はどこに?反応まとめ

インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

中国の高速鉄道計画は世界へ!次の目論みは海底トンネルで台湾へ!海外の反応「まずは統一だ」「小英は憤死するだろう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA