身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

千葉すずの放送禁止用語事件が今なぜ話題に?反応まとめ「水泳界を変えた」「選考に感情論は受け入れられない」

千葉すず選手、かつて水泳界のアイドルとして活躍した
不遇の天才スイマーがいた。
日本選手権に優勝しながらもオリンピックに選ばれなかった選手だ。
理由は放送禁止用語発言をした事件がきっかけとされている。

今なぜ話題になったのか調べてみたが納得であった。
また、今回のことに関する反応もまとめてみた。



スポンサーリンク




千葉すずの放送禁止用語事件がなぜ今話題に

今では、岩崎恭子選手の平泳ぎの優勝が記憶にある人の方が多いかと思うが
あのころ日本水泳界を引っ張っていたのが千葉すず選手だ。

中学1年で世界水泳選手権自由形400mで銅メダルを獲得し脚光を浴びました。
すずスマイル、という言葉が流行り、アイドル扱いでもありました。
アイドル扱いに納得いかない千葉選手は、次第にマスコミを嫌悪するようになり
マスコミも千葉さんに対して良い印象を抱かなくなったようです。

そしてバルセロナオリンピック。女子200m自由形で6位入賞の活躍をしたものの
マスコミとの対立もあったのと、メダルを期待されていたため
敗因を聞かれたことが彼女をさらに追い詰めました。

そして、後輩の岩崎恭子選手の金メダル。
厳しい重圧を一心に背負った自分は落ち、彗星のように持ち上げられた岩崎恭子選手を
心から喜ぶことは出来なかったのではないでしょうか。
それでもすずスマイルは健在でたたえ合っていたシーンはありました。

千葉選手は4年後を目指し必死に練習を続けました。
そしてアトランタオリンピックの選考会の中でシーズン世界最高を出し
再びメダルを目指せる位置に。
その中で多少騒動になったのが水着の自由化。
千葉選手が自由化を訴えたのですがそれは却下されました。
そのマスコミの報道の仕方もどうかと思うところがありました。

メダルの期待が高かった女子水泳はメダルなしという結果になり
批判の矛先が千葉選手に。マスコミの問い詰めは
千葉選手の逆鱗に触れてしまったのです。

「メダルメダル言うんだったら自分で泳いで獲ってくださいよ!」
「日本人はメダルxチガイなんですよ!」

と。ブルーハーツの歌でも同じ部分はカットされていますね。
放送禁止用語なのです。

このころから水泳連盟からの亀裂があったのでしょう。

一度一線から退いた千葉選手ですが、さらに4年後シドニー前に復帰して
代表選考会で優勝したのです!
しかし、ここでもトゲトゲしい発言が目立ちました。
「皆はこの大会を目標にしたかもしれないが私はシドニーを目標にしている」
といった挑発的ともとれる発言に、水泳連盟もそうですが
世間からのバッシングも強かったようです。

そしてなんと、オリンピック代表落選という結果に!
賛否両論がうずまきました。
千葉選手自身も、スポーツ仲裁裁判所に提訴しましたが代表復帰にはなりませんでした。
しかし、裁判所は「代表への基準の明確化」を連盟に指示。
さらに裁判費用を水泳連盟がほぼ負担、という形で
実質的には水泳連盟が負けたような形ともとらえられます。

千葉選手引退後、水着は自由化され、代表選考の基準が明確化されました。
まさに現代の形を整える過渡期で不遇を担った選手といえるのではないでしょうか?

北島選手が今回選考会で落ちたのは、この「明確な代表選考基準」があったためです。
予選の段階でタイムを上回っていましたが、決勝で結果を出せずに基準外だったのです。

今回千葉選手が話題になったのは、まさに北島選手のオリンピック落選のためです。



スポンサーリンク




千葉選手の遺産と言われる選考基準への反応

今回の件で、現在の水泳界も、過去の偉大な選手、不遇を見た選手の
努力のもと、基盤が固められ、今があることを痛感しました。

北島選手自身もすぐに納得していたのは、同じシドニーを目指した千葉選手の経緯も知っていたのでしょう。

とても勉強になりました。

■関連記事

世界水泳2017の日程と日本代表内定者・派遣標準記録!テレ朝で放送?

水泳界の澤穂希―金藤理絵が女子初の競泳キャプテンとなってリオ日本代表を頂点へ!!反応まとめ「リオ金で競泳版・下町ロケットに」

北島康介200mタイム2分9秒96の結果で引退表明!海外の反応「最も偉大な平スイマー」「いやドルフィンキックは違反だった」

北島康介リオでの名言予想?五輪代表勝ち取り5大会連続出場へ!?「本当にレジェンドだなぁ」「 決勝で決めて欲しい」

池江璃花子の日本選手権放送予定は?リオ代表は確実視!海外の反応「発音が難しい」「驚くべきスイマー!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. ベルギー連続テロで日本人も巻き込まれる!原発で厳戒態勢はまさか狙われていたのか!?海外の反応

  2. ダラス警官銃撃事件で使用のロボットの動画!海外の反応「人をあやめるのは人の仕事だ」「いくらするんだ!他の方法があったろう」

  3. 欅坂46がナチス軍服酷似で炎上!海外の反応「日本はあの酷い行為を気にしないんじゃ」「友達もしているが誰も怒らないぞ」

  4. 中国の汚職は半端じゃない!札束1トンでやっとビッグニュースに海外の反応も呆れ気味

  5. 周恩来の評価が激変?女流ジャーナリストの本は本当なのか?海外の反応は炎上

  6. 北朝鮮のミサイルがフィリピン沖に!海外の反応「中国の新年を祝うための花火か?」日本「ワンピース中断された怒!」

  7. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  8. 山口螢怪我のその後の状況は?選手としての海外の反応「ドイツ人よりドイツ語がいいぞ」「メンタリティーが良い」

  9. 中国、韓国と日本の慰安婦問題の合意を非難「お詫びに疑念」海外の反応は!?

  10. 高梨沙羅の2016年に入っての海外の反応「勘弁してくれ!」