中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

京急セガトレイン誕生!セガゲームズの「ソニック」&「ぷよぷよ」と京急の記念コラボラッピング電車が運行予定。

京浜急行電鉄(京急)セガゲームスは、「ソニック」と「ぷよぷよ」の発売25周年を記念して、11/14~12/17までソニックとぷよぷよがデザインされたラッピング電車京急セガトレインを運行すると発表しました。
この企画はセガの創業地が京急空港線大鳥居駅周辺であることから実現しました。



スポンサーリンク




京急セガトレインとは

京急2100形「BLUE SKY TRAIN」にソニックとぷよぷよがデザインされたラッピング電車が運行され、
大鳥居駅の駅名看板が特別装飾を施したものに変更されます。

また、Twitter投稿キャンペーンも実施され、
ラッピング電車を撮影し写真をTwitterに投稿した方の中からセガオリジナルソフトなどがプレゼントされます。



スポンサーリンク




セガゲームズの歴史

ゲームのハード機としては、メガドライブやセガサターン、ドリームキャストといったハードをリリース、
ソフトではソニックザヘッジホッグ、ぷよぷよ、バーチャファイター、さくら大戦などの代表コンテンツがあります。

ソニー・任天堂と並びゲームハード3大メーカーとしてせめぎ合っていましたが、
2001年に家庭用ゲームハード事業から撤退し、他ハードへのソフトの供給に専念、
また2003年にはサミーと経営統合し現在はセガサミー傘下の企業として運営しています。

創業地は、現在もセガサミーグループの羽田オフィースのある場所で、
京急空港線大鳥居駅が近く地元企業であることから今回のコラボ企画が実施されました。



スポンサーリンク




京急セガトレインへの国内の反応

京急セガトレインへの国内の反応を見てみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA