身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

北海道の観光バス転落(横転)の事故原因は?場所は十勝清水町日勝峠か?

北海道で観光バスが道路脇に

横転し転落するという事故が起きました。

バスには50人ほどが乗っていた

という情報もあり心配ですね。

 

事故の原因は何だったのでしょうか?

また、事故があった場所

十勝清水町日勝峠のようですが、

どの辺りなのかについても調べてみました。



スポンサーリンク




北海道の観光バスが横転し転落

8月18日16時前頃に

北海道十勝でバスが横転し転落したとの

通報がありました。

 

転落したのは網走観光交通の観光バスで、

このバスは午前8時に札幌を出発し、

阿寒湖に向かう途中だったそうです。

到着は18時の予定でしたが、

道中で思わぬ事故に遭ってしまいました。

 

 

バスに乗っていたのは阪急交通社か企画したツアーの客で、

3泊4日で知床や富良野を周る予定でした。

 

乗客乗員合わせて50人ほど乗っており、

負傷者は乗っていたほぼ全員で、

中には子供もいるとの情報もありました。

重傷者が少なくとも3人はいるとみられており、

消防が救助に向かったとのことです。

 

網走観光交通とは?

網走観光交通株式会社は、

北海道網走郡大空町に本社がある交通会社で、

札幌と阿寒にも営業所があります。

 

貸し切りバスをを29台、

乗り合いバスを9台所有しています。

 

元々は藻琴線運行組合が前身のバス会社で、

第三セクター的な組織だったようですが、

1959年に完全民営化されています。



スポンサーリンク




事故原因は?

観光バス転落の事故原因は何だったのでしょうか?

事故現場はゆるやかな直線道路だったようで、

事故の起きる要素が少ないように思えますね。

 

しかし、

一部では事故当時は濃霧が発生しており、

かなり視界が見えづらい状況だった

との情報もあるようです。

 

日勝峠の標高は1022mですが、

植生環境を鑑みると本州の3000m級の山に

匹敵するような環境で、

走行条件としては厳しい峠と言われているそうです。

 

特に夏の時期には、

著しい濃霧が発生し視覚が全くなくなる

ということが起こり、

事故の多い峠として有名なようです。

 

殆ど前が見えない状態での走行となり、

誤って転落したという可能性が高いですね。

 

2011年に道東自動車道が道央道につながり、

峠越えの負担が軽減が図られていましたが、

2016年の台風の影響で大規模な崩落があり、

通行止めとなっています。

2017年秋頃の復旧を目指し工事が進められています。

 

現在事故の詳しい原因については、

調査中のようですのでわかり次第更新します。

 

【追記】

運転手から事情を聞いた結果、

よそ見をしていたと発言しているみたいですね。

これが事実であれば重大な過失となります。

 

このバス会社は今回の事故の1ヵ月前にも

観光バスを横転させる事故を起こしており、

根本的な原因の解明や、

運航状況の是正が必要となるかもしれませんね。

 

場所は十勝清水町日勝峠のどこ?

事故があった場所は、

北海道十勝清水町の国道274号線で、

清水インターチェンジ近くの

日勝峠の1合目付近と報道されています。

 

 

 

 

日勝峠は現在2016年の台風の影響で、

通行止めとなっていますが、

ドライブイン十勝亭で食事をするために

立ち寄ることがあるみたいですね。

 

■関連記事

奈良県の小型機墜落の事故原因は?ベテランパイロットに何があった?

ANA37便(全日空)の緊急着陸原因や理由は?スコーク7700の意味とは?

築地場外市場の火災原因や火元は?場所はどこでお店の名前は何?

海喜館(五反田)で事件発生?積水ハウスが地面師の詐欺被害に遭う!

 

まとめ

観光バスが横転し転落するという

事故が起こってしまいました。

夏休み中の子供も巻き込まれたとの情報もありましたが、

幸いにも犠牲者はでなかったことだけが、

不幸中の幸いとなりました。

 

詳しい事故原因の究明が待たれます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA