中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

全豪オープンテニス2017賞金総額が史上最高額に!優勝賞金は!?日本の反応

2017年1月16日にテニスのグランドスラム、
全豪オープンテニス(オーストラリア・メルボルン)が開幕します。
賞金総額は、
昨年度から比べて14%の増額の賞金総額5000万豪ドル(約42億5000万円)と史上最高額で、
優勝賞金は370万豪ドル(約3億1450万円)となり、
南国オーストラリアで白熱の試合がみられる事になりそうです。

世界ランキング1位のアンディ・マレー選手、
2位のノバク・ジョコビッチ選手、
日本のエース錦織圭選手などランキング上位選手が顔を揃えます。



スポンサーリンク




なぜ賞金が増額されたのか?

2016年大会と比べて14%の増額となった背景には、
テニスプレーヤーを気遣う主催者の思いが詰まっているようです。

全豪オープン大会主催者代表のクレイグ・タイリー氏は、

「大会の早期敗退者や予選敗者の賞金の増額が大切だと思っていた。
今年の大会でも増額することが出来た。トップ100にいる選手のみならず
ツアーにいる全ての選手の生活を改善出来る方法を常に考えてきた。
それには、大会に出場する時の出費を出来る限り減らすことに加えて、
賞金の増額が含まれている」

と選手の生活面を気遣う声明を発表しました。

賞金一覧

優勝:3.700.000豪ドル(約3億1.450万円)

準優勝:1.850.000豪ドル(約1億5.725万円)

ベスト4:820.000豪ドル(約6.970万円)

ベスト8:410.000豪ドル(約3.480万円)

4回戦:220.000豪ドル(約1.870万円)

3回戦:130.000豪ドル(約1.105万円)

2回戦:80.000豪ドル(約680万円)

1回戦:50.000豪ドル(約425万円)

【予選】

3回戦:25.000豪ドル(約212万円)

2回戦:12.500豪ドル(約106万円)

1回戦:6.250豪ドル(約53万円)

1オーストラリアドル(豪ドル)約85円で換算



スポンサーリンク




日本の反応

(引用出典 twitter.com)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 大坂なおみはサーブスピードが錦織圭と肉薄で全豪オープンでは3位!海外の反応は?

  2. 大谷翔平のMLB入りはいつ?2016年以降の海外の反応「若いベーブ・ルースだ!」「たったの21歳」

  3. 着工済みインドネシア高速鉄道に対しジャワ横断鉄道を日本に建設要請!反応まとめ「中国には頼まないの~?」「“安物買いの銭失い”を漸く理解!」

  4. 中国の高速鉄道計画は世界へ!次の目論みは海底トンネルで台湾へ!海外の反応「まずは統一だ」「小英は憤死するだろう」

  5. インドネシア高速鉄道はその後どうなってる?中国の反応(報道)等をまとめてみた「インドネシアは環境が悪いがやる」「加速して推進する」

  6. EUとは?簡単に小学生でも分かるように説明しみた!1番しっくりくる例えは結婚?

  7. 前田健太が日米100勝達成し防御率0.36へ! 海外の反応「ドジャースのあらゆる予想を超え続けている」「MLBでの歴史的なスタートを続けている」

  8. アップルペイの評判は?国内・海外の反応まとめ

  9. ドジャース前田健太メジャー強烈デビュー!海外の反応「もうMVPを与えよう」「マントラ忘れないように」

  10. 台湾総統選挙結果に対する海外の反応!中国ネットユーザーの声と報道規制があった話