身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

大谷翔平の復帰予定時期はいつで交流戦は?2017年登板の見込はある?

今季苦しい戦いを強いられているのが、

昨年日本一に輝いた

日本ハムファイターズですよね。

 

開幕直後、

二刀流の大谷翔平選手が

怪我をしてしまい、

戦線離脱されています。

 

大谷選手の

復帰予定はいつ頃なのか気になりますよね。

また、

交流戦には間に合うのでしょうか?

 

2017年のシーズン

投手としての登板がまだない

大谷選手ですが、

今季投手としての登板の見込みはあるのか

についても気になりますね。

 

今回は、

大谷翔平選手がいつから復帰できるのか

調べてみました。



スポンサーリンク




大谷翔平の復帰予定時期はいつ?交流戦は?

現在大谷翔平選手は、

2つの怪我を抱えられています。

1つは、

WBC辞退の原因となった、

右足首の怪我で、

もう1つは、

現在の戦線離脱の原因となった

左太ももの肉離れです。

 

右足首は昨年の日本シリーズで

痛めたのではないかと言われています。

 

そして、

左太ももは、

2017年4月8日の

オリックス戦で、

内野ゴロを放ち一塁に走り込んだ際に、

肉離れを起こされました。

 

この左太ももの肉離れは、

右足首を気にして

変な走り方や動きをしたのが

原因とみられているようです。

 

やはり怪我はしっかり治さないと

違う箇所の怪我の原因になるのでしょうか。

 

栗山監督としては、

大谷選手を使いたいと思いますが、

怪我を完治させるのが大切かも

しれませんね。

 

気になるのは、

大谷翔平選手の復帰予定

いつ頃になるのかですよね。

 

日本ハムファイターズの

首脳陣とフロントの間では、

最初は野手として戻ることが

確認されているようなので、

まずは野手として復帰されると思います。

 

左太ももの肉離れを起こした際、

大阪市内の病院で受けた診断の結果は、

『全治4週間から6週間』でした。

 

復帰予定は6週間をめどに、

鎌ヶ谷の二軍施設で

リハビリを行われていました。

 

しかし、

予想以上に回復が遅れているようですね。

 

大谷選手は、

怪我をしてから7週間が経過して、

鎌ヶ谷の二軍施設で

やっと野外フリー打撃を再開されました。

 

ちなみにフリー打撃では、

41スイングで3連発を含む

4本の柵越えを放たれたそうで、

パワーは戻ってきているみたいですね。

 

フリー打撃前には

全力に近いダッシュも行われたそうで、

大谷選手も患部については

『大丈夫です。』

と語られています。

 

当初より、

回復は遅れたのかもしれませんが、

怪我は回復に向かっているようです。

 

栗山監督は大谷選手が

怪我をされた当時、

復帰は未定を強調され期日も設定されず、

『全力で走れるイメージが見えたときに

先が見えてくる』

と語られており、

交流戦開幕までに復帰を目指す

方針を否定されていました。

 

大谷選手の離脱後

初めて対面した際には、

マシン打撃などを視察され、

直接言葉も交わされたみたいです。

 

視察後の報道陣の質疑には

明るい標準で答えられていたので、

今の状態から考えると

復帰は交流戦明けぐらいに

なるのではないかと思います。

 

事実大谷選手が

怪我をして3週間が過ぎた頃、

復帰は早くても6月と言われてましたしね。

 

大谷選手の交流戦出場を

楽しみにしていましたが、

復帰は交流戦後になりそうですね。

回復が遅れたのでしょうがないですが、

怪我を治すことが1番大事ですので、

焦らず治してほしいですね。



スポンサーリンク




2017年中に登板の見込みはある?

2017年シーズンに大谷翔平選手は、

投手として登板されていません。

 

復帰は先程書かせていただいたように、

最初は野手としての復帰して

安定して試合に出れるように

なってから投手については

考えていくことになると思います。

 

大谷選手は

怪我をされて6週間が経過して、

鎌ヶ谷の二軍施設で

初のブルペン入りをされ

30球ほど投げ込みをされたそうです。

 

復帰後安定して試合に出れるようになり、

その後順調にいったとしても、

投手としての登板見込み

終盤戦ぐらいになるのではないでしょうか。

 

栗山監督は、

『肩の方は出来上がっている。』

と語られていたそうなので、

投手として登板も考えているようですが、

私としては、

投手としての登板は右足首の怪我が

完治してからの方がいいのでは

ないかと思います。

 

左太もも肉離れのリハビリ中、

右足首の怪我もよくなってきては

いるみたいですが、

肉離れと違い、

こちらは手術なくしては完治が

難しいようです。

 

なので、

投手として登板されても

だましだましのプレーに

なりそうな気がしますしね。

 

ちなみに右足首の怪我は

手術はそれほど難しいものではなく、

復帰も3ヶ月ほどでできるみたいです。

どこかで手術をされた方が

今後のために良いと思うのですが、

休むと取り戻すのが大変だと

よくスポーツ選手は言われているので、

その辺りも考えると手術をするのも

難しいのかもしれませんね。

 

球団や栗山監督としては、

大谷選手を使いたい気持ちもある

と思いますし、

ファンとしても大谷選手の

プレーを見たいですが、

大切なのは大谷選手の将来

だと思うので、

最善の対応をとってほしいですね。

 

■関連記事

プロ野球ベストナイン2016発表!大谷翔平が史上初の二刀流受賞!:日本の反応

大谷翔平のメジャー移籍はいつ?米メディアで特集、来オフにはポスティングで挑戦の可能性

大谷翔平が165km/h!海外の反応「フォークで151km/h!?」「打つことよりスゴイ」

大谷翔平が163kmの日本最速!米国最速171km投手はどう評価されている?

 

 

まとめ

今回は、

大谷翔平選手の復帰予定

について調べてみました。

 

フリー打撃を再開され、

怪我も回復に向かっているようなので、

復帰はそう遠くないのかもしれませんね。

 

大谷翔平選手のプレーを

早く見たいところですが、

怪我が完治することが1番大事ですので、

焦らず治してほしいですね。

復帰後の活躍を楽しみにしたいと

思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA