中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

天安門事件を知らない中国人は一人もいなくなる?27年目にSNS拡散される画像とは?

天安門事件から6月4日で27年目となる。
中国でネット閲覧規制が行われ、天安門事件についての記事が出てこないことは有名だ。
なので、未だに天安門事件を知らない中国人もいる。
また、中国人は日本に爆買いだけするために来ているのではない。
ネットカフェで閲覧規制されていない中国の本当の情報を得るために来ている人もいると言われる。
その中で天安門事件を知った中国人が中国に戻り、その情報をネットではなく
リアルで広めているところもある。

今回、そんな状況の中、香港にてまた中国政府に立ち向かおうとしている人がいる。
SNS拡散を目論んでいる画像とはいったいなんなのか?



スポンサーリンク




天安門事件を知らない中国人は1人もいなくなる?27年目にSNS拡散される画像は?

天安門事件についてまずは簡単に振り返ります。

・天安門事件は2回あり、1976年と1989年があるが、後者のことを主に指す場合が多い
・1989年6月4日に起きた、中国政府が未だに詳細を隠し続けている事件
・民主化を主張していた胡耀邦の死をきっかけとして(死は心筋梗塞によるもの)
中国・北京市の天安門広場に民主化を求めて集結した学生を中心とした一般市民のデモ隊に対して、
中国人民解放軍がその一般市民に向けての無差別発砲や装甲車で轢きころし、多数の死傷者を出した政府による武力弾圧事件
・当時は日本をはじめ多くの国が非難し外交制裁を実施した
・死傷者数は正確には隠蔽され謎とされている。
・ウィキリークスが手に入れた米外交公電には学生が1000人以上であることが示されている
・ソ連の公文書には3000人の抗議者が犠牲になったと記されている
・この事件は世界各国で驚きを持って報じられたが、中国ではその後も共産党が実権を握っているため
 今でも詳細な検証や反省もなく、中国共産党最大のタブーとされている。

未だに、中国では検索エンジンに「天安門事件」と入力すると接続不可能になり
根強い報道規制があります。中国人で知らない人も多いのが現実です。

27年経ちますが、今もこれを風化させないために活動している
当時の人達や、若い学生がいます。

特に香港の学生は危機感が強く(政治の関係で中国の力が今後及んでくるため)
香港では数百人がデモ行進を実施しています。
台北とワシントンでも追悼行事が予定されています。

さらに、SNSの力で、黙殺しようとする政府に対抗している。
事件当時の学生指導者の一人で今は台湾に住むウーアルカイシ氏は
6と4のTシャツ姿の写真を撮ってSNSでシェアする計画を語っていると
台湾メディアは伝えている。

その画像が中国政府が規制する程のものらしいのだが
今のところどんなに検索しても出てこなかった。
彼のFacebookはあるのですが、彼でない人の64Tシャツの写真はありますね。
ただ個人的にはこれを拡散させてもインパクトが薄いなと思います。
https://www.facebook.com/taichung2016
それにはあまりにも有名な以下の動画に含まれる画像があるのかもしれません。
画像より動画シェアの方が伝わりやすいとも思いますね。



スポンサーリンク




天安門事件に関する海外の反応

天安門事件についての海外の反応を集めてみました。

「こういったビデオは、共産党の正当性に影響があるので心配です。指導者であるウーアルカイシが今も無事であることを願っています。」(中国人)

「ロシアと中国の共産主義が独裁政権に変わって失敗した」

「天安門事件は、アメリカが中国政府転覆のための一つの試みとして利用される」

「戦車に立ちはだかった男は勇敢だったために、戦車の乗組員は彼をあやめなかった。誰もが彼を賞賛している」

「この事件を大きく取り上げる人が多いが、アメリカメディアに洗脳されているだけだ。
スターリン・フセイン・シリア・リビア…1番人をたくさんころしたのはアメリカだ。」
「アメリカは世界で最大の虐さつをし、土地を奪い奴隷を従事させた。
それなのにどういうわけか今じゃ世界の道徳的裁判官になっている。なんてジョークだ。」

「一部の共産党の人間は、この戦車に立ちはだかった男の名前を知っている」

「もしアメリカでこれが起きたらやはり左派が社会的正義だと言うのでしょう」

「中国本土では、戦車に立ちはだかる男のような人をより多く必要とします。」

「世界中で、一般的な良識のある市民が間違った方向に言った指導者に対して、彼のように
指導者に立ちはだかることが必要とされます。」

「もしアメリカで戦車に立ちはだかる男が現れたら米兵はどのように扱うのだろう」

出典:https://youtu.be/YeFzeNAHEhU
出典:https://youtu.be/JhlVlowB0YE

そろそろ中国政府も黙殺することは出来ない状況になってくるのではないでしょうか?
今では一般市民がSNSの力を使って革命を起こすことも可能な時代になってきました。

中国で何かが起きそうな予感もします。

■関連記事
テレサテンが香港で天安門事件直前に祖国民主化を願った彼女の生誕63年の今の海外の反応「今はテレサが台湾独立を願ったことを知らない」

上海ディズニーランド開業に規模で上回る中国テーマパークがオープン!!そこには3つの大きな問題が!!

【速報】蔡英文総統の就任演説の内容は?「一つの中国」「九二コンセンサス」を受け入れたか?

キョンシー肉ピクピク肉の動画に衝撃!日本は大丈夫?海外の反応「絶対中国へいかない」「WHO調査すべき」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA