身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

北朝鮮製の偽札に新100人民元!発行から僅か4ヶ月!海外の反応「新札を見たこともないのにどうやって見分けりゃいい?」「上に政策あれば下に対策あり」

北朝鮮製と思われる偽札が現れました。
それが、偽札対策の新技術新を大々的に謳って昨年11月に発行した人民元の最高額紙幣100元(約1700円)です。
海外(中国)の反応は「新札を見たこともないのに、どうやって見分けりゃいいの?」「上に政策あれば下に対策あり」とあきらめに似た境地のようです。



スポンサーリンク




北朝鮮製の偽札に新100人民元!海外の反応は?

中国の警察当局は、新版「金色」100人民元の偽札が現れ、市民は防犯を強化する必要があると注意を促しています。

最近、浙江省紹興のある銀行で入金された新版100人民元から偽札が発見され、議論をよんでいる。
入金された現金のうち新版「金色」100人民元の偽造紙幣1枚が発見され、高い色値で、
強い防偽造性を謳っていた新版だが、それでも偽造の悪の手から逃れることができませんでした

警察は、偽の「金色」100人民元を仔細に比較すれば。普通の人でも識別できるとして、7つの特徴を挙げている。
例えば、100人民元札の正面の数字「100」が角度によって金色と緑色に見えるなどとして市民に注意を促している。

(100人民元札の正面の数字「100」の色の変化の説明)
comment#_rnd1455955571172

この新版100人民元(約1700円)は、最高額紙幣で、昨年11月に、
偽造防止のための7つの最新技術を駆使したとして、はなばなしく登場した100人民元の第5版であった。

現在中国では、流通する100元札の偽札率は1%とも5%ともいわれ、銀行のATMからも偽札が出てくるという末期的な状態にある
人民銀行は、そんななか登場する新版100元札には、ホログラムやすかし(正面の数字「100」が角度によって金色と緑色に見える)、
エンボス加工など、最新の偽造防止技術を採用したとしていた。

新版100元人民币“土豪金”と、表記されていたので、北朝鮮製との情報も併せ、「暴君金」の偽100人民元かと、誤解していたが、
“土豪金”は「金ぴかの品」を意味し、今回の新版100元札が、正面の数字「100」が金色であることから、
そう呼ばれているそうで、中国人好みの金色で、悪い意味はないようだ。

この偽札報道について、朝鮮日報の日本語版、中国版とも、北朝鮮製の可能性が高いとして
「中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は、中国で近ごろ流通している偽札が北朝鮮で製造された可能性を指摘している
遼寧省大連市の公安局が2010年11月、オンラインで流通する北朝鮮製の偽札に対する警告文をホームページに掲載して以降、
江蘇省南通市でも北朝鮮製の偽札が見つかったと報じた」とあった。

しかし、現時点では、中国メディアの記事は警察からの市民への偽札注意や見分け方の記事はあるものの、
北朝鮮に関する記述は全くない。
北朝鮮との関係を考え、当局が削除したのかも知れない。

これまでも中国では、北朝鮮が製造した偽札は精巧にできており、一般人が肉眼で真贋を見分けるのは不可能で、
偽札鑑別機でも識別が難しいと言われてきた。
北朝鮮製の偽札は色合いや手触り、透かし、点字などが本物の紙幣とほぼ同じに作られている。

また、北朝鮮はかつて「スーパーノート」と呼ばれる100米ドル札の偽札を作っていたが、
これも専門家でなければ見分けがつかないほど精巧だった。朝鮮労働党作戦部で印刷され、
北朝鮮政府の外交伝書使を利用し、第三国へ移され、その国の北朝鮮公館を通じて金融市場に大量に流通させられていたということだ。

今回のケースも、このタイミングで、出してきたことを考えると、北朝鮮の疑いが高い。

新100人民元に北朝鮮製の偽札現れるに対する日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■新100人民元に北朝鮮製の偽札現れるに関する海外(中国)の反応

范闲-123:実際には新版と旧版を区別するのは容易なことではないと思う。
3月28日 09:00

WriteToThe-Sea:上に政策あれば下に対策あり(上部の政策を下部が骨抜きにすること)・・・・真があれば必ず偽もある。
3月27日 13:05

中国河北风水师:ほんとに(出て来るのが)早いね。
3月27日 22:57

贾卓卓zozo:早く、ならず者を捕まえて!
3月28日 00:27

_水晶娃娃:ああ、新札がまだ普及していないというのに、もう偽札が出てきた、
多くの人が新札を見たこともないのに、どうやって真偽を見分けるの
3月27日 13:02

大鹏鸟飞:新版人民元を発行したのは、もとはなんのためだったのか?紙幣の安全性を高めるためでなかった?
それがこんなことに、とほほ~。新版人民元の発行が、直ちに(偽札の)流通を伴い、かつ今回の時間が奇妙に関連している。
直感ではまちがいなく普通の末端が造れるものではないように思う
3月28日 16:20

 

偽札対策の新しい7つの技術を駆使したはずの新札に、早速現れた偽札出現に驚き、とあきらめがでています。
ここでも、一般の下端には、造れないだろうと、北朝鮮の関与を匂わすコメントはあっても、直接言及したものはなかった。



スポンサーリンク




■ 新100人民元に北朝鮮製の偽札現れるに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

他にも中国のATMで引き出したらすべてが偽札で出てきたという声もありました。

中国では、偽札は当たり前に存在し、渡された紙幣をすかして確かめるのは当たり前、
掴まされたとしても、警察に行っても解決せず、つかまされた人が悪いとなってしまうとういのはよく聞く話しです。

以前紹介した以下の「中国面白特許発明を一挙ご紹介!」でも、電子天秤を備えた財布に、偽札判別機を一体とした買い物籠の特許がありました。

今回は、最新の偽札防止技術を駆使した新版の札に僅か4ヶ月で偽札が出てきたことで、
北朝鮮の関与が非常に濃くなっています。
最近の中国と北朝鮮の関係悪化の影響もあるのかもしれません。

日本にも、まれに偽札騒動がありますが、印刷技術の高さと、警察に対する信頼で、中国ほど、偽札悩まされることがなくてよかったですね。

■関連記事
日本人と中国人の性格や考え方の違いが良く分かる!中国面白特許発明を一挙ご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

  2. 日本のバブル的株価とその崩壊に対する中国人経済学者の痛烈な批判「日本の伝統的社会的価値を破壊」に対する海外の反応

  3. ジョコビッチがマレーとの対戦成績を22勝9敗にして全豪優勝!海外の反応「今年はグランドスラムとオリンピック全て優勝だ!」

  4. ピートローズとイチローの評価に共通する、日本人野手がメジャーで結果を出せない理由とは?

  5. ハリーポッター新作8巻が日本でも7月以降発売か!海外の反応「買うのは愚か者」「これ以上お金を必要としているわけがないじゃない」

  6. 台湾地震ビル崩壊の救助の実態!日本と海外の反応「あれさえなければ!」「恩を返すぞ!」

  7. ハリケーンマシューの衛星画像が不吉!海外の反応「死神だ」「笑っているようだ」

  8. 希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた!ネットの反応「不良議員のスクリーニングしないと」「勢いが止まらない」

  9. バヌアツの法則が2016年に異常発生!海外の反応「ブラック・スターの影響」「去年はハリケーン、これは警告だ」

  10. 日本は人口減少へ!問題山積の中海外の反応は?「滅亡へのプロセス」「100年経てば彼らはいない」