中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

台湾に雪!海外の反応は警察官夫妻の悲劇に集中!

photographer-562309_1920

南国台湾にも寒波が到来し、寒さが原因とみられる死者の数が81人にのぼるということです。
そこで、警官夫妻の悲劇も起こりました。
沖縄で雪が降るなど、日本各地にも今までなかったほどの寒波がやってきています。
台北市では、24日、過去44年間で最低の4度を記録し、
陽明山では、9年ぶりとなる雪が降りました。

スポンサードリンク

南国台湾に寒波到来!寒さと雪で、警官夫妻の悲劇が!!

台湾の蘋果日報(リンゴ日報)が、車で、山へ雪見に出かけた警官夫妻の事故死を伝えている。
昨夕、張智誠警官が妻を伴って、車で大雪山に雪見に出かけたが、
その帰りに谷に転落し、死亡した。
友人に宛てたふたりの微笑む最後の写真が掲載されている。
47歳で、二人の幼い子供が残された悲劇である。

タイヤにスノーチェーンを装着しておらず、
二人とも車外に投げ出されて死亡していることから、
安全ベルトを着用していなかったと推測されている。

スノーチェーンはビジターセンターに置いてあったそうだ。
たぶん普段凍ることもない場所と考え、チェーンの必要がないと判断をしたのであろう。
登山とキャンプが趣味の、山には慣れているはずの優秀だった張警官が
何故こんなことになったのか、コメントが多数寄せられている。

南国台湾に寒波到来!寒さと雪で、悲劇が続出!!の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■南国台湾に寒波到来!寒さと雪で、悲劇が続出!!に関する海外の反応(台湾)

鄭維德 · 基隆市:安全ベルトを締めるべきだ。1 時
https://www.facebook.com/people/
%E9%84%AD%E7%B6%AD%E5%BE%B7/100000633567412

伍俊侯 · 自由業員工:あえて言うと一番の責任は警官自身にある。
私の同僚が山に行くとき、スノーチェーンなしなど、問題外だ。
途中で、地面を傷めないように、つけないとしても、
山頂ではスノーチェーンの装着が必要だと考えるべきだ。
スノーチェーンは携帯してゆくべきだ。
優秀な警官だったということだが、ひとつの欠点は、身を持って、
法を犯したことだ。2時
https://www.facebook.com/junhour.wu

Chuncing Line :政府が援助するかも知れないが、
殉職にあてはまらない!2時
https://www.facebook.com/plugins/comments

陳威綸 · 在早餐店的傳統手工豆漿店:スノーチェーンは彼ら自身の問題で、
何故サービスエリアに置いてきたのだろうか。
原因はどうであれ、最大の悲劇は子供たちだ。
一晩で両親を亡くした。本当に悲しいことだ!3時
https://www.facebook.com/pangni.huang

龍後來:私は大口たたきだ。・・・同情はしない。
彼らは自ら死を選択したので。なぜ同情する必要があるか?19分
https://www.facebook.com/plugins/comments.

 

スポンサードリンク

■  台湾に寒波が到来、死者多数に対する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

世界で、気象が従来考えられなかったほど、異常になって来ている。

昨年の丁度今頃、筆者は台北にいましたが、
気温は日本より10℃以上高く、ホテルは暖房が十分でないからと、
持っていった貼るカイロも使わずじまいで、
ホテルのフロントの女性にプレゼントしたほどでした。

日本にわざわざ雪見にくるほどですので、台湾人はまったく、寒さや雪に慣れていないのでしょう。そこで起こった雪見に出かけた警官夫妻の悲劇!彼らが想定していなかったことが大きな事故につながりました。

記事は二人に同情的ですが、スノータイヤを履いていなかったこと、
おそらくシートベルトもしていなかったことから、
職業が警官であったということもあり、
ほとんどのコメントはなかなか厳しいものでした。

日本でも一昨夏、デング熱の国内感染騒動がありました。
東京の公園の藪に入っただけで。デング熱にかかるなど、
今まで、考えられもなかったことが次々起こっています。

昨今の地球の気象異常変動を考えると何が起こるか
とてもひとごととは思えません

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA