身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

井上尚弥次戦は9月4日!ペッチバンボーンの戦績と評価は?

ボクシング井上尚弥の次戦が決定した。
次戦は9月4日にスーパフライ級3位の3位・タイのペッチバンボーン・ゴーキャットジム(30)との
対戦となる。
来春にもロゴマンとの試合の可能性も出てきた中、井上は
「今回はもっとインパクトのある試合をしたい。もちろんKOは狙っている」
「7~8割の力で打つ。タイミングとスピードがあれば倒れる」
「そういう(ロマゴンとの)試合に向けて強さをアピールしなくちゃいけない」と気合十分だ。



スポンサーリンク




井上尚弥の次戦は9月!ゴーキャットジムの戦績と評価は?

井上尚弥の9月4日の次戦は地元の座間で行われる。
元々次戦はナルバエスとの再戦が濃厚とされていたが、ナルバエスは階級を上げる事を理由に拒否または回避。
同級2位のゾラニ・テテも体重調整の困難を理由に対戦を拒否または回避し
3位のゴーキャットジムに落ち着いたわけだ。

テテとの対戦を期待している人も多かっただけに残念という声も多い。

また29歳軽量級最強と謳われるフライ級のローマン・ゴンザレス、通称ロマゴンが
1階級上げることを決定。早ければ2017年春にも井上vsロマゴンのカードが実現するかもしれない状態だ。

今回はペッチバンボーン・ゴーキャットジムの戦績や評価を見てみよう。

■ペッチバンボーン・ゴーキャットジム

年齢:30
身長・体重:不詳
戦績:46戦38勝(18KO)7敗1分
 現在16連勝中
その他:2012年9月10日に河野公平と対戦して負けている。河野はこれで初めて世界ランク入りを果たす。
:右利き

Youtubeにもいくつか試合がアップロードされていました。



スポンサーリンク





こちらはスピードで明らかに負けているという印象ですが、
カウンターを主に狙ってポイントを重ねて勝ちにいくというところでしょうか。

特にペッチバンボーン・ゴーキャットジムに対する海外の反応はありませんでした。

国内の反応を見てみましょう。

*twitter規約に準じて掲載しています。

役不足という指摘が多いですが、ランキング3位とやるしかない状況だったので仕方ないでしょう。
ロマゴン戦に向けての試合内容が注目されることでしょう。

拳の怪我も完治しているとのことです。

■関連記事

井上尚弥怪我のその後経過と次戦は?海外の反応「甘いマスクをしたモンスターだ!」「次世代パッキャオ!」

井上尚弥の次戦カルモナの戦績と最新2016海外の反応「IQも高くスピードもある」「ロマゴンは彼にKOされる」

ロマゴンを苦しめたエストラーダに井岡は勝てるのか?海外の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA