身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

史上初の米朝首脳会談の行方や目的は?ライブ配信はこちら

2018年6月12日、史上初となるアメリカと北朝鮮の首脳会談が第三国であるシンガポールで開催されます。

政治の世界においてアメリカと北朝鮮は正に「犬猿の仲」と評されるほどに対立していることはご存知のことでしょう。

今回開催される米朝首脳会談がどれくらい注目されるべき会議で、どのようなことが協議されるのかまとめてみました。

米朝首脳会談開催の背景

過去に開催されることがなかった米朝首脳会談ですが、なぜ突如この時期に開催されることになったのかということには関連する各国の背景や思惑があります。

複雑な政治の世界ですが、ごく簡単に要約すると各国の思惑はこのようになります。

アメリカ:

・北朝鮮によるアメリカ本土への攻撃阻止
・中国や日本などに対する優位性の確保

北朝鮮:

・体制保証
・石油の調達
・国際社会からの孤立阻止

日本:

・行き詰まった拉致問題をアメリカに解決してもらう
・北朝鮮からの攻撃阻止

中国:

・隣国諸国の安定化
・アメリカとの対立回避

韓国:

・朝鮮半島を舞台にした戦闘を回避

など、実際のところや詳細は抜きにして、各国ではこのような狙いがあるようです。

いずれの国も「北朝鮮の暴発」を防ぎたいのが本音であり、北朝鮮は自分たちの体制維持が困難になって「行き詰まり」を感じたことが今回の米朝首脳会談の背景にあると考えられています。

米朝首脳会談の議題は何?

2018年の米朝首脳会談において最も焦点になるのが「北朝鮮の非核化」とされています。

国際社会の危険分子として見なされている北朝鮮が、一瞬でひとつの国や都市を壊滅状態にしてしまう核を持ち続けていることは先進諸国からすれば脅威以外何でもありません。

また、北朝鮮は外交的な対話にも応じないことからアメリカだけでなく、日本からしてみても非常に厄介な存在でした。

何よりも核兵器の放棄を約束されればひと安心と言ったところなのです。

そんな重要な交渉を強気に出来るのはアメリカあるいはトランプ大統領だけとなったことから、ジョージ・W・ブッシュ、バラック・オバマ時代には開催されなかった米朝首脳会談が開催されることになったのです。

アメリカ・トランプ大統領の狙い

2018年5月24日、トランプ大統領は自身のTwitterを通じて米朝首脳会談の中止を決めたと発表しました。

一度開催に合意したにも関わらずアメリカが中止を申し出たのには3つの理由があります。

・北朝鮮がトランプ大統領の片腕とも言えるペンス副大統領を「マヌケ」と呼んだ
・北朝鮮が予備会談に人員を派遣しないと言った
・北朝鮮が核実験場の解体には専門家は立ち会わせないと主張している

と言ったものです。

いずれも、どのような首脳会談でも起こりうるような些細なことですが、トランプ陣営はこれを使ってアメリカに主導権を持たせることに成功しました。

北朝鮮からすれば、せっかく実現しそうだった米朝首脳会談が頓挫してしまう、となるのはうまくないため、渋々折れるようにして米朝首脳会談の再開を約束しました。

トランプ大統領は再開の含みを持たせながら中止を発表したため「北朝鮮よりも優位」でありたいという思惑が見て取れます。

米朝首脳会談再開にあたり日本の安倍首相はすぐにアメリカに飛び、トランプ大統領に謝礼をしたと言われています。

この時点で拉致問題解決を図る日本は、アメリカに頭が上がらない状態です。

米朝首脳会議の最新情報のライブ配信を見るには?

今回の米朝首脳会談はまさに歴史的瞬間ということで、一挙手一投足が注目されているかと思います。
以下、サイトでライブ配信も行われていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米朝首脳会談ライブ

まとめ

各国の思惑が見え隠れする米朝首脳会談ですが、開催前の現時点においては建設的な見方が大半です。

北朝鮮相手だけでなく各国に「アメリカの優位性を確保すること」と「北朝鮮の核開発放棄」が約束されればすべては丸く収まることと期待したいところです。

2018年6月12日の米朝首脳会談が世界平和への大きな一歩になったと言われる日が来ることを祈りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA