身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

内山高志の復帰再戦が大晦日に決定!コラレスの海外の反応まとめ

4月にV12をかけた防衛戦にてコラレス(パナマ)に敗戦し、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者陥落となったボクシング内山高志選手が
そのコラレスと12月31日の大晦日に再戦することが有力となった。
コラレス側からの申し入れという。

あの敗戦が偶然なのか、本物なのかもう一度この目で確かめたい。
コラレスの海外の反応・評価も見てみた。



スポンサーリンク




内山高志の復帰再戦が大晦日に決定

12月31日大晦日、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、ジェスレル・コラレス(25=パナマ)との再戦が濃厚となった。
4月のコラレスへの敗戦以降、内山選手は去就を明らかにしていないが、「体を動かさないのはいや」ということで
2日引きこもった後は、軽いジムワークをし始めたという。

本人は6月の時点でも今後のことはわからない、としながらも、やりたくなった時に体力が落ちていることを嫌って身体を作っているともいう。6月に次のように発言している。

気持ちははっきりと言うことはできないが、もともと体を動かさないのはいや。試合がしたくてしようがなくなれば、やりたいが、中途半端にはできない。ファンの方にも申し訳ない。まだ分からない。(続けるかは)五分五分。
出典:スポーツアネックス

このように発言しながらも「コラレスとやりたい」という思いがあることを試合後から口にしていた。

今回の対戦は、偶然もあった。WBAが6月に正規王者となったジェイソン・ソーサ(米国)とコラレスの対戦を指示していたが
合意しなく、ソーサが違う相手との大戦が10月に決まってしまった。
そこで相手がいなくなったコラレスが内山との再戦を希望したという流れだ。

当日は河野選手と田口選手のV4の防衛戦もある。非常に楽しみな大晦日となりそうだ。

ジェスレル・コラレス選手の戦績

出身:パナマ
通称:透明人間
身長:172cm
リーチ:175cm
戦績:22戦20勝(8KO)1敗1無効
特徴:ディフェンス力が優れている

KO率がそこまで高くない中で内山選手をKOしたことになる。
元々「透明人間」という通称で、左のパンチが見えにくいのは言われていたことのようだ。
そこを対策すれば勝機は見えるのではないだろうか。



スポンサーリンク




コラレスの海外の反応・評価

「コラレスのトップテーブルに感情的なステップアップ。素晴らしいボクサーだ。」

「内山戦は素晴らしかった!愛と平和のために素晴らしい仕事をした」

「かなり衝撃的。素晴らしパフォーマンスの男だ!」

「ショック?そんなことはないさ、コラレスは十分トップ選手を倒せる力を持っていた」

「そう、内山が日本の外でもっと戦っていたらこの戦いの前に破壊されていたさ」

「見事なKOだ!」

「ショックだ。内山が再選することを願っている」

「ハビエル・フォーチュナのことを思い出します」

「コラレスは予測不可能なことを時々するので今回はこのようなことになった。私はまだ内山がスーパー王者にふさわしいと思っている」

出典:https://youtu.be/Ad3MvnNxE0I
出典:https://youtu.be/yC7QeS0UFBg
出典:https://youtu.be/oawN3r6yyYA

内山選手の年齢的なものも気になりますが、コラレス選手もそんなに一発のある選手という感じではないので
透明人間対策、すなわち見えない左さえどうにかすれば内山選手に分があるようには感じます。

それでも今回コラレス選手が勝利するならばファンとしても納得の引退となるのではないでしょうか。
どうなるか分かりませんが、大晦日の対戦を見守りたいところです。

■関連記事

内山高志はコラレスになぜ負けた?海外の反応「日本のひとつのガラスが粉々に」「何が起こるか分からないという証拠」

内山高志の次戦コラレスまでの海外の反応「米国は彼の才能を確認する必要がある」「最高のボディーチャンパー」

井上尚弥の次戦カルモナの戦績と最新2016海外の反応「IQも高くスピードもある」「ロマゴンは彼にKOされる」

山中慎介がソリスに苦戦もV10!海外の反応「日本に失望」「現チャンピオンが判定に有利」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 韓国がノーベル賞取れないのはなぜ?ネイチャーの記事を検証してみた!

  2. 日本人と中国人の性格や考え方の違いが良く分かる!中国面白特許発明を一挙ご紹介!

  3. ジョコビッチがマレーとの対戦成績を22勝9敗にして全豪優勝!海外の反応「今年はグランドスラムとオリンピック全て優勝だ!」

  4. ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応「世界の大統領に」「彼を見習うならネットをオフに」

  5. アントニオ猪木vsモハメドアリは茶番だったのか?海外の反応「最も退屈」「人類史上最も感心した試合」

  6. SMAP解散に海外の反応も10時には3000件超え!国内外に衝撃

  7. 中国によるアメリカ初の高速鉄道計画9カ月で白紙撤回!その原因はどこに?反応まとめ

  8. イチローがトレーニングマシン効果を実証!まさか40代でメジャー5位の走力!海外の反応「左にゴロでアウトは不可能」「41歳で!?」

  9. 日本は人口減少へ!問題山積の中海外の反応は?「滅亡へのプロセス」「100年経てば彼らはいない」

  10. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」